夏の肌ダメージを解消する方法-老化とシミを定着させないコツ

夏の間の老化のつけは秋まで残さない

秋口はスキンケアの正念場です。できたシミは早めに美白、顔以外も今、ケアして!

複数のダメージに包囲される夏の肌に、老化を定着させないお手入れを

 そろそろ秋の気配を感じるころ。暑さから解放されるとホッとしますが、それはお肌も同じです。肌は夏の間に一気に年をとるといわれます。その理由は、いわずと知れた強い紫外線をはじめ、空気汚染による酸化、エアコンによる乾燥など複数のダメージに、肌が包囲されてしまうから。

 紫外線やそのほか環境ダメージを受けると、肌は防御反応として、角質を厚くします。そのため、夏を過ぎた肌は手触りが固くなり、カサカサし、くすんでしまうのです。
 若いうちは放っておいても時間がたてば回復していきますが、20代の後半にもなると、衰えを完全には回復できず、ひと夏ごとに老化が定着してしまいます。だから、秋口は、スキンケアの正念場といえます。

 まず、固くなった肌は、朝晩の洗顔でていねい洗って、肌表面の角質を落とす。そのあとに、不要な角質を取り去るタイプの化粧水を、コットンに含ませてやさしく拭き取ると、なお効果的。肌のざらつきや固さが早く回復します。ただし、肌のざらざらを取りたいがため、コットンでごしごしこすると、頬に色素沈着を起こすので、絶対に力を入れて拭かないことが条件です。
 そのあと、すかさず化粧水や美容液でたっぷり保湿をしてあげる。あとはお好みの乳液やクリームでしなやかさを与えれば、徐々に肌は柔らかさを取り戻し、透明感も戻ってくるはずです。

シミは新しいうちに美白コスメで消してしまおう

 ところでみなさんが秋口にもっとも気になるのは、夏の間にできた(あるいは濃くなった)シミではないでしょうか?
 みなさんはシミがどういうしくみでできるかご存知ですか? シミの正体は、褐色のメラニン色素です。皮膚は紫外線や摩擦などの刺激を受けると、メラノサイトという色素細胞からメラニン色素を作り出し、周辺の細胞へ受け渡します。そして、細胞の核にダメージを与えないようにブロックして肌を守るという、まるで「黒い日傘」の役目をしているのです。日に焼けると小麦色になるのは、細胞の一つひとつが、メラニンという日傘をさしているからなんです。

 紫外線を浴びなくなるとメラニンも作られなくなるので、黒い部分が垢となってはがれ落ち、元の肌色に戻ります。ところが、紫外線などのダメージを何度も受けているうちに、メラノサイトの一部が暴走し、紫外線に関係なくメラニンを大量に作り続けることがあります。すると、メラニン入りの細胞が柱のように重なって、黒く見える。これがシミの正体です。

 この、暴走しているメラノサイトなどにアプローチするのが美白成分です。ところが、新しくできたシミは、美白コスメでかなり薄くすることができるのですが、何年も前からあるシミは、その部分が厚くなっているため、メラニンを作り出すメラノサイトまで美白成分を届かせることがかなり困難です。こうなると、レーザーや塗り薬などで薄くするしかないので、シミは新しいうちに美白コスメで消してしまうことが肝心なんです。

 また、シミの種類には、頬の両サイドに薄く広い範囲でできる、肝斑(かんぱん)というものがあります。これは、女性ホルモンの影響によるといわれていますが、実は、その半数近くは摩擦など生活習慣による微炎症から起こる色素沈着であるようです。
 たとえば、タオルやコットンでごしごしこすると、頬骨に摩擦がかかります。布団の摩擦や、合わない化粧品の成分でも、微炎症が起こり、こういったことが何年も続くと、頬に肝斑のような色素沈着が起こるわけです。

 肝斑か色素沈着かの見極めはかなり難しいけれど、こすったりする習慣を改めるだけでも薄くなります。また、肝斑に効果があるとされるトラネキサム酸は、抗炎症作用が高いので、色素沈着にも効果があると考えられています。
 いずれにしても、シミは種類によってもケア法が違うので、古いシミを薄くしたいのであれば、シミに詳しい皮膚科に相談することが近道です。

美容用のオイルは夏の終わりのケアに最適

 また、顔以外のパーツも、夏のダメージで老化が進んでいるはずです。腕や脚、首やデコルテ、背中はお風呂上がりなどに潤いをたっぷり与えてあげることです。

 海やプールで過ごす機会が多かった人は、髪も相当なダメージを受けてパサパサになっているはずです。実は髪のつやは若さの象徴。ある実験では、同じ顔で髪につやがある場合と、つやがない場合では、見た目の印象に3~5歳の差があったといいます。

 ボディローションや、ヘアトリートメントでももちろんいいのですが、美容用のオリーブオイルや椿油、スクワランなど、オイルを体や髪に少しすり込むだけでも、かさつきを回復し、若々しいつやを即効で演出してくれ、夏の終わりのケアに最適です。

 夏のつけを秋まで残さないこと。これが若々しさを長持ちさせるコツですね。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
山崎 多賀子さん


美容ジャーナリスト
化粧品メーカー、女性誌の編集者を経てフリーに。スキンケアからメイク、健康・メンタル美容まで幅広いジャンルで取材を続ける。著書に自らの乳がん体験談や乳がん患者に役立つ情報をまとめた『「キレイに治す乳がん」宣言!』(光文社)、人気連載をまとめた『山崎多賀子の極楽ビューティ体験記』(扶桑社)がある。NPO法人キャンサーリボンズ理事。NPO法人キャンサーネットジャパン認定乳がん体験者コーディネーター。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

シミを防止するキャリアオイルって?メラニン産生を抑制するオイルで美肌に!

強い日焼け止めはお肌に負担ですね。日焼け止めの使い過ぎが、秋口の肌荒れや乾燥肌になる原因の一つと言われています。日焼け止めにもいろいろな種類があるので、できるだけお肌の負担にならないものを選び、あとは日傘や帽子、お洋服などで防備するのが... 続きを読む

注目ワードコラム [日傘を差す女子高生が増えている?]

注目ワードコラム 日傘を差す女子高生が増えている? 男性用の日傘や、大塚製薬が展開する男性向けのスキンケアブランド『UL・OS(ウル・オス)』をはじめとする日焼け止めが登場し、紫外線対策を心がける男性も増え... 続きを読む

夏のダメージを解消するお肌と頭皮のケア-ポイントは朝のスキンケア

この夏、日本列島を襲った猛暑は危険レベルでしたね。日中をアウトドアで過ごした人はもちろん、ずっとエアコン下で過ごした人も、肌が夏バテしているのでは?
外気が乾燥し始める前の秋口に、夏ダメージをリセットしておかないと、老化スイッチが入った... 続きを読む

ビタミンCで美白!

肌を急いで白くしたい時、効果絶大なのはこのビタミンC
1週間後に本人出演の撮影が控えているとき、美肌の講習をするとき、日焼けをしたとき、日焼けが予想されるとき、うちみの痕を早く治したいとき・・・・まだまだビタ... 続きを読む

日本人女性にできやすいシミ「肝斑」って何?

肝斑って何?
実は肝斑というシミ、普通のシミだと思って治療すると、逆に悪化してしまうことがあるそうです。お化粧でも隠しにくく、シミのなかでも厄介な部類に入ります。


30〜40代の女性の顔面、とくに頬、額、上口唇に左右対称に淡褐... 続きを読む

もうシミをつくらせない!美白のための“バランスが取れている”生活習慣とは?

昨日まではなかったのに、ふと鏡を見たらシミがポツンとできている。シミはある日突然、表面化してくるので、かなりショックですよね。同じ年齢でも、特に30代以降、40代・50代になると、さらにシミの表面化の量にグッと差が出てきます。シミはいっ... 続きを読む

頭皮のダメージにはシリコンorノンシリコンシャンプーのどっち?

頭皮にダメージを負っている、紫外線を直接浴びてしまってそこだけ色が違う・・・etc。女性にとって頭皮の悩みも美容の悩みと同じです。 そこで登場するのがシリコンとノンシリコンのシャンプーですが、一体どちらが頭皮のためには良いのでしょうか?... 続きを読む

頑固なシミに試す価値アリ!美白成分2選

顔の印象を変えるエイジングサインのひとつ、シミ。シミがあるだけで、老けて見えてしまいますよね。しかも、シミが肌に定着してしまうと消すのが難しく、さらに濃くなったり、広範囲に広がるとメイクで隠すのも難しくなって、悩みは深まる傾向に。それで... 続きを読む

紫外線を浴びるとなぜシミが増えるの?-シミができるメカニズム

紫外線を浴びるとシミの原因になり、やがてシミになって肌に現れてしまう・・・ということは知っているけれど、実際のところ、どういったメカニズムで紫外線を浴びてシミになるのか分かっている人は少ないでしょう。そこで今回はシミができるメカニズムを... 続きを読む

シミとソバカス、それぞれの違いとおすすめ解消法を紹介

シミとソバカス、どちらも同じようなものだと思っている人も多いのですが、実際は全く違うものです。しかし見た目が似ているので解消法も同じようだと考えられます。シミ、そしてソバカスはどこが違うのでしょうか?シミとソバカス、それぞれの違いとおす... 続きを読む