一人で抱え込まないで!転職に関わる悩みは人に相談を

まずは家族や友人に相談してみるところから

 転職を考えるきっかけと転職後のビジョンによっては、生活を共にしている家族などに影響が出ることがあります。勤務時間や通勤時間の変化によって、自分以外の人の生活に変化があると考えられる時には、やはり事前に相談しておくのがよいでしょう。
 家族に相談することで何らかの協力が得られ、転職をしないという選択肢が生まれたり、より良い転職先を選べるようになるなど、条件が変わる可能性もあります。まずは身近な人と話し合う機会を設けてみましょう。
 
 また、職場や仕事に悩みがあり転職を考えている時には、友人に話を聞いてもらうのもおすすめです。薬剤師以外の人、環境の違う人からの目線を得ることで、新しい発想にたどり着けるかもしれません。

同業者からのヒアリングも大切なポイント

 仕事をしている環境や、給与・福利厚生などの労働条件などについて相談する相手として適しているのは、やはり同じ職に就いている人です。大学時代の友人や以前の同僚などと連絡をとり、専門的な悩みなどを交えて転職について相談に乗ってもらいましょう。職場の同僚には話しづらい悩みなどがあっても、率直に打ち明けられるのではないでしょうか。
 
 同じ薬剤師という同じ資格を有していても、実際の仕事や勤務形態には幅広いものがあります。薬剤師の資格を生かしながら、自分とは異なる仕事を手がけている人に会い、実際の仕事や待遇などについて、具体的な話を聞いてみましょう。転職に役立つ情報となるだけでなく、何人かの人から話を集めることで気づかなかった注意点が見えてくるかもしれません。
 
 同業者に相談することのメリットは他にもあります。転職経験者に話を聞く機会があるならば、経緯や感想といった生の情報を知ることができるかもしれません。また、特定の仕事や会社、病院についての業界ならではの情報交換を行うことで、転職に生かすことも可能になります。ネット上などから得られる情報よりも鮮度があり、信頼度についても知人であるため判断しやすいでしょう。

転職の専門家は幅広い情報を持っている

 薬剤師の転職を専門に取り扱っているコーディネーターや転職コンサルタントは、プロとしての知識や情報網を持っています。業界の動向や、薬剤師資格が求められる仕事の詳細について深く知る存在であり、仕事として薬剤師の転職の相談を受けてくれる存在です。
 
 具体的には、薬剤師としてのキャリアアップの漠然としたイメージを具体的に示してもらえたり、希望するビジョンに対して足りない部分や努力の必要な点を指摘してもらえるかもしれません。時に耳に痛い部分もあるかもしれませんが、前向きに転職を検討している人にとっては、有益な情報も多いはずです。
 
 結婚や出産などでキャリアにブランクができている薬剤師の就職や、明確なキャリアアップのプランを持っている薬剤師の転職についても、コンサルタントや転職エージェントを活用することで、簡単に悩みが解決できるケースもあります。自分の持つ強みや、希望などをしっかりとすくい上げてくれる、信頼できる相談相手と巡り会うことが、転職を成功させるカギとなるかもしれません。
 転職に関わる悩み事は、一人で抱え込んでしまわずにいろいろな人に話すことで解決していきましょう。身近な立場の人々、同業者、転職のプロは三者三様の立場や目線を持っています。それぞれの異なる視点を頼りながら、理想の転職を目指しましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!