ポイント
歯の治療は時間的にも金銭的にも大変な負担となります。虫歯は予防すれば必ず防げるもの。多大な出費にあとで泣くなら、毎日のケアを大切に

虫歯になったら「即受診」

虫歯になってしまったら早めの治療が大切。歯の状態が悪くなればなるほど、大きな負担となります。

小さい虫歯なら

歯をちょっと削ってレジンという白い粘土のような物を詰めます。これなら1日で治療が終わり、自己負担も1,000円~1,500円程度で済むでしょう。


神経を抜かないといけないとなると

麻酔をして神経をとり、消毒をしてから詰め物をします。治療はまず1日では終わらず、状態が悪くなればなるほど通院の回数も増えます。自己負担は、歯の状態によるので一概に言えませんが、5,000円~6,000円程度かかっても仕方ありません。

自己負担は医療費の3割。実際にかかる費用は自己負担の3倍以上です。たとえば、麻酔をして神経を抜く「抜髄」という処置は、それだけで5,000円以上かかります。


歯の治療と健康保険

歯の治療は原則としてすべて保険でできます。しかし、耐久性や審美性で、より優れたものを望むと自費診療となることがあります。一般に保険外の材料の方が高度なテクニックを駆使して、より精巧な歯をつくることができるため、医師は自費診療をすすめることがありますが、治療内容を決めるのは患者自身。治療にあたっては、十分に説明をしてもらい、納得したうえで治療を受けることが大切です。

自費診療は重い負担

自費診療は全額自己負担。保険診療のようなルールがないため、費用は歯科医が設定する金額次第となりますが、「万単位」の重い負担となることは避けられません。
 たとえば、セラミックの歯であれば、1本8万円前後に設定されていることが多く、10万円を超えるケースもしばしば見られます。また、インプラント治療などでは、1本で30万円以上に設定されることも珍しくないので、治療する本数によっては100万円を超えてしまいます。