大掃除に役立つとっておきの掃除方法-家の中の場所別・掃除の仕方

家庭内のアレルゲンを徹底的に取り除きましょう。

アレルギー疾患の元になるハウスダスト。今年はキッチンにある意外なものを使って安全清潔に大掃除。

家の中にはアレルゲンがいっぱい!

 年の瀬も押し迫ってきました。そろそろ一年の汚れを落とす、大掃除のシーズンです。
 「面倒くさいなぁ…」と思っている人もいるでしょうが、大掃除は新年に年神さまをお迎えするうえで欠かせないもの。また、かけがえのない健康を守るうえでも、大掃除はとても重要です。なぜなら、家のなかには気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患の原因となる物質、アレルゲンがたくさん潜んでいるからです。
 たとえば、室内にたまったほこり、いわゆるハウスダストのなかには、ダニやその死骸、ふとんをはじめ、人やペットの毛・ふけ、カビなどさまざまなアレルゲンが含まれています。毎日の掃除でキレイにしているつもりでも、普段は掃除が行き届かない家具の裏や押入れのなかなどには一年分のほこりがたまっています。
 また、風呂場やトイレ、台所など湿気の多い場所はカビが発生しやすいところ。日ごろ目につきにくい天井などで、人知れずカビが繁殖していることも往々にしてあるのです。

キッチン、お風呂、トイレ…場所別に“徹底掃除”!

 年末の大掃除は、普段掃除が行き届かないところにたまったアレルゲンを一掃するチャンス! もちろん、気持ちよく新年を迎えるためにも徹底的に掃除をしたいものですね。そこで、場所ごとに掃除のポイントをお伝えします。また、オリーブオイルやお茶の葉などキッチンにあるものを使って、安全清潔にするとっておきの掃除方法もお教えします。

キッチン
 シンクや水道の蛇口をくもらせる水あかは、水道水中のカルシウムが原因です。本格的にきれいにするには、クエン酸効果のある洗剤で磨きます。そこまでひどい汚れでなければ、大根やニンジンなどの切り口に、クレンザーをつけて磨けばピカピカに! また、レモンのしぼり汁をキッチンペーパーに染み込ませ、蛇口などを包んでおき、汚れをゆるませてからブラシで洗い流すのも効果的です。
 しつこいガスコンロの油汚れは、家庭用洗剤を使うのが一般的ですが、重曹でもきれいにすることができます。市販の重曹の粉をふりかけ、5分以上おいてから水で洗い、その後酢水ですすぎます。
 気になるフード付き換気扇の汚れも、年末はすっきりキレイにしたいもの。フィルタや羽根をはずし、台所用洗剤を浸した布で拭き、その後乾燥させます。こびりついた羽根の汚れは、洗剤に20~30分浸しておいてから洗うといいでしょう。

リビング
 リビングの掃除は、高い場所にある照明器具から始めましょう。カサのほこりを上から下にはらい、床に落とします。しつこい汚れは、電源を切り差し込みプラグを抜いてからカサを取り外し、家庭用洗剤で拭き取ります。
 椅子などの木製家具の手入れは、つや出し効果のあるオリーブオイルを活用。オリーブオイルの膜は微細な凸凹を埋めるので、つや出し剤としても使えるのです。ほこりを払ってから、オリーブオイルを少量染み込ませた布で拭き、その後乾拭きするとつやつやになります。
 窓ガラスは、新聞紙に水をつけて軽くしぼって拭いたあと、乾いた新聞紙で拭くとピカピカに。
 テレビなど電化製品のまわりにはほこりがたまりがち。この原因は静電気です。化学雑巾や軟らかい布などでていねいに乾拭きしますが、そのとき、新たな静電気を発生させないように、必ずテレビのスイッチは切りましょう。

寝室
 寝室では衣類の脱ぎ着を行うなど、繊維によるほこりがたまりやすいもの。隅々まできれいに掃除機をかけて、ほこりを除去しましょう。
 その際、忘れずにカーテンにも掃除機をかけましょう。また、サッシのレールも年末にはとくにきれいにしておきたいもの。掃除機の細口ノズルでほこりを吸い取ったあと、割り箸の先に家庭用洗剤を染み込ませた紙を巻き、その棒でレールのほこりを拭き取るときれいになります。

押入れ
 押入れにダニ・カビを寄せ付けないヒケツは、押し入れの中を乾燥させること。収納しているものをすべて取り出したら、上段、下段ともきれいに掃除機をかけます。
 また日頃から、扇風機で湿気をとばすなど、乾燥させる工夫をするといいでしょう。木炭を湿気とりに活用するのも効果的。ティッシュなどにくるんでふとんのすき間に入れましょう。湿気の多い梅雨どきや夏場は、2カ月程度で交換します。

バスルーム
 タイルの目地の黒ずみのそうじはやっかいですよね。とくに青カビは、洗剤やクレンザーだけでは落ちにくいことも。強くこすると目地がいたむので、熱湯を2~3回かけてカビを殺しましょう。3日ほどするとカビが消えています。
 排水口のヌルヌル汚れは、上のフタをはずしたあと内部にカビとり洗剤をスプレーし、シャワーで洗い流します。
 また、洗い場の床や壁も、石けんかすやシャンプーなどで意外と汚れています。浴槽を洗うのと同じバス用洗剤をスプレーして、しばらくたってから磨くと汚れが落ちやすくなります。

トイレ
 便器の汚れは、トイレ用洗剤をかけしばらく放置したあと、ブラシやスポンジでこすって落とします。ブラシが届かない部分の汚れは、使用済み歯ブラシを使うと便利ですよ!
 また、タンクの水受けにできた黒ずみは、なかなか落としにくいもの。この黒ずみの正体は水あか。粉末のクレンザーをかけて、古い歯ブラシなどでこすり、水で流すのではなく布で拭き取ります。

エアコンやベッドまでキレイに!

 日頃、掃除を怠りがちな、エアコンのフィルター。でも掃除していないと、フィルターについたカビやダニが風に乗って室内を舞ってしまいます。台所用洗剤にしばらく浸け置きしたあと、きれいに水洗いしましょう。

 また使用している寝具も、年末には徹底的に清潔にしたいですね。ベッドパッドや枕にはダニが沢山棲みついています。できればベッドパッドなどは丸洗いしたいもの。そして掛けふとん、敷きふとん、枕のそれぞれ両面に掃除機をかけます。また、寝具は天日に干せると理想的。人間の体から出る水分で寝具は約80%の湿度を持つことも。天日に干すとそれが40~50%に下がります。また、この際ですから、ベッドのマットレスまでクリーンにしておきたいですね。窓を開け、マットレスをそこに立てかけて、陰干しして湿気をとばします。

 室内の床に敷いているカーペットは、ダニの温床になりがち。年末は、とくに念入りに掃除機をかけておきましょう。その際、汚れ落としに活躍するのが塩! カーペット全体に塩をまいて掃除機をかけると汚れが取れやすくなります。
 フローリングの汚れ落としには、新聞紙を活用します。水に濡らしてちぎったものを床にまき、ほうきで掃くといいでしょう。
 また、畳はそれ自体のくずがアレルゲンになり、ダニが繁殖しやすくなります。年末掃除には、掃除機をかけるだけでなく、畳を上げてほこりをたたくなど、徹底的なケアをしてみてはどうでしょう? 本来畳は水分を嫌いますが、固くしぼったぞうきんで拭き、その後乾拭きすると清潔に保てます。その際、殺菌効果のある緑茶でぞうきんを絞った“緑茶ぞうきん”を使うと、雑菌の繁殖を抑えられます。

 大がかりな掃除はパワーがいるものですが、それでハウスダストをシャットアウトし、新しい年が快適にスタートできるなら、メリットはたっぷり。ハッピーな一年を迎えるためにも、今年のうちに、家中の汚れを徹底退治しておきましょう!

(「アレルギー全書」、法研より)

【監修】
正木拓朗氏


マサキ小児科アレルギー科院長・医学博士
昭和50年東京慈恵会医科大学卒業、同小児科教室に入局し、小児アレルギーの診療と研究を行う。平成10年1月より東京都練馬区でマサキ小児科アレルギー科を開業し現在に至る。日本アレルギー学会専門医、日本小児科学会小児科専門医、日本小児保健協会編纂委員

その他のZoomヘルスケア

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

掃除機をかけながら 掃除機ひざ揺らし [1グループ・軽い全身運動]

●1分間の消費カロリー:4.5kcal ●1度に行う目安:1秒に2回のペースで30秒×2回 ●ながらチャンス度:★★ 毎日の掃除機がけに「うんざり」というときは、まずは1分間、ダ... 続きを読む

大掃除、落とすは汚れと脂肪分

習慣化してしまえば効果も◎
部屋の掃除なんて面倒くさいなーと日頃は思っていても、年末には必ずしたい大掃除。掃除はカロリーを意外に消費するのはご存じですか?
ダイエッターなら面倒くさがらずに大掃除を有効に利用して、スポ... 続きを読む

大掃除、落とすは汚れと脂肪分

習慣化してしまえば効果も◎
部屋の掃除なんて面倒くさいなーと日頃は思っていても、年末には必ずしたい大掃除。掃除はカロリーを意外に消費するのはご存じですか?
ダイエッターなら面倒くさがらずに大掃除を有効に利用して、スポ... 続きを読む

家の中のカビ菌は水回りだけではない? エアコンのカビが肺炎を招く?

じめじめして蒸し暑い梅雨どき、高温多湿を好むカビにとって家の中は絶好の環境となります。カビは微生物の一種できのこや酵母など真菌類の仲間。しょうゆやみそ、酒をつくるうえで欠かせない有用なカビから、健康被害をもたらすものまで、さまざまな種類が... 続きを読む

ふとんのカビ・ダニ対策-掃除機を活用すれば花粉も除去できる

忙しい毎日を送っていると、ふとん干しなどの手入れが、つい後回しになってしまいがち。
でも、気をつけて!
日ごろ使用しているふとんには、室内を漂うほこりやカビの胞子、ダニ・ダニのフン、花粉などのハウスダストが付着しています。これらはアレル... 続きを読む

大掃除は梅雨入り前がベスト? 浴室、寝室、クローゼットのカビ対策

風薫る5月、深緑の戸外が気持ちいい季節ですが、今度の週末は家の大掃除というのはいかがでしょうか。日本では暮れの大掃除が年末行事のようになっていますが、欧米では春から初夏にかけて大掃除をするのが一般的だとか。
気温が低い冬は窓を開けて換... 続きを読む

梅雨のまとまらない髪にサヨナラ!簡単にできる湿気対策を紹介

梅雨になるとジメジメした気候が続きます。そのため、髪の毛が広がったり、ねじれたり、ぼさぼさになったりすることがあります。そんな思いをしたことがある女性もたくさんいるのでは?梅雨時期はまとめ髪しか出来ない、という人には辛い季節ですが、湿気... 続きを読む

ぺたんこお腹体操のやり方 ウエストに効く!人間ぞうきん体操

ウエストに効く!人間ぞうきん体操 指導・福田千晶先生 基本 姿勢を正して両足を肩幅に開いて立ち、胸の前で写真のように手を合わせて、ゆっくりと息を吸う ... 続きを読む

ジメジメムシムシ。心にもカビが生えてきそうでイライラ。この時期はダイエットに向いてないの?

ココロIQを高める!~今回の解説~ Q. ジメジメムシムシ。心にもカビが生えてきそうでイライラ。この時期はダイエットに向いてないの? A. YES&NO……梅雨時のイライラは、環境ストレスが陰の犯人。... 続きを読む

毛穴の汚れを一掃!ベビーパウダーの驚くべき美容効果とは

ベビーパウダーは出産を経験した女性なら誰でも知っている、あのふんわりとしたパウダーです。最近ではパウダーを使うと汗腺が詰まり、汗をかけなくなるから使わないというママも多いですが、自分用にベビーパウダーを使って毛穴レスの状態を保つことが出... 続きを読む