あったか入浴ダイエットの方法と効果

高温反復浴の効果的な方法

「忙しいからお風呂はさっとすませたい」「長湯するのはあまり好きではない」という人には『高温反復浴』がオススメです。高温反復浴とは、42~43℃の熱めのお湯に短時間、何回かに分けて入浴する方法のこと。お湯の温度が高いので、短時間に何回かに分けて入るのです。お湯の温度が熱すぎると、じっと入っていることが難しいうえにのぼせやすくなってしまいます、この場合の適温を必ず守ることが大切です。

高温反復浴の効果的な方法

  1. ■かかり湯 1分
    まず、お湯に体を慣らすために必ず湯船のお湯を体にかけましょう。ぬるめのお湯を、心臓から遠い部位からかけることによって徐々に体がお湯に慣れます。

  2. ■最初の入浴 3分
    42~43度のお湯に3分間入ります。入る時は一気にざぶんとはいかず、ゆっくりと入り、肩までしっかり湯船に浸かります。

  3. ■休憩 5分
    体を休めるために一度湯船から上がります。時間を有効に活用するために、ここで体か頭を洗うとよいでしょう。

  4. ■真ん中の入浴 3分
    もう一度湯船につかります。

  5. ■休憩 5分
    再度お風呂から上がり休憩をしましょう。この時、先ほどの休憩時に洗わなかった、頭か体を洗うとより時間を効果的に活用することができます。

  6. ■最後の入浴 3分
    最後にもう一度湯船につかります。最後の入浴なのでリラックスしてのびのび入りましょう。

  7. ■風呂上がりの休憩
    お風呂から上がったらゆっくりリラックスして休みましょう。水分補給を忘れずにしてください。



今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ