美肌をつくるコラーゲン-ビタミンCと一緒に摂ると効果的な理由

不足するとお肌だけでなく骨や目にも影響が!

コラーゲン+ビタミンCで全身のアンチエイジングを手に入れましょう

効果は美肌づくりだけではない

 コラーゲンといえば美肌!? コラーゲンを主成分に「お肌のハリを保ちしわを防ぐ」とうたった化粧品や健康食品が数多く市販されていますから、みなさんよくご存じですね。でも、その効果は美肌づくりだけではなく、骨や目の老化も防ぐことを知っていましたか?

 コラーゲンはたんぱく質の一種。人間の体重の約20%はたんぱく質で、そのうちの30%がコラーゲンです。人間の体は数えきれないほど多くの細胞からできていますが、細胞と細胞を接着剤のようにくっつけているのがこのコラーゲンなのです。
 コラーゲンは全身に存在し、特に皮膚や腱(けん)、骨、軟骨、血管などに多く含まれます。皮膚にあるコラーゲンはハリのあるみずみずしい肌を保ち、軟骨ではクッションの役目をして体重を支える関節の負担を減らしています。また、血管を柔軟に保ち、骨を頑丈にするといった働きをしています。

 このように、コラーゲンは体全体の健康を保つうえでなくてはならないものです。だから、コラーゲンが不足したり働きが悪くなると、皮膚だけでなく骨や血管など全身にさまざまな支障が出てきます。逆に、コラーゲンを若く保つことができれば、体全体を若々しく保つことも不可能ではありません。

コラーゲンの老化はシワやたるみの原因に

 皮膚は、一番表面にある表皮と、その下にある真皮からなっています。このうちコラーゲンが含まれるのは真皮で、真皮の中ではコラーゲンの繊維の束が縦横にからみ合って網目のような組織を作っています。この網目構造が皮膚に弾力性と伸縮性をもたせ、力が加わっても元の状態に戻ることができるのです。

 コラーゲンはもともと体内で作られる成分ですが、加齢とともに減少し、紫外線や喫煙による悪影響などで効果を失っていきます。そして、コラーゲンの繊維がまばらになり、細くなってからみが少なくなると、皮膚の弾力性がなくなり、シワやたるみができてしまうのです。たとえば、笑ったときにできる目元や口元のシワが戻らなくなって、老けた印象になってしまいます。

 コラーゲンの老化による影響はそれだけではありません。血管の弾力が失われ、高血圧や動脈硬化を起こしやすくなったり、軟骨がすり減って関節が痛むようになったりします。骨のコラーゲンは、鉄筋コンクリートでいえば鉄筋の役目をして、コンクリートにあたるカルシウムをしっかりとつなぎとめる働きをしています。コラーゲンの老化により、骨の組織が粗くもろくなると、骨粗しょう症になってしまいます。目の水晶体にもコラーゲンが含まれているため、老眼や老人性の白内障になりやすくなります。

体内での再合成にはビタミンCが必要

 体内では、常にコラーゲンの分解と合成が行われています。
 たんぱく質であるコラーゲンは、アミノ酸がつながってできています。コラーゲンを含む食品を食べても、そのまま吸収されるわけではなく、いったん消化されてアミノ酸に分解され、それが再合成してコラーゲンができあがります。この再合成のためには、ビタミンC、酸素、鉄や酵素が必要です。つまり、コラーゲンを生み出すには、たんぱく質をとるだけでは十分ではなく、ビタミンCなどの手助けが必要なのです。コラーゲンの合成を促すために、野菜や果物をたっぷり食べてビタミンCをとりましょう。

 また、女性ホルモンの一種であるエストロゲンも、コラーゲンを維持するのに不可欠です。ダイエットや生理不順の影響でエストロゲンの分泌が低下すると、コラーゲンも減少し肌のハリが失われます。コラーゲンを維持するためには、普段の生活や生理周期にも気を配ることが大切です。バランスのよい食事をこころがけ、早寝早起きで生活リズムを整えましょう。

 ほかにも、以下のことに気をつけましょう。

●紫外線と喫煙はコラーゲンにダメージを与えるため、季節に応じたスキンケアで紫外線を防ぎ、禁煙する。
●ビタミンCを大量に消費するタバコやお酒、過度のストレスを避ける。
●深夜0時前に寝ると、睡眠直後に肌の新陳代謝が活発になるといわれるため、夜更かしをしない。

【監修】
吉木伸子先生


よしき皮膚科クリニック銀座 院長
1967年東京都に生まれる。1993年 横浜市立大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院皮膚科学教室入局。1994年より浦和市立病院(現さいたま市立病院)皮膚科、埼玉県大宮市(現さいたま市大宮町)のレーザークリニック勤務、日本美容学校皮膚科非常勤講師を経て、1998年よしき皮膚科クリニック銀座開業、現在に至る。専門は美容皮膚科。所属学会は日本皮膚科学会、日本香粧品学会、日本美容皮膚科学会。著書に『スキンケア基本事典』(池田書店)、『美肌ルネッサンス』(集英社)ほか。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ヒアルロン酸とコラーゲン、若返りに効果的なのはどっち?

ヒアルロン酸、コラーゲン、どっちもお肌に良い影響を与えてくれるものだと言われているけれど、本当の意味を知っていますか?もしどちらかだけお肌に取り入れるとすれば、どちらが肌に理想的なのでしょうか?ヒアルロン酸とコラーゲン、若返りに効果的な... 続きを読む

コラーゲン

コラーゲンは動物の皮や骨、軟骨に含まれるタンパク質の一種です。人間の体の20%がタンパク質でできていますが、その約3分の1をコラーゲンが占めています。ところが25歳を過ぎた頃から急速に減少し始め、さらには紫外線によるダメージや喫煙による悪... 続きを読む

コラーゲンでお肌をピチピチにしたい人はテール

テール テールってどんな肉? テールのコラーゲンでお肌をピチピチにさせちゃおっ!
テールとは牛の尻尾のことです。これだけを直接食べることはなく、スープなどのだしとして利用されることがほとんどです。 326kca... 続きを読む

ハリとツヤを出すフェイスヨーガ

フェイスエクササイズ+雄牛のポーズ
目安左右1セットずつ 雄牛のポーズは、腰への血液循環を促し、丹田を整え、足腰を強化。能力を開発するパワーアップヨーガです。姿勢を美しくし、肌にハリとツヤを与えます。また、... 続きを読む

繊維たっぷり オシャレに楽しむ大麦

絶対きます、大麦ブーム
今月のマイフェイバレットフードは大麦。
さまざまな料理法で大麦を生かすために一時期、毎朝昼夜と親しんだ食材。サッポロビールの商品開発で大麦スープを生んだことからも、強い思い入れがあ... 続きを読む

ケイ素

地球上で酸素に次いで2番目に多い元素。英語では「シリコン」と呼ばれています。
自然界では、酸素と結合した「シリカ」として存在し、地球の表面に多いので、土や砂、岩、植物、水などにも含まれます。工業的にも広く活用されており、半導体の基板をは... 続きを読む

最強の健康食品めかぶでダイエット

めかぶ
めかぶはワカメの根が原材料であり、食品の中ではわりと地味な存在です。
しかしその栄養素と効果は、他の食品を圧倒するほどのパワーがあり、ダイエットの効能があります。
カロリーは100gあたり11kcal程度で、気にする必要は全... 続きを読む

卵殻膜

ゆで卵の殻をむくと、殻の内側についている薄い膜。これが「卵殻膜」です。わずか、0.07ミリの薄さながら、外部の細菌からヒナを守る重要な役割を果たしています。 「昔からお相撲さんやレスラーは、ケガをした傷口に卵殻膜を貼って傷を治しているん... 続きを読む

ダイエットにどうしてたんぱく質が必要?

たんぱく質が不足するとダイエットは失敗する! かつては「たんぱく質を多く摂ると太る」と敬遠されがちだった肉や魚、乳製品などですが、ここ数年は「たんぱく質をきちんと摂らないと、きれいにやせない」ということが分かり、にわかに脚光を... 続きを読む

αGG

美肌を作る作用から、いま化粧品などで話題に。正式には「α-グルコシルグリセロール」といい、もともとは日本酒に含まれる旨み成分です。「清酒白鹿」で知られる辰馬本家酒造の研究者が独自に抽出、その機能性の応用が注目されています。 「日本酒はお米... 続きを読む