太もも速やせ動作ダイエットの方法と効果

太もも速やせ動作 基本のやり方

これが噂の内ももやせエクササイズ 毎日のくり返しが大切

 太もも速やせ動作はひとりででき、速効性があり、手間もかからない、という非常に楽な動作です。しかも、すべての動作がイスにすわったまま可能なので、運動が苦手というかたでも大丈夫。もちろん、場所も選ばず、特殊な器具や食材を購入する必要もありません。時間も1回10分程度なので、忙しいかたにもおすすめできます。
 速効性があるため、どんなダイエットもいままで三日坊主だった人もきっとつづけることができるでしょう。個人差こそありますが、だいたい太もも速やせ動作を始めて10日間程度でマイナス2~3cmは効果が出るはずです。
数字で示すと小さいようですが、太ももの2~3cmはかなりのサイズダウン。サイズだけではなく、足の筋肉の向きが変化してシルエットが驚くほど変わっていくのです。
 さらに太もも速やせ動作は、骨盤の歪みが治るため、肩こり、腰痛、頭痛、膝の痛みにも効果が期待できます。もちろん薬を使うわけではないので安心です。
太もも速やせ動作の1回の効果は時間が経過するとある程度は元に戻ります。が、繰り返し行うことで細く引き締まった太ももを手に入れることができます。ぜひ、太もも速やせ動作で、細く引き締まった健康的な脚を手に入れてください。

太もも速やせ運動のポイント3カ条

1.背筋は伸ばした状態で、イスにすわる
背筋を伸ばして、上半身が左右にぶれてない状態で行うのがポイント

2.ひとつひとつの動作をていねいに行う
動作が単純なだけに、効果を上げるためには、ひとつひとつの動作をていねいに行う。左右の膝もできるだけ密着させて

3.足踏みは、つま先をつけた状態で行う
足踏みは、かかとのみ動かすようにする

基本その1

  1. 両脚を閉じた状態で、背筋を伸ばしてイスにすわる

  2. 両手(手のひら)をももへ向けて、内もものつけ根部分に入れる

  3. 内ももの肉を上に持ち上げながら外側に押し広げるように力を加える(手の位置は内もものつけ根のまま)。脚はそれに逆らうように、左右の膝を閉じるよう力を入れる

  4. 膝は反対にきっちり閉じる 手のひらで外側に押し広げる 足踏みはつま先をつけた状態で

    そのままの状態(内ももの肉を上外側に押し広げた3.の状態)で左右交互につま先をつけたままの足踏みをする。慣れるまでは無理をしない程度の回数で、慣れたら30回にふやす

基本その2

  1. 背筋を伸ばした状態でイスにすわり、両脚をできるだけ広げる

  2. その状態で両手(手のひら)を、外側から両脚の太ももの裏側に入れる

  3. 太ももの裏側の肉をつかむ感じで、左右の手を外側に引っぱる

  4. 3の状況をキープしたまま、左右交互につま先をつけたままの足踏みをする。慣れるまでは無理をしない程度の回数で、慣れたら30回にふやす

基本のやりかた それぞれ、1日2回、朝晩に!



今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ