アウトドアで虫に刺されたときの対処法-蜂は二度目が危険、予防法

虫に刺されない工夫と万一のときの対処法を紹介

刺されると危険なハチ、ひどいかゆみが続くブユ。夏のアウトドアを楽しむために知っておきたい対処法

ハチに刺されたら安静にして様子をみる

 この夏、キャンプやハイキング、山登りなど、アウトドアで楽しもうと考えている人も多いことでしょう。忙しい日常から開放され、自然と触れ合うのはとても楽しいものですが、自然の中には、蚊やブユ、ハチ、ムカデ、マダニなど、人を刺す虫もたくさんいます。なかでもハチに刺されると、命にかかわることもあるので、注意が必要です。

 人を刺すのはスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどですが、とくに注意しなければいけないのはスズメバチとアシナガバチです。
  ハチに刺されると、症状には個人差がありますが、通常は激しい痛みを生じ、刺されたところが赤く腫(は)れあがります。刺されたらまず安静にして局部を冷やします。強烈な痛みや腫れがある場合は、一刻も早く医療機関を受診しましょう。

2回目が怖い! アナフィラキシーショック

  ハチに刺されても、普通は命に別状はありませんが、夏から秋にかけて、ハチに刺されて命を落す人が毎年のように出るのも事実。ハチに刺されたときの症状には、ハチ毒そのものによる場合と、ハチ毒に対するアレルギー反応の二つがあります。前者の場合、命にかかわるのは大量の毒が全身にまわった場合、たとえばスズメバチの大群に襲われた場合などです。

  後者のアレルギー反応は大変危険で、過去にハチに刺されたことのある人が、同じ種類のハチ1匹にでも刺されると、強烈なアレルギー反応を起こして亡くなることがあります。このアレルギー反応=全身のじんましん、呼吸困難、血圧低下や意識障害などのショック症状をアナフィラキシーショックといいます。刺された後、息苦しさや吐き気、動悸(どうき)、呼吸困難などの全身症状が現れたときは要注意! すぐに救急車を呼びましょう。

 一度ハチに刺されたことのある人は、再び刺されないようにしなければいけません。スズメバチとアシナガバチのハチ毒は成分が似ているため、初めアシナガバチに刺された人が今度はスズメバチに刺されると、アレルギー反応を起こす可能性もあることを覚えておきましょう。

 ハチに刺されないためには、ハチを刺激しないこと。巣を見つけたら近づかない、ハチが近くによってきたら手ではらったりせず、そっと逃げるのが賢明です。また、黒い服装はハチの攻撃対象になりやすいので、淡い色の服を着て白っぽい帽子をかぶりましょう。香りの強い化粧品や整髪料などは避け、ジュースなどはこまめにふたをします。万一に備え、ハチ専用の殺虫剤を持参するとよいでしょう。

刺されると腫れてひどくかゆい「ブユ」

 ハチのように命に危険はないけれど、刺されたところが真っ赤に腫れあがっていつまでもかゆい、なかには発熱する人もいて要注意なのがブユ。小型のハエのような、血を吸う虫で、地域によってブヨ、ブトとも呼ばれます。

  高原や山間部の渓流沿いに多く生息し、キャンプなどでむき出しの足を刺される人が多いようです。刺されたときはほとんどかゆみを感じませんが、半日ほどすると赤く腫れ、次第に激しいかゆみを生じます。数日は腫れとかゆみが続き、腫れた部分に熱をもつこともあります。

 熱をもっていたら冷やし、早めにかゆみ止めの軟膏をぬるとよいでしょう。かゆみがひどい場合は、ステロイド薬や抗ヒスタミン薬が必要になるので、皮膚科専門医を受診しましょう。化膿することもあるのでかきむしらないこと。

野外に行くときは長袖、長ズボンで

 ハチやブユ以外でも、虫に刺されないためには、できるだけ露出部分を減らすこと。野外に行くときはなるべく長袖、長ズボンに靴下、帽子、手袋で全身を覆いましょう。肌の露出部分には虫除けスプレーをしておくと、蚊やブユには効果があります。虫刺され用のぬり薬やガーゼ付きばんそうこうなども持参し、刺されてしまったら次の手順で処置を。

(1)ハチやムカデの場合は傷口から毒を押し出す。ポイズンリムーバーという毒を吸引する器具があるので携帯しておくと便利。
(2)傷口を流水で洗いながら冷やす。
(3)虫刺され用のぬり薬をぬる。
(4)ガーゼ付きばんそうこうで傷口を覆う。

 必要があれば医療機関を受診します。虫刺されに対処する方法を知って、夏のアウトドアを楽しんでください。

【監修】
夏秋 優 先生


兵庫医科大学皮膚科 准教授

その他のZoomヘルスケア

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

アウトドアは草むらのダニに注意! ダニからウイルスに感染、死亡例も

夏山登山、ハイキング、キャンプなど、野山に出かける機会が多い季節です。アウトドアの楽しさは格別ですが、けがや虫刺され、熱中症など、注意しなければならないこともたくさんあります。そのなかで、今年の1月に日本で初めて確認されたマダニが媒介する... 続きを読む

帽子をかぶると顔が大きく見えちゃいます

Q.帽子をかぶると顔が大きく見えちゃいます A.小顔に見える帽子もありますよ!
最近はおしゃれアイテムに帽子をかぶる人も増えてきました。でも、帽子をかぶると、どうしても頭や顔が大きく見えるのでは……... 続きを読む

軽いケガなら消毒やガーゼはいらない? ケガの治療の新常識

「けがをしたら、傷口を消毒しないとばい菌が入る」。そう思っていませんでしたか?
ところが消毒薬を使うと、細菌と一緒に傷の表面の細胞も死んでしまい、傷口が痛む原因になってしまいます。またガーゼを使うと、傷を治す体液を吸い取り、傷口を乾燥さ... 続きを読む

美容に悪いだけじゃない!睡眠時のよだれは命に関わるって本当?

よだれは普段通常の状態で垂れるとだらしがないと思われますが、実は人間によだれはかなり重要な役割をしています。ですが、寝ている間によだれが出ていると、命にまでリスクが及ぶという説があります。どういうことなのでしょうか?美容に悪いだけじゃな... 続きを読む

高温多湿になる梅雨時は水虫に注意! 水虫にならない習慣とは

“おじさんの病気”というイメージがある水虫ですが、最近では女性の水虫患者が増えています。その原因は、冬のブーツにありました。
水虫は、カビの一種である“白癬菌”(はくせんきん)による感染症で、放っておくと1年中生きつづけています。カビは... 続きを読む

なんとなくダラダラ過ごす時間は有効? のんびり時間の意外な効果

秋も深まってきましたね。思索にふける秋。今日は仕事やプライベートを充実させるためのちょっとためになる話をしていきます。 ハンガリー出身のアメリカの心理学者M.
チクセントミハイは「楽しみ」の研究を行う中で、「仕事」「遊び」という二分法では... 続きを読む

命の危険がある脳出血の原因と症状、予防法とは

まずは、脳出血の正体を理解しよう
脳出血とは、その名の通り、脳の中を複雑に巡る血管が破れ脳内で出血を起こす状態に陥ることです。脳内に流れでた血液は、体の中であらゆる障害をひきおこし、最悪の場合は命の危険を伴うことも…。


脳出血... 続きを読む

夏に向けて“緑のカーテン”を育てよう-ゴーヤの育て方

地球温暖化のせいでしょうか、夏の暑さが年々強くなるような気がしていませんか?
そんなことから、日当たりの良い南側や西日の当たる西側の窓とかベランダに、夏の間の日ざしをさえぎるため、つる性の植物をはわせる“緑のカーテン”づくりが関心を集めて... 続きを読む

ヒノキチオール

「ヒノキ(檜)」を連想する人も多いかと思いますが、その通り。70年ほど前、「台湾ヒノキ」の精油から発見された皮膚に薬効のある成分の名前です。
あえて「台湾ヒノキ」というのは、日本のヒノキにはなぜか含まれていないため。日本では、ヒノキの仲... 続きを読む

遊びボケから抜け切れず、朝はいつまでも寝坊……こんな生活ダメですよね?

カラダIQを高める!~今回の解説~ Q. 遊びボケから抜け切れず、朝はいつまでも寝坊……こんな生活ダメですよね? A. YES……ダイエットに大切な「やる気」を出すためには、早起きを! ... 続きを読む