春から始めたい紫外線対策-おすすめの日焼け止めの選び方

しみ・しわ、皮膚がんの原因にもなる光老化

紫外線によるダメージは長い間に積み重なり、慢性的な皮膚障害に結びつく

春からはじまっている紫外線による皮膚のダメージ

 紫外線と聞いて、何を連想するでしょうか。真夏の太陽? それとも日焼けした肌?
 紫外線量は、北半球では夏至のころ、6月に最も多くなります。4月ごろから増えはじめますから、5月のよく晴れた日などは要注意です。真夏の7月、8月ともなると、大なり小なり、紫外線対策をしている人が少なくありませんが、春はまだ、対策があまりとられていないだけに、紫外線の影響を強く受けやすい季節なのです。「まだ大丈夫だろう」と油断していると、そのスキをねらわれてしまいます。

 紫外線は、晴れている日だけでなく、曇りや雨の日でも地上に降り注いでいます。曇りの日は晴れの日の約50%、雨の日でも20~30%は地上に到達しているだけに厄介です。晴れの日に外に1時間いるのと曇りの日に2時間いるのとでは、同じ量の紫外線を浴びることになるわけです。

 同じことが、建物の中にいる場合についてもいえます。建物や車の中にも、ガラス越しに紫外線は届いています。建物の中の紫外線は屋外の1割以下といわれますが、時間が長くなれば、屋外で浴びるのと同じことです。春だから、曇っているから、建物の中にいるから、と油断していると、紫外線の影響で、皮膚はダメージを受けることになってしまうのです。

皮膚の老化を早める

 紫外線によって生じる急性のトラブルは日焼けです。日焼けは英語ではサンバーン、つまり日光によるやけどです。ひどくなると水泡を生じ、発熱したり、命にかかわることもあります。通常の日焼けなら、赤くほてったり火ぶくれになったりしますが、やがて黒ずんで皮がむけ、見た目はだんだん元の状態に戻ります。問題なのは、こうした急性のトラブルが表面上は治ったように見えても、そのダメージが長い間につみ重なって、慢性的な皮膚の障害へとつながる恐れがあることです。

 例えば、しみ・しわは肌の典型的な老化現象と考えられていますが、その大きな原因が紫外線であることがわかっています。紫外線によって受けたダメージが長い間につみ重なった結果、しみ・しわとなってあらわれるのです。光老化と呼ばれています。時に皮膚がんに発展することもあるだけに、注意が必要です。

 しみ・しわ、皮膚がんなどの症状は、かなりの年月がたってからでもあらわれるため、高齢になってから初めて紫外線の怖さを思い知らされることが少なくありません。また、症状のあらわれかたや皮膚がんへ結びつく度合いなどは、人種によって、また人によって大きく異なります。
 仮にそういう点で同じ素質を持っているとすると、子どものころから成人するまでの間に紫外線をどのくらい浴びたかが、症状のあらわれ方や皮膚がん発症の重要なカギを握っています。要するに、子どものころから紫外線をたくさん浴びていると、それだけ皮膚の老化が早くなるのです。

これからの季節、UVカットは必須

 紫外線量が増える季節を迎えたら、日よけ、日焼け止めが絶対に欠かせません。特に春先は、紫外線量が多い割に肌が日差しに不慣れな分、ダメージを強く受けやすいからです。
 最善策は屋外に出ないことですが、日常生活のいろいろな場面を考えると、それは現実的ではありません。屋外に出るとき、しっかりと紫外線の害を防ぐ日よけをすることが不可欠です。

 長袖で肌の露出を少なくし、つばの大きい帽子と日傘を使うと、かなりの部分がカバーされます。また、UVカット効果のあるサングラスで目に対する悪影響を防ぐことも忘れずに。できるだけ日陰を選んで歩くのも一つの方法です。

 日焼け止め(サンスクリーン剤)も、この季節は必須アイテム。表示のSPFは、紫外線B波(UVB)をカットする力をあらわすもので、何も塗らない状態と比べて、日焼けが始まるまでの時間を何倍に延ばせるかという目安です。SPF5なら、日焼けするまでの時間を5倍に延ばせるということになります。もう一つの表示PAは、紫外線A波(UVA)をカットする力をあらわし、強い順に+++、++、+となっています。

 ただし、効果が高ければそれだけ肌への刺激も強くなりますから、屋外で過ごす時間や自分の日焼けしやすさなどを考えて、適切な日焼け止めを選びましょう。日常の紫外線であれば、SPF20、PA+程度までで十分です。また、汗で流れたり、こすれて落ちることも考えて、こまめに塗りなおす必要があります。

 もし日焼けをしてしまったら、炎症部分をシャワーの水などで十分に冷やし、低刺激性の化粧水などで水分を補い、乾燥を防ぎましょう。水ぶくれができたり、広範囲に炎症が起きているとき、痛みがひどいときは、皮膚科専門医を受診することです。

【監修】
漆畑 修先生


東邦大学医学部客員教授、宇野皮膚科医院院長
1973年東邦大学医学部卒業後、東邦大学医学部皮膚科教室入局。1978年より東邦大学医学部大橋病院皮膚科講師、准教授、皮膚科部長、院長補佐を経て、2007年4月より現職。医学博士、皮膚科専門医、温泉療法医。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

4月から9月は紫外線対策を!シミ・シワを防ぐ4つのポイント

日焼けといえば夏のイメージですが、油断はできません。4月から9月ごろまでは強い紫外線が降り注いでいます。特に5月のよく晴れた日は、紫外線量が多い割に肌は日差しに慣れていないため、ダメージを受けやすいので注意しましょう。
オゾン層の破壊... 続きを読む

キャシー中島が患った「皮膚がん」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】

タレントのキャシー中島さんが5月24日、ブログにて2月に皮膚がんの手術を受けていたことを明かしました。 さらにハリウッド俳優のヒュー・ジャックマンも2016年2月に皮膚がんの手術をしたことを公表しています。 キャシー中島 2016年... 続きを読む

肌のダメージが気になる方へ オーガニック日焼け止めがオススメ!

肌ダメージが最近気になるけれど、日焼け止めはやめられない、紫外線の真っ只中にUVケアなしで出る勇気なんてない・・・。そろそろケミカルUVケアをしていた人が、肌ダメージに気づいてオーガニックコスメを選ぶようになってきています。オーガニック... 続きを読む

夏はエアコンによる肌の乾燥に注意! 正しい日焼け止めの選び方

もうしばらく梅雨が続きますが、梅雨が明けると季節は一気に夏本番へ突入します。すると肌は過剰な皮脂や汗によってニキビや湿疹が出やすくなり、スキンケアの関心は洗顔に向かい、保湿は手薄になりがちです。ところがそれが落とし穴。
通勤・通学、職... 続きを読む

大地震への備え-屋内やビル内での非難と災害用伝言サービス

毎年いまごろになると、「来るぞ、来るぞ」と言われ続けている首都直下型地震や東海地震などの大地震。その危険性が警告され始めてから、もうずいぶん年数がたちましたから、地震のエネルギーは相当たまっているはず。今日起きてもおかしくない大地震への覚... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む

絶対に日焼けしたくない人-鉄壁のUVケアとスキンケアとは?

初夏の陽気に誘われて、近所のお散歩からレジャーまで、アウトドアを楽しむ機会が増えますね。そこで徹底したいのが、紫外線のプロテクト。
紫外線はシミ、そばかすをつくるだけでなく、シワやたるみ、くすみなど老化全般を早めることも知られるようにな... 続きを読む

乾燥肌は朝の保湿が肝心? 夜よりも日中に肌はダメージを受けている

みなさんこんにちは。美容ジャーナリストの山崎多賀子です。ずっときれいな肌でいるために必要なのは、お金よりも正しいケアの知識と実践。これから、きれいな肌を保つために役立つ「目からウロコ」の情報を、お送りしていきたいと思います。
寒さと空... 続きを読む

成功日記で自己評価を高める! 三日坊主にならない日記のつけ方

「嫌なことがあったときは、寝て忘れよう!」という言葉を聞くことがあります。確かに寝ることは、気分を変えるきっかけになります。しかし、実は寝ることだけではなく、寝る前にもつイメージが翌日の行動にとってとても大切なのです。仕事や外で嫌なことがあ... 続きを読む

この手のしわを改善するには?簡単にできるハンドケア!

スキンケアは完璧にしているのに、何故か後回しにされるのがハンドケア。気が付いたときには手にしわが・・・という事態も招かざるを得ません。 では、どうすれば手のしわを改善に導くことができるのか?考えてみましょう。この手のしわを改善するには?... 続きを読む