冬のお肌ケア-乾燥からお肌を守る方法|洗顔やメイクのコツ

冬のお肌は乾いてる!

木枯しやエアコンによる乾燥などで、冬のお肌はダメージを受けています。この季節を上手に乗りきるスキンケアのコツを紹介します。

風&紫外線からはしっかりガード!

 ウインターシーズンの大敵は戸外の風! 冷たい風に当たると、肌は急速に乾燥してしまいます。ですから風の強い日の外出は注意が必要。スカーフを上手に使うなどして、顔をじかに風にさらさないようにしましょう。また、エアコンの風にもご注意。加湿器を使って乾燥対策をするのがベストですが、そうでないときは鍋で湯を沸かしたり、洗濯物を室内に干すなど、保湿を心がけましょう。

 また、意外に忘れられがちなのが冬のUVケア。夏より紫外線の量自体はぐっと減っていますが、日中降り注いでいることには変わりありません。長く浴びていると夏と同じように日焼けをします。外出するときは、帽子や刺激の弱い日焼け止め剤などでしっかりガードしましょう。

洗顔はそっと、ていねいに

 肌の潤いを保つのは、皮膚の一番外にある角質層です。角質層はとてもデリケートで、肌をこすっただけではがれ落ちてしまうほど。ですから冬の洗顔にはとくに注意が必要です。

 まず、お湯の温度に気をつけて。角質層の保湿成分は熱いお湯が苦手、洗顔に使うお湯は35度以下くらいが適当です。そして洗顔料にもご注意。クレンジング剤に界面活性剤が入っていると、やはり潤い成分を洗い流してしまいます。日頃使うファンデーションていどなら、純石けんをしっかり泡立てて使うと、きれいに洗い落とすことができます。

 そして、ダブル洗顔やクレンジングなどの際には肌を強くこすらないこと。洗顔剤をしっかり泡立てて、産毛をなでる感覚でそっと洗います。

マッサージやメイクはひかえめに

 肌がカサついてきたと思ったら、保湿化粧品にたよる人も多いことでしょう。でもこれは逆効果。化粧品を長く使い続けていると、肌から自然に出る脂質が分泌されにくくなってしまうのです。週末は何もつけずに肌を休めたり、化粧品を使う量を減らすなど、工夫してみましょう。

 そして肌への影響を考えると、メイクも薄めがベスト。とくに肌荒れしているときには注意が必要です。カサついた肌にファンデーションを塗りつづけていると、頬やほお骨が刺激され、黒ずんでくるなどトラブルが起こることも。

 最近は、エステや家庭で手軽に行っている人が多いフェイスマッサージですが、これにも実は落とし穴が。マッサージや顔面体操で筋肉をひっぱる動きが強いと、やはり角質層をこすり落としてしまいます。シワができやすくなるなど弊害があるので、マッサージは適度に行いましょう。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

これが効く!食品ベスト10【もっと知りたい!機能性表示食品】

私たちが普段からよく食べている中でも、特に「からだにいい」効果が期待できる食品はどれ?全国の30〜50代の女性1000人が食べて飲んで実感した健康効果と、“もっと効く”摂り方をご紹介します。 ☆1位【ヨーグルト】
389人が試して... 続きを読む

あなたはどのタイプ?肌質別ファンデーションの選び方

あなたはファンデーションを選ぶとき、どのように選びますか?実はなかなかこれが難しいのです。昔は肌色よりワントーン暗いカラーが合うと言われてきましたが、今では鎖骨の色と合わせるとよいとも言われています。それにリキッドタイプクリームタイプ、... 続きを読む

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む

意外と知らない?肌に負担をかけないクレンジング剤の選び方

クレンジングをいつも使っているという女性は、オフィスで働く女性でしょう。メイクをしっかりとして行き、ランチタイムにはお直しもします。しかし帰宅してクレンジングする際、そのクレンジングは自分のメイクに合っているでしょうか?意外に皆知らない... 続きを読む

お湯だけでかんたん!白湯ダイエット

白湯
最近、コーヒーや飲料水ではなく、マイボトル持参で白湯を飲むという人が増えてきています。
白湯を飲むと胃腸や内臓器官を温めて代謝アップに繋がるといわれ、脂肪燃焼に繋がるといわれています。
脂肪燃焼を促進させると、消化作用も活発に... 続きを読む

加湿のし過ぎに要注意!意外に知らない加湿器のNGな使い方

加湿器は乾燥するオフィスや室内では女性にとってマストアイテムと言えるでしょう。旦那が平気でも、自分の周囲だけは加湿器で湿度を保っているという夫婦もいるでしょう。しかし加湿しすぎは注意が必要。カビやダニのもとになる可能性も。加湿のし過ぎに... 続きを読む

泡立ち重視で選ぶのはもう古い?自分にあった洗顔料でしっとり美肌へ

洗顔フォームや石鹸など、泡立ちが良いとなんだか良さそう…。なんて思い込んではいませんか?実は「泡立ちの良さ=肌に優しい」は、イコール関係ではないということについて、お話ししてみたいと思います!泡立ち重視で選ぶのはもう古い?自分にあった洗... 続きを読む

界面活性剤って本当に悪者?4種類ある成分の特徴とは

“「界面活性剤」って一体何のためにあるの?そしてどんな種類があってどんな役割をしているんだう…?”そんな小さな疑問を感じているあなたへ、今回はちょっぴりマニアックな豆知識をご紹介したいと思います!【美肌豆知識】界面活性剤には4種類あった... 続きを読む

暑さを我慢するよりはエアコンでちゃんと冷やした方がいいんですよね?

カラダIQを高める!~今回の解説~ Q. 暑さを我慢するよりはエアコンでちゃんと冷やした方がいいんですよね? A. NO……冷やしすぎは、カラダ的にもエコ的にもNGです。
暑さが厳しく... 続きを読む

体型はこんな風に変わっていく

年齢をかさねるとともに体型はこんなふうに変わっていく 10代(後半) 増加していた成長ホルモンの分泌がストップし、女性ホルモンがの分泌が増加してくるために、ヒップ、太もも外側、バスト、うなじな... 続きを読む