朝だけフルーツダイエットの方法と効果

フルーツだけで本当にやせる?

フルーツだけで本当にやせる?


欧米で話題沸騰の「ナチュラル・ハイジーン」

私たちが健康的で若々しく、スリムな体型でいるための鍵がフルーツにあるといったら、皆さんは驚かれるでしょうか? けれども、私たちとほぼ同じ遺伝子を持ち、消化器官の形態がほとんど変わらない野生のチンパンジーは、フルーツを主食にして動物性タンパク質(昆虫やほかの小動物)はごく微量にしか摂取しないのに、筋肉質な体、高い運動能力を維持しています。このことからも、フルーツが私たちの体に有益なことがおわかりいただけるはずです。
いま、欧米では「ナチュラル・ハイジーン」という健康科学理論にもとづき、フルーツと生の野菜をたっぷり食べることで健康を維持し、さらには肥満や病気を克服している人たちが急増しています。


フルーツは体をキレイに浄化してくれる

タンパク質も糖もファイトケミカル、ビタミン、ミネラル、食物繊維も含む完全食、フルーツ。その大きな特徴は、私たちの体内毒素を排泄する働きにあります。
体は本来、体内毒素を自ら排泄する働きを備えていますが、ナチュラル・ハイジーンの考え方では午前4時から正午までが最も排泄にふさわしい時間帯としています。
ただし、その排泄の時間帯にごはんや肉・魚を食べてしまうと、体はこれらを消化・吸収することにエネルギーを浪費してしまい、完全な浄化活動にまで手が回らなくなります。
いっぽうフルーツは、豊富に含まれる酵素のおかげで、熟す段階ですでに消化がすんでいるため、私たちの体が自前の酵素を使って消化しなくても、10〜20分で胃を通過してエネルギーを補充。しかも、フルーツに含まれる酵素は、体内にため込まれている毒素をかき集めて、排泄させるのにも役立ってくれるのです。
酵素は、消化や浄化だけでなく、エネルギーの代謝や体の生命機能すべてに不可欠な要素。しかし、私たちの体が一生のうちにつくり出せる酵素の量は限られているので、酵素の節約こそがアンチエイジングの秘訣なのです。


朝にフルーツを食べるだけの手軽さが魅力

また、フルーツにたっぷり含まれる水分は、ただの水とは違い、太陽エネルギーを豊富にたたえた生命力あふれる水です。
こうしたすばらしい要素を持つフルーツに助けられ、体内の老廃物がスムーズに浄化されれば、太ることはありません。
ナチュラル・ハイジーンは、本来、昼も夜もフルーツ(木の実や種子類、豆類も含む)と野菜中心の食生活を理想としていますが、朝食をフルーツにするだけでも、ダイエットや健康増進に大いに役立ちます。
毎朝、おいしいフルーツを好きなだけ食べる、というだけですから、きっとつらくはないでしょう。日本のみなさんもぜひトライして、その効果を自ら体験していただきたい、と思います。


フルーツの5つのパワー

《プロフィール》ヘルス・エデュケーター 松田麻美子 先生

自然健康・治癒学博士。日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長。1992年「アメリカ健康科学カレッジ」卒業。2006年「米国ナチュラル・ヘルス大学」卒業。日本におけるナチュラル・ハイジーン(自然の法則に基づく健康科学)のパイオニアとして活躍。ヒューストン在住。著書『常識破りの超健康革命』『50代からの超健康革命』『子供たちは何を食べればいいのか』。

フルモニ

訳書『フィット・フォー・ライフ』は欧米で1200万部を記録した栄養学の名著。監修を手がけた『フルモニ!』(グスコー出版刊)も好評発売中。



今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ