蒸しタオルでできる、疲れ目やドライアイ予防-簡単ケアで大きな効果

目の疲れやドライアイには「温め」や「保湿」が効果的

蒸しタオルで目を温めると、使いすぎによる目の筋肉疲労やドライアイが改善、全身もリフレッシュ!

夕方に起きやすい「見えにくさ」は、目の中の筋肉疲労が原因

 パソコン作業(VDT作業)などを長時間続けたとき、だんだん目がしょぼしょぼして焦点が合わなくなり、かすんで見えにくくなることがあります。ドライアイや白内障の眼科専門医である後藤英樹先生は、このような目を使いすぎたときに起こる症状について「とくに、仕事の疲れがたまる夕方、そして1週間の疲れがたまる週末(金曜日)に多いことから、「夕方老眼」「週末老眼」などと呼ぶこともあります」といいます。

 後藤先生によれば、その背景にあるのは目の中で起こっている筋肉疲労です。目の中には「水晶体」というレンズがあり、これは「毛様体筋」という筋肉によって支えられています。この筋肉が緊張(収縮)することによって水晶体の厚みが変化し、見たいものへのピント合わせをしているのです。

 パソコンで細かい文字や模様を追い続けているときや、デスクワーク、針仕事など細かい作業をするときは、ピントを調節し続けるために、毛様体筋も緊張し続けなくてはいけません。そこで、ちょうどハードなスポーツをした後に起こる筋肉の凝りと似たことが、目の中でも起こっているというのです。

オフィスで気になるドライアイも、目の疲れの原因

 一方、ドライアイはかつて「涙が出ないために目の水分が不足する」タイプが主であると考えられてきました。しかし、最近問題になっているのは、眼球をおおっている油膜が薄くなり、水分がどんどん蒸発してしまう「蒸発亢進」タイプのドライアイです。

 疲れ目の大きな原因とされるパソコン画面の見すぎ、つまりVDT症候群(テクノストレス眼症、 IT眼症)は、この蒸発亢進型ドライアイの原因でもあります。
 目を酷使しているときはまばたきが減り、目の潤いが減りがち。それが「乾き」として自覚される場合もあれば、ぼやける、かすむ、しょぼしょぼする、目の疲れなどのさまざまな症状になって出ることもあるのです。

疲れた目やドライアイを蒸しタオルで温めると、症状が改善

 さて、こうした疲れ目やドライアイについて、「目を冷やすとすっきりする」と思っている人もいるかもしれません。しかし、そんなときはむしろ「温め」や「保湿」が効果的なことがわかりました。

 後藤先生らは、まず連続したパソコン作業により「夕方老眼」、「週末老眼」の状態が起こっている人の目を蒸しタオルで温めることにより、ピント調節力がどのように変化するのかを調べました。

 この実験は(1)40度の蒸しタオルを1本使って3分間温める、(2)同様に40度の蒸しタオルを5本使って2分ごとに交換し10分間温める、という2つの方法で行われ、どちらの方法でもピント調節力の回復が認められました。

 また、ドライアイによる症状についても同じ実験をしたところ、「見えやすい」「明るく見える」などについて、3分でも10分でも改善効果が見られました。特に10分間温めたときには、ドライアイを調べる眼科検査である涙液層破壊時間(*)の改善にも効果がみられました。
(* 涙の質を調べる検査で、まばたきをして涙液が角膜を覆ってはじけるまでの時間を調べる)

 「夕方老眼」「週末老眼」のような症状を防ぐためにも、目を使いすぎたと感じるときには、早めに蒸しタオルで目の「温め」と「保湿」を行って毛様体筋のこりをほぐし、疲れを翌日に持ち越さないようにしたいもの。蒸しタオルは、目を保湿してドライアイの改善にも役立ちます。
 最近では、目を温めたり保湿するヘルスケアグッズも発売されています。こうしたものを利用するのもよいでしょう。

 ただし、目のかすみやぼやけの症状には、治療の必要な疾患が隠れている場合もあります。いつまでも症状が続くときは無理をせず、眼科を受診することも必要です。

目を温めて全身もリフレッシュ。美的効果も?

 後藤先生は「目はいろいろな神経の集まっている場所。蒸気などで目に適度な水分を与えながら温めることは、全身へのリフレッシュ効果も期待できるのでは?」といいます。
 実際に、飲食店などで出される温かいおしぼりを目にのせると目だけではなく全身のコリがほぐされて心地よい、ということを日常生活の中で経験したことのある方も多いでしょう。

 また、「別の研究では、ドライアイを改善することで、瞳の輝きが増すという結果も出ています」と後藤先生。これはちょうど、皮膚が乾燥すると肌色につやがなくなり、カサカサして見えるということと同じなのでしょうか。

 目の印象で、人の印象は変わるもの。鏡を見て目もとがどんよりしていると感じるときも、目を「蒸気で温める」方法を試してはいかがでしょう。

<疲れ目やドライアイをケアする方法>
●蒸しタオルや目の保湿グッズなどで目を温める
●お茶を飲むときに湯気を目に当てたりする工夫もよい
●保湿用の目薬を使用する(花粉症用の眼鏡型カバーなども有用)
●室内が乾燥しすぎないようにする(エアコンに注意する)
●パソコン画面などを見るVDT作業では画面の位置環境をよくする
●パソコンや携帯電話などを見る作業をあまり長く続けない(長時間の近業、凝視作業を避ける)

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
後藤 英樹先生


鶴見大学歯学部眼科学教室准教授
慶應義塾大学医学部卒業、東京歯科大学市川総合病院勤務、マイアミ大学バスコムパルマー眼科研究所留学等を経て、飯田橋眼科クリニック院長。2004年慶応義塾大学医学部眼科学教室助手、慶應義塾大学医学部眼科学教室専任講師。2006年より現職。ドライアイ、白内障の専門医としてその診断と治療、メタボリックシンドロームとの関連などについてTV、新聞等でも発言している。

その他のZoomヘルスケア

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

老眼予防になる! 目のストレッチや簡単ケアでリフレッシュ

目も体と同じ。運動しなければ老化は進む 「目の老化も体と同じ。運動しなければ筋肉は衰え、老化は進みます」と言うのは、アンチエイジングドクターで眼科医でもある日比野佐和子先生。 「目の筋肉を鍛えたりほぐしたりすることは、目の筋肉の若さを... 続きを読む

近視の人は老眼にならないってホント?

水晶体の調整力が低下することで老眼になる 眼の構造はカメラと同じです。フィルムが網膜で、ピント合わせはレンズに当たる水晶体の厚さを変えて行います。 水晶体が最も薄い状態で、平行光線が網膜にぴったりとピントが合うのが正視です。さらに、水... 続きを読む

老眼はいくつからはじまるの? 眼の老化は40代から、どんな症状?

40歳を過ぎる頃になると、近くのものが見えづらくなったことに気づきます。目の疲れを感じることもあるので、そのせいかと思う人もいるでしょう。そんなとき、「もしかして老眼?」とは、あまり考えたくないかもしれません。40代で自分の老化を目の当た... 続きを読む

夜のスマホは自律神経を乱して冷えの原因に!? 疲れ目の解消法

夜のスマホは自律神経を乱し冷えの原因に。ベッドにスマホは持ちこまず、ぐっすり眠って冷えを撃退 目と冷えには深い関係がある 新しい人間関係が増え、ついついSNSに夢中になりがちなこの季節。寝る寸前までベッドでスマホをチェックしていませ... 続きを読む

パソコン疲れのVDT症候群を予防するには? 改善のポイント

パソコン作業をしながら、「目が疲れた」「肩がこった」「背中が痛い」などともらしているあなたのために、「VDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)症候群」を防ぐためのポイントを紹介しましょう。それにはまず、パソコン作業環境を整えることか... 続きを読む

現代人に多い意外に知らないドライアイのこと

そもそもドライアイとは
ドライアイは、涙の量の不足や涙の質の低下により、目に傷ができてしまう状態です。ただ単に目が乾くなどではなく、涙が関係しているのですね。ドライアイになるとどういった症状が現れるのでしょうか。


眼が乾く、こ... 続きを読む

その眼の疲れと痛みはVDT症候群かも? 腰痛や心の不調も

私たちの日常生活に、もはやパソコンは欠かせない存在となりました。しかし、同じ姿勢で集中し続けるパソコン作業は疲れがたまりやすく、心身にさまざまな症状を引き起こす「VDT症候群」が問題となっています。
VDTとは、Visual Disp... 続きを読む

目のつくりと物が見えるメカニズム-近視や老眼はなぜ起こる?

目は光によってものの色や形、遠近、動きなどを感じる感覚器官です。私たちは五感を使って外界の情報をキャッチしていますが、なかでも目(視覚)は、情報全体の約80%を捉えるといわれます。耳(聴覚)は声や物音、鼻(嗅覚=きゅうかく)はにおい、舌(... 続きを読む

現代人は眼が疲れてる-眼筋の疲れをほぐす6ステップストレッチ

10月10日は「目の愛護デー」です。パソコンと携帯電話のない生活はもう考えられないという人は多いと思いますが、これらの普及に伴い、目の疲れを訴える人が急増しています。仕事で長時間パソコンを使い、通勤途中にケイタイでメールを打ち、自宅ではテ... 続きを読む

スマホの使いすぎは眼から全身、さらにメンタルも疲労させる?

スマホやパソコンを使う時間が長く、肩が凝ってしかたがないと感じるときは「ストレートネック」という問題が起こっているかもしれません。
体をまっすぐ起こした姿勢では、首の骨(頸椎)は前側にやや湾曲しているもの。ところが、スマホの操作などで... 続きを読む