どんな人に向いている?調剤薬局で働く薬剤師の適性とは

調剤薬局で働く薬剤師の適性とは?

 調剤薬局では、患者が持参した病院やクリニックで発行された処方箋をもとに薬を調合しています。もちろん、ただ調合した薬を渡すだけではなく、患者の日常的な服用薬やアレルギーの有無、他の医療機関で処方された薬との相互作用を確認する業務も行います。服薬指導として、飲み方や保管方法のも伝えるなど、安全に薬を服用するサポートも仕事です。このように多様な業務がある薬剤師の勤務先には様々な場所がありますが、調剤薬局で働く人には、どのような適性が求められているのでしょうか。

薬剤師は安定志向の人向き

 調剤薬局での仕事は比較的単調で、毎日同じようなルーティンワークが中心です。人気のあるクリニックの門前薬局では、多忙を極めることもありますが、比較的就業時間が安定した仕事です。管理薬剤師のポストに就ける人は限られており、同じポジションで長期間就業するケースが多く見られます。給料も短期間での大幅な上昇が見込めないのが現実です。こうしたことを考えると、安定志向の人に向いた職種と言えるでしょう。結婚、出産を経て、家庭を優先しつつ働きたい女性にとっては、パート勤務という選択肢もあるため、働き続けやすい職場です。パート勤務では、半日のみや週2~3日、土曜日のみといった働き方もできます。

責任感を持ってコツコツ正確にやり通せるか

 薬に対する専門知識が必要とはいえ、調剤薬局での業務は、ある意味単純作業に近いものがあります。しかし、調剤作業は、誤った処方をしてしまうと、人命に関わるリスクのある重要な仕事です。気のゆるみは、事故につながってしまう恐れがあります。同じような業務を日々ミスなく続けていくためには、正確な仕事をこなし、責任感を持ってやり通す力が必要です。コツコツと仕事をこなしていくことが好きな人に、向いているでしょう。

患者とのコミュニケーション能力も必要です

 患者の他の服用薬や副作用歴、アレルギーなど、調剤薬局の薬剤師は、正確な情報を患者からヒアリングしなければなりません。聞き取りミスによっては、薬の相互作用が重大な事故を起こしてしまう可能性があります。また、服薬指導においては、粗雑な言葉を使ったり、説明がわかりにくかったりすると、患者からの信頼も失ってしまいます。接客業の意識をもって、気持ちのよい応対を心掛けましょう。調剤薬局への勤務では、患者と良好な関係を築けるコミュニケーション能力も求められています。

職場の仲間との協調性

 調剤薬局の業務は、基本的に外出がなく、同じ薬剤師のメンバーと毎日、勤務時間中ずっと一緒に過ごすことになります。同じ仲間で、円滑に業務を進めていくためには、協調性を持つことが大切です。薬に関わる専門的な知識が必要なことは当然ですが、職場の輪を乱さない人間性も重視されます。また、調剤と調剤した薬が処方箋と合っているかチェックする監査は、通常2人で担当します。そういったシーンでも、お互いに仕事がしやすく、間違いがあった場合には指摘しやすいなどの雰囲気や配慮が求められるでしょう。
 単調な仕事になりがちな調剤薬局の仕事は、ルーティンワークの好きな安定志向の人に向いています。ただし、職場での人間関係や患者との良好な関係を築く、コミュニケーション能力も求められていることを忘れないようにしましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!