内面を磨いてフェロモン美人に! 食事やハーブ・アロマの美容法

女性ホルモンを整え、フェロモン美人になろう

正しい食べ方を知り、ハーブやアロマを取り入れて素敵なフェロモン美人に

アウタービューティーだけでなくインナービューティーが大事

 「キレイになりたい!」女性なら誰でもそう願っているはず。私もずっとその思いを胸にあらゆる美容法を実践し、この10数年はエステティックサロンの経営者として、多くの女性が美しくなるためにサポートしてきました。そのなかで気づいたのは、外面を整える「アウタービューティー」だけでなく、内面を磨く「インナービューティー」が大切だということ。真の美しさは、内面である心身の健康を抜きにしてつくることはできないからです。

 インナービューティーを磨くうえで重要なキーワードに、「女性ホルモン」と「フェロモン」があります。女性ホルモンは、エストロゲンやプロゲステロンなどが知られています。これらは体内で産生・分泌され、生殖機能や女性らしい美しさだけでなく、心身の健康をも支えています。そして、もう一つのホルモンである「フェロモン」を出すことで、女性はもっと美しくなれるのです。
 フェロモンというと、ちょっとエッチで官能的なイメージを持つ人も多いでしょう。セックスアピール、甘い香り、モテモテなど……。でも、フェロモンは女性が女性らしくあり続けるためになくてはならないもの。人のフェロモンについては、まだはっきり解明されていませんが、フェロモンは「さまざまなホルモンが“体外”に放出されたもの」といえます。つまり、ホルモンの分泌を促しバランスを整えることがフェロモンを増やすことにつながる。「フェロモン美人」になるには、女性ホルモンを整えることが大切なのですね。

 しかし、間違ったダイエットや不規則な生活、過度のストレスなどによって、ホルモンのバランスを乱し、心身の不調をかかえている女性のなんと多いことでしょう。

間違えたダイエットはとっても危険!

 一時、りんごやパイナップル、寒天、キャベツなど、同じ食品をひたすら食べ続ける「単品ダイエット」が大変はやりました。そこそこの満腹感はあるし、飽きてくれば食が減るし、一見効果があるように見えました。でも、実はとんでもないことが起こっているのです。
 同じものばかり食べていると栄養が偏ります。糖質、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル……、どれが不足しても全身にさまざまな悪影響が出ます。また、極端に摂取エネルギーが不足すると、体が飢餓状態と認識し、次にいつ食べ物が入ってくるかわからないので一生懸命溜め込もうとします。少ない食糧でエネルギーを維持しなければならないので、代謝が下がり、筋肉や骨量は落ちます。さらに、生命を維持するために必要なホルモンを優先して作るために、女性ホルモンの産生は後回しになります。そのため肌荒れが起こったり、生理が止まったり、内臓機能にも影響が出ます。ダイエットどころか、生命の危険にもつながるのです。

正しい食べ方でインナービューティーを作る!

 体の機能を知って、バランスよく食事をとることが正しいダイエットであり、ホルモンの産生を高め、フェロモンがアップしてインナービューティーを作ります。
 それでは、どういった食事のとり方をしたらいいのでしょうか? それは、1日3食バランスよく食べて、体に必要な栄養素をきちんと補給すること。その上で、次のことをおすすめします。

 まず朝は「リビングフード」(生きている食べ物)を取り入れる。生きている食べ物には、生きた酵素が含まれています。酵素には、消化や代謝機能、免疫力を高めたり、体温を調節したりして、ホルモンバランスを調整する働きがあります。生野菜と果物を組み合わせた手作りジュースはお手軽で効果大ですし、ヨーグルト、味噌や納豆などの発酵食品にも生きた酵素がたっぷり含まれています。

 お昼は活動タイムなので、糖分の量はあまり気にしなくてもOKです。ごはんやパン、めん類はもちろん、お口が寂しくなったらアンズやイチジク、プルーンなどのドライフルーツ、アーモンドやひまわり、かぼちゃの種もいいでしょう。天日干しのドライフルーツやローストしていないナッツ類には、生きた酵素もたっぷり含まれます。

 夕食のメインは肉料理という方も多いかもしれませんが、青魚がおすすめ! 青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は、動脈硬化の予防や脳細胞の機能維持に役立ちます。

女性ホルモンの分泌を促すハーブとアロマの力

 女性ホルモンの分泌を調節してくれるハーブに「チェストベリー」があり、PMS(月経前症候群)や月経不順など、女性特有の症状を改善する作用があります。ハーブティーとして飲めばチェストベリーの有効成分をダイレクトに取り入れることができ、香りを楽しみながらリラックス効果も得られます。

 リラックスタイムにはエッセンシャルオイル(精油)を用いたアロマテラピーも有効です。「イランイラン」はホルモンバランスを整え、「ベルガモット」は気持ちを安定させてストレスを和らげる作用があります。これらをお風呂に入れたり、アロマポットで焚いて香りを楽しむのもいいでしょう。
 時間に余裕があるときは、アロママッサージがおすすめ。マッサージオイルは、ホホバオイルなどのベースオイル10mlに、イランイラン2滴、ベルガモット1滴が目安です。
 そしてときには、頑張った自分へのご褒美にエステでマッサージを受けるのも、女磨きにはおすすめですよ!

 つまるところ、フェロモン美人って、ホルモンバランスをしっかり整えて、体の内側から外側に向けて元気で美しい伝達信号を放出することなのです。体が元気だと心や考え方もポジティブになり、内面から弾けるような輝きが増します。「Feel of Joy」の精神で、人生を欲張りに楽しむ! それがサビない女磨きのコツですよ。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
芝岡 起世さん


株式会社ソニア 代表取締役社長
東京都生まれ。2児の母。自身が大手エステティックサロンに通っていた頃、施術やその販売システムに疑問を抱き、独自のノウハウで1998年にエステティックサロンを開業。まもなく3カ月先まで予約が埋まり、フェイシャルを中心に1店舗で月間1,000万の売り上げを計上する。2000年有限会社ソニアを設立し、2006年株式会社ソニアに。内面と外面を美しくさせる「インナービューティー・アウタービューティー」を取り入れ、10年間でエステサロン『ル・ソニア』を全国に20店舗展開。著書に『一生サビない女磨きの法則』(アチーブメント出版)。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

【紅たき占星】あなたのフェロモン度がわかる心理テスト

よく聞く「フェロモン」という言葉。フェロモンとは、生物が仲間を引き寄せるために発散する化学物質のことです。実際、異性を引き寄せる色気がある人からは、フェロモンが出ていると言われています。さて、あなたはフェロモンを出しやすいタイプなのでし... 続きを読む

ビューティールネッサンスを迎えるために!ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ


しっかり健康的なダイエットをするにしても、結果が出るのはそれなりに先の話し。今ダイエットを始めたのなら、今すぐ細く見せたい!
そう思いますよね?
努力しないでやせることはできないけど、ちょっとしたワザを... 続きを読む

「腸活」に欠かせない!発酵食品のビューティーパワー!

こんにちは、インナービューティー研究家・フードコーディネーターの國塩亜矢子です。便秘の改善、肌荒れ予防などまずは「美腸」を作ることが大事!ということで注目している人も多い「腸活」。そう、「美腸=美肌」なのです。その腸活に欠かせないのが発... 続きを読む

アンチエイジング・疲労回復・デトックスに!春野菜でインナービューティー!

こんにちは。インナービューティー研究家・フードコーディネーターの國塩亜矢子です。ココロもカラダも軽やかになる春のお楽しみのひとつといえば、春野菜。旬を迎える春野菜たちには豊富な栄養がギュッと詰まっています。今回は、そんな春野菜とインナー... 続きを読む

食欲を抑えられない人必見!食欲コントロールできるアロマって?

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。食欲の秋。抑えたいけど抑えられない食欲はダイエットの敵とも言えますよね。この食欲さえ抑えられたらダイエットが成功しスリムになることはわかっていても、なかなかコン... 続きを読む

安いけど効果は半端じゃない!プチプラを極めて女磨きしよう♪

プチプラコスメで女磨き、これはもはや常識です。高い化粧水を買って使うより、リーズナブルな化粧水をばしゃばしゃと贅沢使いするほうが、よっぽど美肌になることができると言われています。 では、プチプラで女磨きをするにはどうしたらよいのでしょう... 続きを読む

今が旬のゴールデンベリーの食べ方と女性に嬉しい効能とは?

最近よく耳にするようになった、“スーパーフード”という言葉。アメリカの食事療法を研究する医師や専門家の間で、1980年頃から言われはじめたのだそう。一般的な食材よりも栄養価が高いものを指し、日本でもブームになっているチアシードやアサイー... 続きを読む

ドライフルーツでお通じ改善ダイエット!

ドライフルーツ
ダイエット中の食事と言うと、味気ない生野菜、脂肪分をカットした鳥のささみ、そして豆腐、などのさっぱりとした食品を食事に取り入れる人も多いですよね。

しかしこれらの食品はどれも味気ない物が多く、ダイエットを続けるのを... 続きを読む

「いい人」で終わるタイプに足りないもの

行動力 フェロモン 主体性 会話のセンス 自信 6位以降をみる ... 続きを読む

涼感&虫よけ&水虫予防も とっておき「夏アロマ」

暑い夏、アロマを快適な環境づくりに取り入れませんか。天然の成分からつくられた精油の香りによって、リラクゼーションできるだけではなく、夏を過ごしやすくする効果も得られます。この時期にオススメのとっておきの「夏アロマ」を紹介します。 基本... 続きを読む