梅雨から夏は肌の雑菌が増えやすい? 真夏のスキンケアのコツ

じめじめした夏の「美肌的」快適生活術

室内の空気や肌に触れるものを清潔にして気分を爽やかに。質のよい睡眠をとり、お風呂で体を清潔に

雑菌が活性化するじめじめした季節は、肌の環境づくりが大事

 こんにちは。今年はなかなか暑くなりませんが、そろそろ梅雨時。これからぐっと蒸し暑くなっていくことでしょう。

 こんな季節、肌がむずがゆかったり、いやに毛穴が開いたり、ニキビができたりしませんか? 実は、湿気と温かい空気は、雑菌の大好物。空気中には活発化した雑菌がたくさん潜んでいるんです。その環境のなか、こまめにハンカチで汗をぬぐったり、たびたび顔を洗うと、肌表面にいて、外からの雑菌をプロテクトしている常在菌の数が手薄になり、かぶれたり、ニキビになるなどトラブルを起こしやすくなるんですって。

 だからといって、汗にはかゆみの原因になる物質が混じっているので、汗をかいてそのままにしておくのもよくありません。もちろん、運動などで汗をたくさんかくことは体にとっていいことだけれど、じわじわとかき続けるのでは、肌がくたびれてしまいます。

 ということで、じめじめ季節は乾燥はしないものの、肌は不安定になりがちです。こういうときは、スキンケアも大切だけれど、肌の環境づくりがとくに大事です。

気分がすっきりすると、肌もすっきり安定

 たとえばエアコンよりも、除菌・消臭効果のある除湿器で室内の湿気と雑菌を吸い取るのは効果的。空気がカラッとするだけでずいぶん爽やかになるので、室温を下げなくても快適に過ごせますから、冷房病に悩まされることもありません。

 また、ハンカチやタオル、枕カバーなど、顔に触れる寝具は、こまめに洗って清潔に保つこと。こまめにお掃除をして、室内のホコリを取り除いておくこと。こんなことでも、肌の状態は変わってくるものです。

 また、シトラスやミント、ラベンダー、ユーカリなど、爽やか系の芳香剤やフレグランスで、気分を爽やかにするのも、じめじめ感をとるのに実はとっても効果的。肌と脳は連動しているから、気分がすっきりすると、肌もすっきり安定してくれるんです。

質のよい眠りこそ、美肌の最強エッセンス

 寝苦しい夜などは、エアコンをガンガンに効かせるのではなく、リラックスできて爽やかなエッセンシャルオイルをコットンに一滴垂らして、パジャマのポケットに入れてみてください。ほのかな香りが暑さを軽減し、深い眠りへと誘ってくれるはず。
 日中に負った細胞ダメージは、睡眠中、成長ホルモンなどが修復してくれるので、質のよい眠りこそ、美肌の最強エッセンスです。小さいニキビならひと晩で治ってしまう場合もあります。夏はとくに快適に眠れるよう、色々な工夫をするといいですね。

 そして夏だからといって、入浴を烏の行水程度ですませてしまうのはもってのほか。冷房による冷え対策はもちろんですが、それ以外に雑菌・悪臭対策に入浴は欠かせません。
 とくに夏、雑菌の温床になりやすいのが靴の中。だから足は、指の股や爪の甘皮、爪の内側に入り込んだ汚れもきれいに落とさないと、足臭がついて、なかなか取れません。ちなみに足の悪臭の元は、イソキッソウ酸という、垢など皮膚の老廃物が分解されたときに発生する悪臭物質です。悪臭はストレスの原因になることも明らかになっているんですよ。この物質が残った体で寝具に潜り込んだら……。言わずもがなですね。
 そのほか脇の下など湿気がこもるところもお風呂で清潔に洗い流すことも、臭いの問題だけでなく美肌のために有効です。

 できることからぜひ試してみてくださいね。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
山崎 多賀子さん


美容ジャーナリスト
化粧品メーカー、女性誌の編集者を経てフリーに。スキンケアからメイク、健康・メンタル美容まで幅広いジャンルで取材を続ける。著書に自らの乳がん体験談や乳がん患者に役立つ情報をまとめた『「キレイに治す乳がん」宣言!』(光文社)、人気連載をまとめた『山崎多賀子の極楽ビューティ体験記』(扶桑社)がある。NPO法人キャンサーリボンズ理事。NPO法人キャンサーネットジャパン認定乳がん体験者コーディネーター。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ブーツのニオイの原因は雑菌にあった!雑菌駆除の対策はこれ

ファッションアイテムとして欠かすことのできないブーツ。しかし、どんなブーツにも共通点があります。それは長時間履くとニオうこと。ブーツのニオイは雑菌が原因だと言われています。では、その雑菌を排除するにはどのような手段があるのでしょうか?ブ... 続きを読む

梅雨のまとまらない髪にサヨナラ!簡単にできる湿気対策を紹介

梅雨になるとジメジメした気候が続きます。そのため、髪の毛が広がったり、ねじれたり、ぼさぼさになったりすることがあります。そんな思いをしたことがある女性もたくさんいるのでは?梅雨時期はまとめ髪しか出来ない、という人には辛い季節ですが、湿気... 続きを読む

胸元から悪臭? 自分では気づきにくい「チチガ」に注意! 改善法は?

「ワキガ」と同じように胸が臭う、「チチガ」を知っていますか。脇の臭いには気をつけていても、胸の臭いを気にしている人は少ないかもしれません。自分では気づいていなくても、「チチガ」かもしれないのです。 「ワキガ」と同じアポクリン腺からの排... 続きを読む

暑さを我慢するよりはエアコンでちゃんと冷やした方がいいんですよね?

カラダIQを高める!~今回の解説~ Q. 暑さを我慢するよりはエアコンでちゃんと冷やした方がいいんですよね? A. NO……冷やしすぎは、カラダ的にもエコ的にもNGです。
暑さが厳しく... 続きを読む

筋肉痛・風邪予防・頭痛に効く-ミントのアロマオイルの上手な使い方

ラベンターとともに、北海道で精油生産の歴史をもつハーブのひとつが薄荷(ハッカ)です。開拓時代、入植した屯田兵がハッカを育てたのが北海道におけるハッカの歴史の始まりといわれています。
そのハッカの仲間がペパーミント。シソ科ハッカ属の多年... 続きを読む

バラの香りで心と体を癒して 美肌や消臭効果まで、バラの凄い効能

花の女王と呼ばれるバラ。その種類は200種類以上もあり、さまざまな色とカタチで見る人をうっとりさせてくれます。しかし、バラは目の保養になるだけではなく、心や体も癒す、たくさんの力が秘められているのです。 バラの心への効果 バラの香り... 続きを読む

Tシャツでそのままバタン、はNG。夜はパジャマで安眠

夜寝るときには何を着ていますか?Tシャツに短パン、あるいはスウェットといった部屋着で寝る人も多くみられます。でも、快眠のためにはパジャマで寝ることが望ましいのです。では、パジャマで寝ることには、どんな快眠の効果があるのでしょうか。 寝... 続きを読む

夏のだるさや頭痛は冷房病かも-6つのコツで自律神経を整えよう

気象庁の長期予報によると、今年も暑い夏になりそうです。一昨年から、職場の冷房設定温度を28℃程度とし、その室温でも快適に働けるビジネススタイル「COOL BIZ」(クールビズ)の導入が推進されていますが、冷えすぎの職場で働く人もまだまだ多... 続きを読む

からだはゴシゴシ洗わなくていい? 垢は湯船で落とす洗わない美肌法

最近、毎日お風呂には入るけれど、体は洗わないという楽ちん入浴法がジワジワと広がっているのだとか。タレントのタモリさんが長年実践していることから知られるようになったこの入浴法、歌手の福山雅治さんや俳優の妻夫木聡さん、最近では人気モデルまで... 続きを読む

フラワーエッセンスとは? 花の波動が心身のリラックスを助ける

美しく咲いている花を見ると、みずみずしいエネルギーをあたりに発散しているように感じられますね。そのような、花の持つパワーに着目した療法がフラワーエッセンスです。イギリスの細菌学者で医師のエドワード・バッチ博士が考案しました。さまざまな花が... 続きを読む