足やせ腕組みウォーキングの方法と効果

足やせウォーキング練習法

まず家でやって欲しいのがこの練習法。最初はロボットのようにギクシャクした歩き方になりますが、慣れてくると太ももの力の抜き加減などがスムーズに行えるようになります。

  1. 1.足の親指のつけ根とかかとを意識しながら、かかとに軽く重心がかかるようまっすぐに立つ。

  2. 2.軸足側に片足立ちができるくらい重心をおき、片方のひざの力を抜く。(※膝カックンされたような感じ)

  3. 3.曲がった膝を、膝下だけ前方に伸ばす。

  4. 4.足を伸ばしたまま、全身の重心を前に移動しかかとを地面につける。

  5. 5.上半身の重心を前方へ移動するように意識して。

  6. 6.そのまま後ろ足を揃える。

  7. 7.逆側の足で(1)~(6)を行う。繰り返す。

足やせ腕組みウォーキング

練習法に慣れたら実際のウォーキングへ!

  1. 1.足の親指のつけ根からかかとを意識しながら、軽くかかと重心でまっすぐに立つ。

  2. 2.一歩目の出足の膝をいったん膝カックンのように力を抜いて曲げ、膝から下を前方に伸ばす。

  3. 3.足を伸ばしたまま、全身の重心を前に移動し、かかとを地面につける。

  4. 4.上半身を下半身の動きに合わせ移動させる。重心を前方へ移動するように意識する。

  5. 5.逆側の足の膝の力をいったん抜き、そこから膝下を前方に伸ばす。以下繰り返す。

ポイントその1・太ももの力は抜く・膝の力は抜く・ふくらはぎで蹴りだす ポイントその2 ○足はまっすぐに ×内股過ぎ ×がに股過ぎ



今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ