うつ病になる女性は男性の2倍-女性の一生につきまとうホルモンの変動

うつ病になる女性は男性の2倍。

性差における心の病気を理解して、メンタルヘルスの向上をはかりましょう。

心の病気にみられる男女差

 うつ病は、誰もがかかりうることから「心の風邪」と呼ばれていますが、うつ病の患者は男性より女性の方が多いといわれていることをご存知ですか?
 男性の自殺の頻度は女性の約2倍といわれていますが、WHO(世界保健機関)の報告によると、世界十数カ国のうつ病の患者は、女性が男性の2倍に上っています。また、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の発症率も男性の2倍、摂食障害の患者数も圧倒的に女性の方が多くなっています。

 このような男女差はいったいどこから生じるのでしょうか。

女性の一生は、ホルモンの変動が大きい

 うつ病などの心の病はホルモン系と強く関連しています。
 特に女性ホルモンは、月経周期をはじめ、妊娠・出産、更年期などのライフステージに応じて大きく変化します。この女性ホルモンの変動がうつ病などの心の病気の発症に関係していると考えられています。

 実際、女性の場合、性周期(月経、妊娠・出産、更年期)と一致してうつ病が悪化することが知られていますし、性周期に関連して生じる、女性ならではの心の病気があります。
 たとえば、月経前不快気分障害。これは、月経前に抑うつ気分や不安、情緒不安定、無気力が生じ、仕事や学業に悪影響が出る状態をいいます。
 この他、閉経前後の更年期にはうつ状態になったり、不安障害になったりと心の病にかかる人が増えますし、出産直後の女性に見られる産後うつ病というものもあります。

“がんばりすぎ”に気をつけよう

 女性に心の病気が多いワケは、性ホルモンの影響ばかりではありません。女性をとりまく環境も大いに影響します。
 たとえば、過重労働や仕事上のストレスが原因でうつ病などを発症する女性たち。がんばりすぎることにより、精神のバランスを崩してしまうこともあります。
 さらに、家庭を持つ女性の場合、家での家事協力が得られない、帰宅してからも育児の負担が大きいなど、自分のおかれた社会環境からのストレスも少なくありません。
 「期待されている」と思うと、誰しもはりきってしまうものですが、私達の体は機械ではありません。“がんばりすぎ”は、心身両面に負担をかけがちです。とりわけ、毎月ホルモンバランスが変化する女性の場合、自分のリミットを心得ておくことも大事です。自分の体調、心の様子と相談しながら、無理をせず仕事をしていきたいですね。

 また、女性のほうが医療機関にかかっている頻度が高いといわれています。それは女性のほうが男性よりも助けを求める行動をとりやすい傾向があるからかもしれません。
 これはとても大事なことで、男性より女性の方が適切な対処行動を行っているといえます。
 心の病はホルモンが関係していても適切な治療により改善します。
 ストレスで体調を崩したりしたときには、早めに医療機関に相談をしてみてください。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【監修】
渡部真弓氏


東京電力(株)神奈川支店産業医
1997年産業医科大学医学部卒。2002年より現職。
労働衛生コンサルタント、 日本産業衛生学会専門医

その他のZoomヘルスケア

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

大和撫子を取り囲む過酷な外部環境社会環境編


現代の大和撫子は、過酷な外部環境にさらされ、その美しさを保つことが難しくなってきています。今回は、精神的ストレスが増大しつつある現代の大和撫子をとりまく社会環境についてせまります。 私たち人類は精神的スト... 続きを読む

心の健康を保つためにできること-自分の欲求に素直になるには

段々と寒くなり、風邪が流行る時期となりました。風邪だけならまだしもインフルエンザなどちょっと怖いですね。皆さんはどのように予防をしていますか?風邪の予防なら手洗いやうがいをする。風邪の引き始めには、すぐに薬を飲むなどそれぞれ色々あると思い... 続きを読む

エアーマッサージャーで機械が勝手にダイエット

エアーマッサージャー
エアーマッサージャーを付けていれば、機械が勝手にダイエットをしてくれる、そんな夢のような時代になってきました。
最近の家電メーカーは、美容や健康方面の製品開発に力を入れてきていて、エアーマッサージャーもその一環と... 続きを読む

若い人に増加する軽症うつ-うつを疑う症状とストレス発散方法

20~30歳代で、心の健康が不調に陥っている可能性が高い人は、ほぼ6人に1人――。この数字をあなたはどう感じるでしょうか。6人に1人といえば、あなたの職場の同僚や友人の中に1人くらいはいるほどの割合、といってもよいでしょう。体力も気力も元... 続きを読む

WHOが砂糖摂取量ガイドラインを発表!ジュース1本でも摂りすぎ!?

2015年3月、WHO(世界保健機関)が砂糖摂取量に関する新しいガイドラインを発表しました。今回のガイドラインでは、1日の推奨摂取量が従来よりかなり少なくなっており、現代人の「砂糖の摂りすぎ」に警鐘を鳴らしています。 では、健康のため... 続きを読む

心の中の不安や葛藤が招く「不安障害」-不安がある人の言動とは

人間の心に不安や葛藤はつきものです。ましてやストレスの多い現代社会に生きる者にとって、なんの不安も抱えずに一生を過ごすことは不可能といってもいいのではないでしょうか。仮に「自分には、不安というものがまったくない」という人がいたとしても、そ... 続きを読む

苦しみから抜け出すヒント-自分自身を否定せず優しく受け止める

2009年が始まりました。皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?世界金融危機に伴う、痛ましいニュースが連日報道されています。確かと思われていたものが揺らぎ、世の中が混乱のさなかにあります。今の社会情勢のみに限らず、到底解決できないと思える... 続きを読む

結婚につながる要素ってなに?「好き」にまつわる男女差を徹底解明!

こんにちは、コラムニストの愛子です。友情、恋愛、結婚、お互いに「好き」という感情があって成り立つ点は同じだけど、その「好き」には一体どんな違いがあるのでしょう。大恋愛だったはずが、彼から「結婚は出来ない」と言われた。友達だったはずの男性... 続きを読む

「おまえ、かわいいな!」と心の中で思う彼女の行動ランキング

男性の服の裾をちょっと引っ張る 寝起きに猫のような手で目をこする 寒い日にセーターの袖に手を半分隠している 動物園などで子どものようにはしゃいでいる ... 続きを読む

人間関係で疲れないためのポイント-ウソも方便? 心が軽くなる技

本格的な夏の到来を前に、湿度の高いこの時期をいかがお過ごしでしょうか? 普段の忙しさを振り返り一息つく時間がないあなたに、今日は元世界銀行人事マネージャーでカウンセラーの中野裕弓さんが伝授する、心が軽くなる技を紹介していきます。分かりやすく... 続きを読む