女性は男性よりアルコール依存症になりやすい? 6つの注意点

女性は男性より少量、短期間で依存症になりやすい

依存症や臓器障害を防ぐために、適量を上手に楽しみましょう

適量なら百薬の長でも、飲みすぎが続けば……

 古くから、お酒は「百薬の長」といわれ、心身の緊張を和らげてストレス解消に効果があるだけでなく、急性心筋梗塞のリスクを下げる効果もあることがわかっています。しかし、百薬の長であるのは、「適量を上手に飲めば」という条件つきです。飲みすぎれば、心身にさまざまな問題がおきて、「万病のもと」になってしまいます。

 アルコールの害のうち、真っ先に思い浮かぶのは脂肪肝やアルコール性肝炎、肝硬変など肝臓障害でしょう。摂取されたアルコールの大部分は肝臓で分解され排出されます。毎日お酒を多量に飲み続ければ、肝臓には間違いなく大きな負担がかかり、障害がおこります。
 ただし、肝臓は「沈黙の臓器」といわれるように、かなり障害が進まないと症状が現れにくいという特徴があります。つまり、自覚症状に頼ることはできないのです。それだけに、お酒を飲む人は、定期的に健康診断を受けて、肝臓の機能をチェックする必要があります。

 肝臓以外にも、アルコールの影響はさまざまな臓器に及びます。例えば、脂肪やたんぱく質などの消化酵素を含む膵液を分泌している膵臓はアルコールによるダメージを受けやすい臓器です。慢性膵炎の50%以上がアルコールによるもので、その30%程度が糖尿病を合併しているといわれています。
 また、空腹状態でお酒をたくさん飲むと、胃腸を強く刺激して粘膜を荒らし、急性胃炎や胃潰瘍をおこしやすいことがわかっています。また、空腹時はアルコールの吸収が早く、血液中のアルコール濃度が急激に上昇するため、悪酔いしたり、さまざまな障害がおこりやすくなります。

女性に増えているアルコール依存症

 最近、女性にアルコール依存症が増える傾向にあり、問題視されています。その原因の一つは、男性より女性のほうがアルコールによる影響を受けやすいことです。

 一般に女性のほうが男性より体が小さいため、体内の血液の量が少なく、アルコールを代謝する肝臓も小さくなっています。だから男性と同じ量を飲んでいると、女性のほうが血液中のアルコール濃度は高くなるのに処理スピードは遅く、アルコールが長い時間体内にとどまっている、つまり体へのダメージが大きいということになります。
 そのため、男性よりも女性のほうが、より「少量・短期間」の飲酒で、アルコール依存症になったり、肝臓や膵臓などの臓器障害をおこしやすいのです。

 さらに悪いことに、女性ホルモンの分泌量が多い若いうちは、女性ホルモンがアルコールの代謝を長引かせるため、少量のアルコールでも依存症になりやすいことがわかっています。逆に、女性ホルモンが減少する閉経期以降は、アルコールの代謝が速くなるので、飲酒量が増えて、依存症や臓器障害の危険性が高まるという特徴があります。

 アルコール依存症になると、飲酒のコントロールが効かなくなり、適量でやめられないとか、飲んではいけない場所や時間に飲んでしまうといったことになります。また、体内にアルコールが切れてくると、手や体が震えたり、イライラや発汗、不眠などの離脱症状が出てきます。そのために飲酒がやめられなくなり、日常生活に支障が出て、仕事を失ったり、家庭が崩壊したりすることも少なくないのです。

 自分にはそんなことは絶対おこらないと思うかもしれませんが、ある一定量を一定期間飲めば、ほとんどの人が依存症になるそうです。しかも女性は「少量・短期間」で……。「飲みすぎて、家までどうやって帰ってきたか記憶がない」という経験をもつ人は少なくないでしょう。これは、アルコール依存症のスクーリングテストで重要な項目になっています。それだけ、アルコール依存症の危険性は他人事ではないといえます。

 アルコール依存症に陥った場合、この状態から抜け出すには「断酒」以外に方法はありません。しかし、アルコールの依存性は麻薬よりも強いといわれ、一度依存症になってしまうと、抜け出すのは非常に難しいとされています。

飲むなら適正飲酒を

 お酒を「百薬の長」として楽しむには、何といっても適量を上手に飲むことが大切です。といっても、酒好きにとっては、酒量がだんだん増えていくのが常で、歯止めが効きにくいものです。しかし、好きなお酒がわざわいして、結果的にお酒をやめなければならないことになったら、こんな不幸なことはないでしょう。そうならないためには、次のように節度ある飲酒を守ることです。

(1)お酒に弱い体質なら、無理して飲まないこと。たとえ強い体質でも、日本酒なら1日1合にとどめ、1週間に2日は休肝日をつくりましょう。
(2)アルコール度数の強いお酒は薄めて飲みましょう。
(3)ほかの人のペースに巻き込まれず、自分のペースでゆっくりと時間をかけて、つまみを食べながら飲むこと。ほかの人にお酒を無理強いしたり、あおって「一気飲み」を強要したりするのはやめましょう。
(4)薬を服用しているときは、お酒を飲まないこと。薬に含まれる成分が強く出て、非常に危険です。
(5)夜は12時までにお酒を切り上げましょう。長い時間お酒を飲んでいると、つい酒量が増えてしまったり、翌日までアルコールが残ってしまいます。
(6)女性の適量は男性の半分と心得ましょう。

(「へるすあっぷ21」法研より)

【監修】
重盛 憲司先生


洗足メンタルクリニック院長
慶応義塾大学医学部卒業後、同大学病院精神神経科専修医を経て、国立久里浜病院にて長くアルコール依存症等の治療に携わる。精神保健指定医、労働衛生コンサルタント。ストレスマネジメントにも長け、多くの企業診療所で診療に携わる。趣味は海、酒、アイスホッケーなど。

その他のZoomヘルスケア

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

アルコール依存症とは? お酒との上手なつきあいかた

お正月に新年会。年末から年始にかけては、1年間のうちでも最も飲酒の機会が増える時期かと思います。日頃ストレスフルな社会で戦っている現代人にとっては、お楽しみの時期かもしれませんね。飲酒をすると、アルコールによる中枢神経の麻痺作用により、大脳... 続きを読む

やせる三要素:アルコールを抑えてやせる

アルコールのカロリーはどれも大差ナシ。おつまみも高カロリーのものが多いので、ダイエット中の飲酒はなるべく控えめに
ビールや日本酒は糖質が含まれているから、ダイエット中はダメ。でも、糖質の含まれ... 続きを読む

お酒も飲んでいいんです

“お酒NG”は迷信!
うまくお酒と付き合おう♪ 『ダイエットにお酒はNG!』、これは“ダイエットの常識”として、お医者さんやダイエットの専門家をはじめ、世のダイエッターのほとんどが信じていることと思います。 しか... 続きを読む

1杯で200kcalだよ、アルコール

アルコールの量は200kcal以内が理想的
ダイエット中のアルコール量は、ビールなら中びん1本、日本酒は約1合、ウイスキーの場合はダブルで1杯をリミットと考えるのが、もっとも理想的です。カロリーでいうとだいたい2... 続きを読む

体をこわさないお酒の飲み方とおつまみ選び-健康的な飲み方5つのコツ

「酒は百薬の長」といわれるように、昔から適量の飲酒が健康によいことは知られています。なによりお酒を飲むと楽しい気分になって、コミュニケーションが進んだり、ストレスが解消されるなどプラス面がたくさんありますが、これはあくまで適量を守ったとき... 続きを読む

わかっちゃいるけどやめられない第5位・お酒で失敗しちゃった

7ヵ月もダイエットして9kg減もお歳暮のお酒で水の泡に…… 愛知県
Nさんがお酒で失敗しちゃったとき
7カ月もかけて9Kgのダイエットに成功していた時。めったに手に入らない珍しい... 続きを読む

1日に飲んで良いアルコールの量-飲みすぎ・食べすぎを防ぐコツ

12月から1月にかけて、パーティーや忘年会、新年会など、お酒を飲む機会が続きます。飛ぶように出ていく財布の中身も気になりますが、飲みすぎによる二日酔い、肝臓へのダメージ、エネルギーのとりすぎによる太りすぎにも注意が必要です。
意外にこう... 続きを読む

ノンアルなのにビール味なのはなぜ?「アルコール風味」の謎に迫る!

暑い夏、ぐいっと飲む一杯のビールは最高!
とはいえ、自動車の運転をする人、健康上の理由でアルコールの摂取を禁止されている人も少なくありません。前日に飲みすぎだから今日はアルコールを控えておこうという日だってあるでしょう。飲みたいけど飲め... 続きを読む

お酒は飲むほど強くなる? ちゃんぽんは悪酔いするって本当?

アルコールを常飲することによって、アルコールに強くなるのはホントです。
その理由のひとつは肝臓でのアルコールの処理量が増加することがあげられます。平均的な大人では、1時間に純アルコール7g(※アルコール1単位=純アルコール20g=日本酒で... 続きを読む

お酒で失敗しないためには空腹で飲まない薄めて飲む

食む前には牛乳かスープを
糖分が多くて脂肪になりやすいのが酒類。だから、ダイエット中はお酒もやめるのがベスト。しかし、そうはいかない人も多いのでは?
そこで、お酒の飲み方を変えて、ダイエットの失敗を減らしまし... 続きを読む