婦人科の診察-こんな症状があったら受診するべき-8つの症状

信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日が安心です。

どんな診察や検査をするの? 少しでも気になる婦人科系の症状は、早めに診察を受けましょう。

身体の不調をすぐに相談

  「生理の周期が乱れている」「おりものが多くて心配」……日頃、婦人科系の不調があっても、診察を受けるのをついためらってしまいませんか?
 その理由として、婦人科の診察や検査の内容がよくわからないことがあげられます。でも、そんな不安は、診察について知識をもつと、「なぁんだ」と解消できるもの。日頃から、信頼できる婦人科のドクターを決めておくと、気になる身体の不調をすぐに相談できます。

 病気があっても早めにチェックして治療してもらえるから、毎日が安心ですね。では、婦人科ではどんな診察が行われるか、さらに、よいドクターをさがすコツなどをお話ししましょう。

はじめは問診から

 婦人科をはじめて受診する場合、受付をすませると、問診表が渡されます。問診表には、既往症、月経の状態、月経周期、妊娠の経験、服用中の薬、気になる症状、症状のある部位などを記入します。
 また、基礎体温表をもっていくのも役立ちます。

 診察室に入ると、問診表を参考に、医師がさらにくわしく質問する、問診が行われます。 問診では、性体験や妊娠経験など、デリケートなことも聞かれます。

 医師とよりよいコミュニケーションをはかり、正確な診断を下してもらうためには、恥ずかしがらず正直に答えたいものです。また、問診表の質問事項になくても、気になる症状があれば、遠慮なく伝えるようにしましょう。

内診は開き直りがポイント!

 婦人科ではもっとも大切な内診。でも、はじめての人にはとまどいが多いものです。
 診察を受ける姿勢としては、内診台に座って足を広げます。最近では、電動式で、ゆっくりと自動的に両足を広げていく内診台もありますから、なるべくリラックスしたいもの。内診の時間そのものはそんなに長くかかりません。「検査なんだ」と割りきって、開き直ることが大事です。

 婦人科では、内診の他に必要に応じて超音波検査や血液検査が行われます。検査結果が後日出る場合は、また訪問して、医師から病名や治療方針などを聞きましょう。

こんな症状がでたら訪問しよう

 「どんな症状が出たら婦人科に行くといいの?」……そういう疑問を持っている人もいるでしょう。次のような症状のあるときは、ためらわず、訪れたいものです。
●不正出血や下腹部痛がある
●月経周期がおかしい
●月経痛が強い
●妊娠の疑いがある
●おりものがいつもと違う
●外陰部がかゆい、痛い
●性交痛が強い
●乳房の異常が気になる

 さらに、定期検診を受けたい、妊娠を望んでいる、ピルを使ってみたい、月経予定日を変更したい、などのときも訪ねてみるといいでしょう。

信頼できるドクターさがしのコツ

 よい婦人科医を見つけるには、次のような点を参考にするといいでしょう。
1 通院しやすい距離にあり、診療時間が自分の都合に合う。
2 病院の設備が清潔で、プライバシーが守られる。
3 医師や看護師、受付など、スタッフの印象や対応が、てきぱきしていて丁寧である。
4 医師と自分の相性がいい。じっくり話を聞いてくれ、症状などをきちんと説明してくれる。診断や治療の技術が的確である。
5 口コミやインターネットなども参考にする。女性医師のいるところ、待ち時間の少ないところなど、周囲の人の口コミ情報も参考にしましょう。また、インターネットでホームページを開設している病院もありますし、大きな病院の場合は、ランキングや治療成績が雑誌や医療関係のサイトに掲載されることもあります。
 ただし、インターネットは古い情報や悪意のある情報も混在しているので十分注意しましょう。

 婦人科系の不調は、他人に話しにくいだけに、とりわけ不安になるものです。信頼できる「マイドクター」をさがして、日頃から、いい「おつき合い」をしたいものです。

(「よくわかる 女性のからだ事典」、法研より)

天野恵子


千葉県衛生研究所所長 千葉県立東金病院副院長
1942年生まれ。東京大学医学部卒業(医学博士・循環器内科専攻)。東京大学講師、 東京水産大学教授を経て、現在千葉県衛生研究所所長兼千葉県立東金病院副院 長。全国に展開されている女性外来の立役者。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ドクターが教えるカロリー制限プロの技

おいしさに身を任せ、ついつい食べすぎてしまう秋の味覚。どのようにしたら食べすぎを防ぎ、そのうえカロリーを減らすことができるのか!?糖尿病などの生活習慣病予防研究所の所長を務める、浅野先生にプロのワザを伝授していただき... 続きを読む

画期的!婦人科検診が恥ずかしくなくなる「検査用パンツ」

子宮頸がんは乳がんと並んで、早期発見すれば治癒できる病気です。にもかかわらず、日本の子宮頸がん検診率は38%弱と、米国の85%などと比べるととても低く、2013年には約2700人が死亡しています。 子宮頸がん検診などの婦人科検査はショ... 続きを読む

婦人科で一番多い病気「子宮筋腫」を知ろう

子宮筋腫は良性の腫瘍
子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍のことです。コブのようなかたまりで、がんではありません。また、悪性化することはほとんどありません(0.1%以下)。


子宮の壁(筋層)にある細胞が増殖してできる良性の腫瘍で... 続きを読む

結婚が決まったら-二人の健康診断 ブライダルチェック検査とは?

これから結婚をひかえているあなたは、新しい生活に期待を感じつつ、さまざまな準備をすすめているのではないかと思います。
そのなかにぜひ加えてほしいのが、結婚前の健康診断である「ブライダルチェック」。
幸せな新生活の基礎となるのは、ふ... 続きを読む

子宮頸がん検診でそのほかの婦人科疾患もチェックできる

誰もがかかるリスクを持っている「子宮頸がん」年に1度の検診をしておけば、そのほかの子宮の病気も防ぐことができます。小さなことでも相談できる、かかりつけの婦人科を見つけましょう。 30歳以上は「細胞診」と「HPV検査」の併用を 「がん... 続きを読む

インターネットで恋に落ちる瞬間ランキング(女性編)

考え方に共感が持てる 落ち込んでいるときにやさしいコメントをくれる 言葉遣いがやさしい、丁寧 趣味が似ている よくコメントをして... 続きを読む

インターネットで恋に落ちる瞬間ランキング(男性編)

考え方に共感が持てる 実写プロフィール画像がかわいい、美人 趣味が似ている 落ち込んでいるときにやさしいコメントをくれる よくコ... 続きを読む

性行為の経験がある人は子宮頸がん検診を受けて! 婦人科検診で見つかる病気

婦人科検診を受けたことはありますか?
「何をするか不安」「恥ずかしい」など、最初は抵抗を感じる人も多いでしょう。でも、たとえ気になる症状がなかったとしても、20代から婦人科検診を受けることは大切だといいます。ともこレディースクリニック表... 続きを読む

病院の診察はなぜ待ち時間が長いのか? 緊急のときの対処の仕方

病・医院から足が遠のく理由の一つは待ち時間です。なぜ1時間も2時間も待つのでしょう。法律では外来患者40名に対し医師一人を配置するように考えられています。医師の労働時間を1日8時間労働とすると、患者さん一人に割り当てられる時間は12分。そ... 続きを読む

女性の病気|こんな症状はすぐに病院へ|不正出血など5つの症状

何となく気になる症状があっても、忙しい毎日の中でついつい取り紛れて見過ごしてしまうことがあります。どんな症状に注意すべきなのか、何に気を配っておくといいのかを知っておくと、病状が進んでしまう前にスムーズに対処できるでしょう。
とくに婦人... 続きを読む