女性は40代から肥満になりやすい-太る理由と内蔵脂肪を減らすコツ

中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい

基礎代謝の低下に加え、女性ホルモンの減少が原因。内臓脂肪を減らし生活習慣病を防ぐ運動・食事を心がけて

女性は40代から肥満が増えてくる

 中年太りというように、若いころほっそりしていた人が、中年になって太ってくるのはよくあることです。「平成22年国民健康・栄養調査」によると、男女とも20代から30代、40代と肥満者(BMI25以上の人)の割合が増えています。全体に肥満者の割合が多いのは男性のほうですが、50代 をピークにその割合は減少してきます。それに対し、女性は40代以降も徐々に肥満者の割合が増えています。
 *BMI(body mass index)は、肥満かどうかを判定する基準です。

 そもそも太るのは、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るため。余ったエネルギーが中性脂肪に変わり、脂肪細胞に蓄えられるからです。食べすぎか運動不足、あるいはその両方が重なった状態が続くと、体の脂肪が増え、増えすぎた状態が肥満です。

 しかし、以前と同じ生活をしているのに年とともに太ってきたという人も多いのではないでしょうか。その理由は、加齢とともに基礎代謝量が減って、エネルギーを消費しにくい体になってくるからです。
 そして女性の場合は、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少することも、太る原因となっています。

女性ホルモンの減少で内臓脂肪型肥満が増える

 女性の40代といえば更年期に入る時期であり、エストロゲンの分泌が急激に減ってくる時期です。エストロゲンが妊娠・出産のための働きをするだけでなく、脳や骨、血管、皮膚、粘膜など全身に影響を及ぼし、女性の健康を守っていることはよく知られています。
 さらにエストロゲンは食欲を抑制する働きをもっていて、エストロゲンが減ると、(1)満腹ホルモンである「レプチン」が減って、空腹ホルモンである「グレリン」が増え、食欲がアップする、(2)「レプチン」の働きが低下して内臓脂肪が燃えにくくなることがわかっています。
 このため、女性はエストロゲンの分泌が減少してくる40代から、内臓脂肪が増えて太りやすくなるのです。もともと女性は下腹部や腰回り、太ももなどに脂肪がつく皮下脂肪型肥満(体型から洋ナシ型肥満ともいう)になりやすいのですが、中高年になると内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)が増えてきます。これは単に体型の問題だけでなく、生活習慣病の危険が高まることを意味しています。

 内臓脂肪型肥満はメタボリックシンドローム(以下メタボ)の診断基準の一つになっていて、女性はおへそ回りが90cm以上で内臓脂肪100cm2以上に相当するとみなされます。内臓脂肪型肥満があると、高血圧症や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病を招きやすく、これらが重なるほど動脈硬化を進行させ、心臓病や脳卒中など命にかかわる病気の危険が高まる、というのがメタボの考え方です。
 内臓脂肪型肥満はメタボの原因となり、生活習慣病に結びつく、やっかいな肥満なのです。

内臓脂肪を減らし生活習慣病を防ぐ決め手は運動と食事

 皮下脂肪型肥満よりも健康上問題となる内臓脂肪型肥満ですが、生活改善で解消しやすいのは、実は内臓脂肪型肥満のほう。内臓脂肪を減らして生活習慣病を防ぐ決め手は、運動と食事です。
 できれば、脂肪がつきやすくなる前の20代、30代のうちから、運動習慣と健康的な食生活を身につけておきたいものです。

●できるだけ歩き、こまめに体を動かそう
 まずは運動習慣をつけて、余分な脂肪を燃やし、筋肉を増やしましょう。筋肉が増えると基礎代謝が高まり、脂肪が燃えやすい体になります。
 スポーツジムに通ったりしなくても運動はできます。できるだけ歩くようにすること、エレベーターやエスカレーターをなるべく使わないようにすることから始めましょう。
 立ったままや座ったままできる筋トレも数多く紹介されています。電車の中、仕事中、テレビを見ながらなど、生活のなかでこまめに運動をとり入れるようにしてください。

●栄養バランスよく、腹八分目
 食べすぎないことが肝心ですが、極端なダイエットは健康を損ねる原因になります。食事は規則正しく3食とり、腹八分目を心がけましょう。脂質と塩分のとりすぎに注意し、ビタミン、ミネラル、食物繊維をしっかりとることが大切です。肉類や脂っこいものは控えめにして、魚や大豆製品を増やし、野菜やきのこ、海藻類をたっぷりとるようにするとよいでしょう。
 大豆や大豆製品は低エネルギーかつ良質のたんぱく源であるだけでなく、女性ホルモンに似た作用をもつイソフラボンを豊富に含むため、女性は特に積極的にとりたい食材です。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
寺内 公一先生


東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科生殖機能協関学分野 助教
1994年東京医科歯科大学医学部卒業。東京医科歯科大学医学部附属病院、国保旭中央病院、都立大塚病院産婦人科にて研修。2003年医学博士。2005年米国エモリー大学リサーチフェロー。2008年より現職。日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、日本更年期医学会幹事・評議員・認定医、日本女性心身医学会幹事・評議員・認定医、更年期と加齢のヘルスケア学会代表幹事、シニアメノポーズカウンセラー。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

痩せている人にいる隠れ肥満-3つのメタボ診断でチェック

肥満には、通称“洋ナシ型”と“リンゴ型”の2つのタイプがあることは、今では一般的に知られるようになってきました。“洋ナシ型”というのは「皮下脂肪型肥満」で、おなかの皮下に脂肪が蓄積されるタイプ。それに対して内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイ... 続きを読む

特別なことは必要ない!内臓脂肪の落とし方には法則があった

内臓脂肪の簡単な減らし方というものがあります。一体どんな減らし方なのでしょうか?できれば「苦痛に感じるものを続ける」というエクササイズ的なものは避けたいものです。特別なことは必要ない!内臓脂肪の落とし方には法則があった 速足、足を高く上... 続きを読む

メタボリックシンドロームから脱却するには-内臓脂肪の減らし方

東京都文京区にある人間ドック機関、春日クリニックでは、人間ドックの受診者で生活習慣病の検査項目に異常のあった人を対象に、オプションで3カ月間の行動科学に基づく「ダイエットサポートプラン」を実施しています。参加者の中心は30〜50代の男性で... 続きを読む

知っておきたい40代からのめまい【更年期】

誰にでもやってくる更年期と体の変化
加齢による体の変化は誰にでもやってきます。だからこそ、正しい認識のもとに、少しでも楽に、そして生き生きとした生活を送りたいものですね。


更年期とは、月経がなくなる閉経をはさんだ約10年間をい... 続きを読む

美しく痩せるためのカギ!エストロゲン

きれいに痩せることが永遠の課題
これまでダイエットが肉体と精神に及ぼす悪影響を述べてきました。
第一に女性の生殖機能が犠牲にされることを述べたと思います。これは生物はまず、生殖よりも命の存続... 続きを読む

食事量を腹八分目にするダイエット法

腹八分目
毎日3食の食事を、お腹いっぱい食べていませんか。
食事だけでなく、おかしなどの間食も、頻繁に食べていませんか。
食事量を僅かに減らすだけで、ぐっと痩せる効果を得られます。
これから取り組めばいいのは、腹八分目にすることだ... 続きを読む

子どものメタボは大人より危険-食生活の6つの注意点

子どもの肥満を、「元気でいい」と楽観視するのは考えもの。幼児の肥満は学童期の肥満に、学童期の肥満は思春期の肥満につながり、成人の肥満へとつながりやすいのです。肥満は糖尿病をはじめ、高血圧や脂質異常症、脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群などの生活習... 続きを読む

死亡リスクの高い糖尿病・肥満・痛風-検診データを活用して予防

糖尿病は、血液中のブドウ糖を低下させるホルモン、インスリンの不足によって、血液中のブドウ糖濃度=「血糖値」が高くなった状態です。血液中のブドウ糖は、食事をすると一時的に増えるものの2~3時間ほどでまた元に戻ります。血液検査では、(1)随時... 続きを読む

子宮筋腫とは?30〜40代は筋腫の危険年代 大きくなると手術も

30歳以上の5人に1人が悩んでいるという子宮筋腫。筋腫ができる位置や大きさによって症状はさまざま。ときには、子宮全摘という深刻な選択を迫られることも。子宮筋腫の正体を、正しく知りましょう。 30〜40代は筋腫の危険年代
大きくなると手... 続きを読む

20代から40代の女性にできる子宮筋腫の原因や発生の仕組み

子宮筋腫はどのようにしてできるのでしょうか?
その仕組みをご紹介します。 子宮の筋肉の中に発生して成長したコブが筋腫 子宮筋腫とは、平滑筋という筋肉から発生する、境界がはっきりした良性のコブのことです。筋腫は子宮以外にも、胃の筋層や... 続きを読む