生理周期にあわせたダイエット法

体重が減らない?

 ダイエットといえば、手放せないのが体重計です。まあ、これがダイエットの指標としては最も簡単で確実にわかる方法ですね。ですが、ちょっと待ってください。体重が500g増えたとか減ったとかで毎日一喜一憂する前に、体重計に乗る条件を一定にしているでしょうか? たとえばお風呂に入った後とか、空腹時に計るとかいろいろあると思います。えっ、そんなの常識ですって? はい、常識です。ですが1カ月のうちのどの時期に計るかによっても体重が変わることをご存知でしょうか?

 女性はだいたい月に一度、生理がやってくることは誰もがご存知でしょう。実をいうとその周期によって体重が増減するのです。まずはこれを知らないと、体重が減らない時期に、頭をかかえることになります。つまりがんばっても体重が減りにくい時期があるということです。


女性は生理の周期によって体重が増減します


生理直前、体重は重くなる

 女性は生理が来る1週間前は体重を増やそうとカラダのシステムが働きます。これは受精卵を迎える準備をしようとするからです。万一、卵子が受精した場合、この時期に十分な栄養分がないとスムーズに妊娠しないからです。だからカラダは水分やエネルギーを蓄えようという方向に向かうのです。

 この水分やエネルギーを貯蓄しなさいと指令するのがプロゲステロンというホルモンです。卵巣で作られるホルモンなのですが、これが生理の1週間前くらいから生理直前にかけて多量に分泌されるのです。

 おかげでカラダはむくみやすくなりますし、体重も減りにくいという現象が起きます。ですから、生理前に体重計に乗るとためいきをつくことになります。このときにあせって、もっと食事を減らそうとやっきになっても意味がありません。体重が増えても、減らなくても、この時期はしかたがないとあきらめなければなりません。

 ちなみに、プロゲステロンは性欲を奪う作用があります。肉体にとって、ちょうど受精卵が子宮に着床する時期なので流産を防ぐ意味でもセックスをなるべく避けるようにするためです。すなわちエストロゲンは女性を美しくするホルモンであるのに対し、プロゲステロンは女性を美から遠ざけるホルモンといえます。なにせ性欲が出ないし、発情しにくいのですから、恋のロマンスもこの時期は生まれにくくなります。肉体的のみならず、精神的にもブサイクになる時期といえるでしょう。

ピルを服用すると体重が増えるし減らない

 避妊のためにピルを服用している女性の方も大勢おられると思います。実をいうとピルはプロゲステロンが主な成分となっています。ですからピルを飲んでいると体重が減りにくいのです。そういう意味ではピルはダイエットの大敵ということになります。

 もともとピルは女性を「妊娠している時期」と同じホルモン状態にして排卵を起きなくさせる薬です。ピルは太りやすい体質を作る方向に向かわせます。

 また、ピルは男性に対する恋心や情熱を大幅に低下させますから、女性らしいかわいい振る舞いを男性の前でとりにくくなります。当然、それが原因で別れるカップルも多く、アメリカではピルを6カ月分くらい処方すると、それ以来病院に来なくなる人が多いといいます。彼氏と別れてしまってピルが不要になるということです。

 ちなみに、アメリカの一部の州では凶悪性犯罪者の男性に対し、ピルを服用することを条件に刑を軽くするということが行われているようです。おもしろいことに男性にピルを服用させると、性欲がゼロ近くになり、量が多いと勃起すらしなくなります。これを化学的去勢と呼ぶそうです。

 ピルはそれほど人間を発情させない力を持っているということになります。女性の美は発情することで得られることは前回述べたと思いますが、それを抑えてしまうのですからピルの副作用にはちょっとばかり困ったものです。


生理直前はホルモンのプロゲステロンが「栄養や水分を貯蓄せよ」と命令を下しているためやせにくい


生理前になると食欲アップの訳

 プロゲステロンは性欲を低下させますが、同時に食欲も低下させます。ところが生理前になるとプロゲステロンがいきなり急降下することになります。それまで食欲や性欲をある程度抑えていたものが急速に取り払われるわけですから、その反動で性欲や食欲が一気に目覚めることになります。ですから、生理前は能動的な性欲が生まれたり、食欲が旺盛になったりするのです。

排卵日ダイエットのすすめ

  ダイエットをするために重要なことはなんといっても運動と代謝を活発にさせることです。こうしなければ体内に入ったカロリーを外に出すことができないからです。では、運動と代謝にもっとも大切なのは何でしょう? 筋肉です。

 筋肉は体内の運動器でもあり発熱器でもあります。いっぱい運動していっぱい発熱すれば、カロリーが消費されていきます。だからこそ筋肉をつけることがダイエットのカギを握るわけです。

 では、ここでとっておきの筋肉をつけるための情報をお伝えしましょう。それは、筋肉は男性ホルモンが存在しないと、なかなかつかないということです。女性にも少量の男性ホルモンが分泌されているのですが、これが最大に分泌されるのが排卵日なのです。しかも排卵日はエストロゲンも最大に分泌されていて、意欲が最高にアップします。ですから運動をして効率的に筋肉をつけるためには排卵日付近に筋肉トレーニングをするべきなのです。

 そうすればダイエットは効率がよくなります。逆に男性ホルモンの天敵であるプロゲステロンが最大に分泌されている生理前1週間から生理前は筋肉トレーニングをしても筋肉がつきにくく、時間や労力をかけるわりにその効果が少なく、無駄になりやすいといえます。

 これは決して、生理前に運動をするなという意味ではありません。運動は毎日続けるほうがいいに決まっています。ですが、その筋肉トレーニングにも緩急をしっかりつけて、排卵日付近に強化するほうが効果があるということです。そしてこの排卵日付近は比較的順調に体重減少を達成できます。

 排卵日はだいたい生理の2週間前となっていますが、もしそれがいつかわからないという方は『レディデイ』(株式会社プレンティー)などの排卵チェッカーを利用するのも方法です。


ダイエットを効率よくする秘訣は、「排卵日付近の筋トレ」です!


コミック画像

マンガ・野村ポレポレ



今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ