食欲コントロールダイエットの方法と効果

ニセの食欲をやっつける行動9カ条

1 かたいものをよくかむことが最も効果アリ!

 

歯ごたえのあるものをよくかむと、満腹感UPホルモンが分泌。ひと口20回かんだり、昆布やきのこなど、かみごたえのあるものを食べて。

 

固形物が なくなるまで かみ続けるのが ポイント
 ↓
満腹感UPホルモン ヒスタミン を増やす!!


2 友達とおしゃべりしながらの食事が一番

食べすぎ防止ホルモンは、「幸せ」な気分のときに出ます。大好物を最後のお楽しみにとっておき、ワクワク感を楽しむのも◎。

 

ひとりで 食事より、 友達や家族と 食べる!
 ↓
食べすぎ防止 ホルモン セロトニンを 増やす!!


3 きき手と逆の手で食べ、食べるペースをダウン

食欲調整ホルモンを保つには、時間をかけて食事すること。早食いの人はきき手の逆の手を使い、ふだんより時間をかけるとGOOD!

 

ゆっくり食べる ことが“やせる” につながる!!
 ↓
食欲調整ホルモン レプチンを 適度に保つ!!


4 ひと口ごとに水分をとり、食べる時間をかせぐ!

ひと口ごとに水やお茶を飲む方法もおすすめ。ゆっくり食べれば食欲調整ホルモンが適度に保たれます。ドカ食い防止にも有効!

 

ゆっくり食べて 脂肪を燃やす!
 ↓
食欲調整ホルモン レプチンを 適度に保つ!!


 

5 恋愛のトキメキで太るもとを撃退!

空腹感UPホルモンは、恋愛をしてトキメいているときに減る! デートや片思いでドキドキすることは◎。食後すぐ寝るのはダメ。

 

ドキドキ感が 食欲を自然と セーブする!
 ↓
空腹感UPホルモン アセチルコリンを おさえる!!


6 食べ物を小さくカットして時間をかける

脂肪ため込みホルモンをおさえるには、食事に時間をかける! 食べ物をつまむのに時間がかかれば、自然と食べるスピードが落ちるものです。

 

骨のある魚も グッド!とにかく時間をかける
 ↓
脂肪ため込み ホルモン インスリンを 減らす!!


7早食いは脂肪ため込みホルモンを増やす!

丼ものやファストフードは、早食いしがち。結果、脂肪ため込みホルモンを増やしてしまいます。食べるときはいつも以上にゆっくり食べる意識を。

 

食事には 最低でも 20分かける!
 ↓
脂肪ため込み ホルモン インスリンを 減らす!!


 

8 好きなことに熱中して脂肪をため込まない!

脂肪燃焼ホルモンは、何かに集中しているときに出ます。カラオケやショッピング、読書など、好きなことならなんでもOK!

 

何かに 没頭するのが 脂肪を撃退する 方法!
 ↓
脂肪燃焼ホルモン アドレナリンを 増やす!!


9 熱めのシャワーで脂肪を吹っ飛ばす

湯温42度くらいのシャワーを浴びると、脂肪燃焼ホルモンが出て食欲ダウン。

 

  ぬるいシャワー はダメ。 熱いからこそ 効果的
 ↓
脂肪燃焼ホルモン アドレナリンを 増やす!!


 



今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ