健康診断で分かる病気ってなに? 毎年検診を受ける理由とは

「面倒くさい」などと言ってていいの?

受ければわかる・受けなければわからない、体のいいとこ・悪いとこ

健診はお金を払ってでも受けてほしい

 今年4月から、40~74歳のすべての人を対象に、メタボリックシンドロームを早期に発見する新しい健診(特定健診)が始まります。

 ところで、みなさんの中には「健康診断」というと、「何だか面倒くさい」とか「いまは健康だから別に受けなくてもいいよ」など、ともすれば敬遠したくなる人も少なくないでしょう。でもちょっと待ってください。健康診断、略して健診は、本当は敬遠するどころか、お金を払ってでも受けよう、という気持ちになっていただきたいくらいのものなのです。今回は、健診の必要性と健診結果が意味することを知っていただきたいと思います。

 一般的に健診というと、職場で受けられるものと市町村などが実施しているものがあります。検査項目は多少の違いはありますが、基本的には以下のようなものです。

問 診:ふだんの健康上の問題などを聞き取ります
身体計測:身長、体重、視力、聴力を測定します
血圧測定:収縮期血圧(最高血圧)、拡張期血圧(最低血圧)を測定します
血液検査:貧血の有無、肝機能、糖尿病・動脈硬化・痛風の危険性などを調べます
尿検査:糖尿病・痛風の危険性や、腎臓から尿道までの尿の通り道の異常を調べます
X線検査:肺や胃の異常を調べます
心電図検査:不整脈、狭心症、心筋梗塞、心筋症などの有無を調べます
超音波検査:肝臓、胆のう、腎臓、すい臓などの異常を調べます
がん検査:X線、便、細胞診などにより胃、肺、大腸、乳房、子宮などのがんの有無を調べます

異常が見つからなくても、それはそれで意味がある

 このように項目を並べてみると、体の大切な部分をほとんどくまなく調べてもらえることがわかります。これはつまり、健診は何か体の不調を感じて受診するわけではないので、自分でも気づいていない、ましてや他人が見てもわからない異常が体内のどこかに潜んでいないかどうかを、科学的に調べることを目的としているからです。

 この結果、何か異常が見つかれば「やっぱり健診を受けておいてよかった」ということになるでしょうし、逆に何も異常が発見されなくても、健康体であることを確認できたことで健診の目的を果たしたことになるのです。

逃げてはいけない精密検査

 では、何か異常が見つかったら、どうしますか? 健診での「異常」とは、一様に「病気にかかっている」ということを意味するものではありません。もちろん中には、ただちに治療が必要と診断されるケースもあるかもしれません。症状があらわれないため、健診を受けるまでは全く気づかなかったのです。健診の威力をまざまざと実感できるケースです。
 病気かどうかわからないが疑わしいデータがあらわれているので、もっと詳しく調べてみようという結果になることもあります。この場合は改めて精密検査を受けて、事実をはっきりさせなくてはなりません。ここでありがちなのが、精密検査を受けるように指示されているのに、すっぽかしてしまう人が少なからずいることです。自分の体のことなのに、「忙しい」とか「怖い」とか何だかんだ理由をつけて逃げてしまいます。放っておけばどういうことになるか、わからないわけではないでしょうに……。

警告値が出たら生活習慣の修正を

 精密検査や再検査をするほどでもないけれど、正常と異常の間のグレーゾーンか、グレーゾーンに近い高めの正常値が出ることもよくあります。こういう場合は現状の生活習慣を続けているとやがては異常値に突入してしまいますよ、という警告と受け止められます。医師からは、どうしたら正常値に戻すことができるか、食生活のしかたを中心に生活習慣を改善していくアドバイスが示されるはずです。これこそ健診の大きな目的の一つで、病気になる前の予防のためのハウツーをしっかり実践してください。

 以上のことと関連して、気をつけていただきたい「勘違い」について―。健診を受けたそのことだけで、健康管理をしたつもりになってしまう人がいます。これは単純な勘違い。健診は治療ではありません。健診の結果をそれからの生活習慣の改善に上手に活かしてこそ健診の意味があります。

 もう一度おさらいすると、健診は自分の健康管理のために毎年必ず受ける、治療が必要とされたら一も二もなく受診する、再検査が必要なら必ず受ける、医師からの生活指導を守る―これをしなければ、せっかく最新の科学技術を駆使した検査を受けたのに“もったいない”ことになってしまいます。“もったいない”は地球環境を守るためにいま盛んに見直されているキーワードですが、健康環境を守るためにも心しておきたいことです。

【監修】
御供 泰治先生


愛知きわみ看護短期大学学長
名古屋市立大学名誉教授
1966年名古屋市立大学医学部卒業、71年同大学院修了(医学博士)、71~73年米国スローン・ケッタリング癌研究所留学。愛知県がんセンター研究所、名古屋市立大学医学部内科などを経て、88年名古屋市立大学看護短期大学部教授、92~96年同学部長兼任、99年名古屋市立大学看護学部教授・評議員。2004年定年退職・名誉教授となり、愛知きわみ看護短期大学教授・図書館長、07年同学長・理事に。日本血液学会功労会員。著書に『デルカン(国試対策ブック) 』(メディカ出版)、『内臓年齢からの警告』(講談社)ほか多数。

その他のZoomヘルスケア

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

子宮頸がんの精密検査-異形成の治療法について

子宮頸がん検診の結果、前がん状態やがんが見つかったらどのような治療法を行うのでしょうか。自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授の今野良先生に伺いました。 確定診断は「コルポ診」「組織診」で 子宮頸がん検診で細胞診やHPV検... 続きを読む

40才になったら定期健診を!緑内障に注意

緑内障ってどんな病気?

ヒトがものを見ることができるのは、角膜・水晶体を通って網膜上で結んだ像の情報が眼球から脳に向かって延びている「視神経(ししんけい)」に入り、脳に色や形の情報を送るからです。伝わった情報が脳で画像として組み立て... 続きを読む

新成分「カルニチン」パワーの正体と威力

脂肪酸がミトコンドリアで燃焼するには 「カルニチン」が絶対に必要 CONTENTS 肝臓や心臓の脂肪も燃やす!!ムダ肉取りの新成分「カルニチン」〜お話
岡本摩耶先生 1... 続きを読む

検診を受けていた方が寿命が短い? 健康診断や人間ドックの必要性

健康診断を受けたら
寿命が縮むかも!? 「検診を毎年受けている人たちと、受けていない人たちの生存年数の比較調査では『検診を受けていた人たちの方が、寿命が短い』という結果が出ているんです」と指摘するのは、内科医で予防医学の第一人者、新潟大学... 続きを読む

「若いな…」と思う他人の恋愛は?

「運命」や「永遠」を信じている 一日に何度もメールをやり取りする 毎日のようにデートをする 相手の周りの異性にとにかく嫉妬 相手... 続きを読む

1日ダイエット!?オススメの3項目をご紹介

1日で必ず痩せる方法があると知ったら、どうしますか?やっぱりやってみたいですよね。ただし、1日限定で行いましょう。 やはり健康にかなり毒ですから、明日にはなんとかしたい!という場合に備えて1日ダイエットを行いましょう。一日で必ず痩せる!... 続きを読む

手軽にできるワンコイン健診って知ってる? 保険証も予約も不要

私は、東京大学医学部附属病院で看護師として勤務していたときに、健診を受けておらず、気がついたときには糖尿病などの生活習慣病が進行して深刻な事態に陥っている患者さんが多く存在することを知りました。
Aさん(35歳、男性、フリーター)は、入... 続きを読む

疲れを感じた時は『退行』がおすすめ! 子どものように遊んでリフレッシュ

そろそろ、風邪がはやる時期ですが、みなさんは大丈夫ですか?風邪の予防といえばやはり手洗いとうがいが一番だそうで、これだけ科学技術が進歩しても、予防法は案外シンプルというか原始的だというのが、何だかガッカリなような、ほっとするような・・・。 ... 続きを読む

検診と健康診断の違いってなに? 意外と知らない検診についての基礎知識

検診は自覚症状が出てから受けるもの? 自覚症状がない人が受けるのが検診。症状がある人は病院で受診しましょう。 「健診」と「検診」は目的が違うが、どちらも無症状の人が対象 「健診」と「検診」。どちらもケンシンですが、それぞれの違いは意外... 続きを読む

健診と人間ドックの違いは? 一般検診はがんの早期発見は難しい

健康に関心が高い人は、毎年何らかの健康診断を受けていると思います。それが人間ドックか一般健診か、個人で受けるか職場や自治体が行う健診を受けるかなどの違いはあっても、毎年受診されている人も多いでしょう。しかし、実際に自分で受けておられる健康... 続きを読む