美人メイクのポイント-チーク&リップメイクのコツ|癒し系とデキル系

健康美と女性らしさを表現するチーク&リップメイクのコツ

ふっくらと優しい女性らしさあふれる「癒し系」と、知的な中にも優しさが感じられる今どき「デキル女系」

チークメイク:幸せそうに、表情豊かに見え、小顔効果も得られる

 今回の「健康美人をつくるメイクのコツ」は、「癒し系」と「デキル女系」のいよいよ仕上げです。1回目はベースづくり、2回目は眉と目元のメイクのコツを紹介しました。仕上げは、健康美に欠かせない血色や、女性らしいニュアンスを加えるチーク&リップメイクです。

 チークカラー、つまり頬紅は、顔に血色を与えると同時に、頬をふっくら高く見せる効果があります。昔は頬骨の端側に斜めにシュッとシャープに入れるチークがカッコイイと流行りました。チークは入れた場所が高く見えるので、頬骨の脇に入れると頬骨が張って見え、その下の頬がこけてみえます。確かにシャープではありますが、ともすると厚化粧ふうにも見えるのです。

 今は年齢にかかわらず、イキイキとしたカワイらしさが欲しいので、入れる位置も変わってきています。入れるのは、ニッと笑ったときに盛り上がる、頬の筋肉にまず丸く入れ、頬骨にそって淡くぼかす。すると顔がふっくら愛らしく、幸せそうにみえるだけでなく、表情が豊かに見え、頬の正面にメリハリがつくことで小顔効果も得られるなど、一度で何度もオイシイのです。

●ハッピー癒し系のチーク
 癒し系の表情はふっくら感が大切。頬の筋肉が盛り上がる位置に広めに丸く入れると、ほんわか幸せそうに見えます。色も頬の正面はやや濃いめに入れても大丈夫。ただし頬骨に沿って濃く入れると厚化粧感が出るのでぼかす程度に抑えるのがコツです。頬骨は耳の上部に向かっているので位置を確認して。間違ってもこめかみに向かってぼかさないこと。

 また、使う色でイメージが変わるので、癒し系ならナチュラルなコーラルや、ふんわりイメージを強調したい場合はピンクがおすすめです。
 仕上げに、白パールやベージュパールのハイライトカラーを、目の下とチークの間に入れます。この場所にハイライトカラーを入れて明るくすると、レフ版効果で、目元がくっきりし、チークの色もキレイに映えて、顔全体の透明感もアップします。
 チークを入れると筋肉が強調されて、本当に笑ったときの笑顔度が、入れていないときの何倍もイキイキ見えるので、ぜひ試してみてください。

●キリッとデキル女系のチーク
 シャープに見せたいときも、今の時代はふっくらした可愛さを残すのがお約束。げっそり見せないために、癒し系と同じ位置に、チークカラーとハイライトカラーを入れます。色はヘルシーなピーチ系やオレンジ系が甘くなりすぎずにおすすめ。頬をふっくらさせておいてから、ベージュ系のシェーディングカラーを頬骨下に入れることで、引き締まった顔立ちが完成します。

 シェーディングカラーは文字通り、影を感じさせる色。チークカラーやハイライトカラーとは逆に、入れた場所を凹んで見せる効果があります。頬はふっくら、でも頬の下を引き締めることで、健康的に引き締まった顔をつくることができます。
 ただし、濃いブラウンなど暗い色を入れてしまうと、げっそりして見えるので、肌より2トーンくらい暗めの健康的に見えるベージュを選ぶことがポイントです。また、シェーディングカラーは正面まで入れると不自然なので、生え際から始まり黒目の端で自然に消えるようなグラデーションで入れましょう。

リップメイク:顔色をきれいに見せ、ツヤで甘さを出す

 アイメイクの人気が高いというものの、女性らしいセクシー感を表現するのに、リップメイクの右に出るものはありません。とはいえテクニックはあまり考えなくてOK。むしろ問題はリップのチョイス。顔色がよく見える色を選びましょう。濡れたようなツヤを放つタイプは唇をプルンと見せてすてきです。ツヤがあまりないタイプのリップを使うなら、グロスを入れましょう。
 また、唇が乾燥しやすい人は、メイクを始めるときにリップクリームを厚塗りしておき、リップメイクまでに唇を柔らかくしておくといいですよ。

●癒し系のリップ
 その日の気分やファッションで、顔色や歯がきれいに見えるリップカラーを選びましょう。下唇の端をやや丸くふっくら描くと、口角が上がって優しくみえますよ。

●デキル女系のリップ
 リップカラーは、顔色がきれいに見える色ならば何色でも。ファッションに合わせて濃い色や、逆にヌーディなベージュ系もおすすめです。デキル女系は、唇の輪郭を曖昧にせず、ていねいにとります。すると色で主張しなくても、唇の輪郭がきれいにとれているだけで、賢そうに見えるんです。

「ハッピー癒し系」と、「キリッとデキル女系」の仕上がりは?

●ハッピー癒し系
 顔全体に透明感を与えふっくら輝く肌。目元は存在感があるものの、強く主張せず、そのぶん、ほんわかした女性らしい輝きを放つ頬やリップとのバランスが、誰からも愛される魅力のカギ。

●キリッとデキル女系
 芯の強さや知性を表すために、目や眉にインパクトを置きつつ、肌の透明感やチーク&リップでキメ細やかな女らしさ、優しさがきちんと感じられる抜け感をつくるのが、今どきのデキル女の演出術。

 以上、3回にわたって「癒し系」と「デキル女系」のメイクのコツを紹介してきました。「必要な場所に、効果的に」メイクをするコツをつかんでいただけたでしょうか? なりたいイメージの健康美人づくりに、少しでも参考になれば幸いです。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
山崎 多賀子さん


美容ジャーナリスト
化粧品メーカー、女性誌の編集者を経てフリーに。スキンケアからメイク、健康・メンタル美容まで幅広いジャンルで取材を続ける。著書に自らの乳がん体験談や乳がん患者に役立つ情報をまとめた『「キレイに治す乳がん」宣言!』(光文社)、人気連載をまとめた『山崎多賀子の極楽ビューティ体験記』(扶桑社)がある。NPO法人キャンサーリボンズ理事。NPO法人キャンサーネットジャパン認定乳がん体験者コーディネーター。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

美人メイクのポイント-眉と目元メイクのコツ|癒し系とデキル系

「健康美人をつくるメイクのコツ」1回目は、ベースづくりのコツを紹介しました。2回目は、自分の個性を決定づけるといってもいい、眉と目元のメイクです。
よく「眉は顔の額縁」といった表現が使われますが、実際に眉は形や色が違うと、同じ顔なのに... 続きを読む

健康的な美肌に仕上げるベースメイクのコツ-くすみの隠し方

こんにちは。美容ジャーナリストの山崎多賀子です。さっそくですが、みなさんは、毎日しているメイクで、自分の魅力を存分に引き出せている、という自信はありますか?
習慣でなにも考えてない。昔から同じメイクをしている。こんな方も少なくないのでは?... 続きを読む

《スマートリップ》に“魅せるワザ”

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ 《着やせリップ》を作るリップブラシの使い方
実際に唇を《着やせリップ》に魅せるには、メークでカバーするワザが必要です。前... 続きを読む

唇の個性を演出するリップスピーク

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ 厚みと幅だけではない唇
こんにちは、ザビエルです。
前回で、唇の顔においての位置と、厚みと幅のバランスによってイ... 続きを読む

あの有名カップルが!? マタニティハイ妻と産後うつ夫

2014年、第一子が誕生した山田優さん。幸せいっぱいの彼女ですが、夫である小栗旬さんが「産後うつ」に悩まされ、山田さん自身も「マタニティハイ」になっていると噂されました。 「産後うつ」は、出産を終えた女性に起こる症状とされてきましたが、男... 続きを読む

大人のたしなみ♪寝る前はスキンケアだけでなく、「リップケア」も大切です

大人女性のたしなみとして、スキンケアを充分行ったところで、リップケアも同時にしっかり行いましょう。寝る前に簡単なリップケアをすることで、翌朝唇の質感が柔らかくしっとりします。そんな大人のリップケア、どうしたらよいのでしょうか?大人のたし... 続きを読む

仕上げはフィンガーワークとメイクで魅せる

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ スプレーの硬さをほぐすフィンガーワーク
さて図2、図3ともスプレーによって形がキープされたわけですが、ここからが大切です。両... 続きを読む

「色」が人の心に影響する理由-カラーパワーでストレス対策を

新緑のまぶしい季節になりました。木々の緑を見ていると、心身が安らぐ感じがします。森の中なら樹木の香り「フィトンチッド」の効果がありますが、それだけではなく、色がもたらす効果もたいへん大きいものがあります。
色が人の心理に作用することは... 続きを読む

韓国コスメ最前線~韓国ドラマ『太陽の末裔』に登場したリップバー

「コスメのテーマにドラマの話?」と思われるかもしれませんが、広告とわかっていても思わず買ってしまうのがまさにドラマ効果!特に主演女優がコスメのモデルをしている場合、何かしらの露出があるのが一般的です。今回は最近大ヒットした『太陽の末裔』に登... 続きを読む

はちみつで厚化粧卒業!?美肌につながるはちみつの秘密

美肌のために、乾燥肌やエイジングケアに用いることができると言われているのがはちみつ。厚化粧を卒業して、今こそ自分の素肌で勝負する時がやってきました!はちみつで厚化粧卒業!?美肌につながるはちみつの秘密 はちみつの化粧水を作って美肌に 普... 続きを読む