病院薬剤師の仕事内容とやりがいポイントを知ろう!

拡大している病院薬剤師の活躍範囲は?

 病院に勤める薬剤師は、調剤を行い、患者さんに服薬の指導を行うことだけではなく、医薬品の管理全般や薬歴の管理なども担当します。加えて注目されるのが、医師たちとチームを組んでの治療スタッフとしての一面です。病院内で医療分野の専門化が進む中で、薬剤師の仕事にも多様性と変化が現れてきていると言えるでしょう。調剤と服薬指導には大きく分けて二種類があり、外来患者向けと入院患者を対象とした仕事に分かれています。外来では、診察後の患者さんと一時的に接するだけですが、病棟勤務では入院患者と継続的にコミュニケーションをとることになり、服薬の指導についてもよりしっかりと行うことができます。さらに一歩進んで、医師や看護師と共に治療に関わるチームの一員となり、薬の専門家として情報提供をしたり、アドバイスを行う薬剤師も増加してきています。薬物療法などを専門とする薬剤師や、特定の分野の専門家として活躍するケースもあり、薬剤師の活躍の場はどんどん広がりつつあるのです。薬剤師にとって、先進治療に使われる医薬品など、最新の医薬品について知る機会が多いことは、病院勤務ならではの魅力です。新薬の治験などに携わることもあり、経験を吸収することでより深い知識を身につけられるでしょう。また、医師と同じように、がんや伝染病対策など、特定分野に特化した薬剤師となる道もあり、キャリアプランの方向性の幅は大きく広がっています。

医療の最前線ならではのやりがいがある病院薬剤師

 病院薬剤師は、数ある薬剤師の仕事の中でもやりがいを大きく感じられる職業だと言われています。その理由としてよくあげられるのは、治療の現場で重要な役割を担うことができ、専門家としての喜びをより深く感じられるという点です。病棟勤務において、自分の知識や意見が治療方針に生かされる機会があり、医師からのフィードバックも受けられます。スタッフ間でのインタラクティブなやりとりが成立することで、チーム医療に参加しているという実感が得られ、治療が成功した時の達成感もやりがいとなるでしょう。薬剤師としてハイレベルな知識欲を満足させられる部分だけでなく、人と接することで感じる日常的な楽しみもあるのが病院です。来院してくる患者さんからお礼を言われる瞬間など、仕事中に出会う人とのふれあいを通して、薬剤師でいることの喜びを再確認できます。

成長し続けられるという魅力も

 決まった仕事を繰り返すだけではない病棟勤務では、経験を積み重ねることで薬剤師としての技術を向上し続けることができます。次々に現れる新しい治療方法や新薬についての勉強を続けることに加えて、実際の経験が大きな財産として残っていくのです。長い経験を持つ実力のある薬剤師は信頼も厚くなり、同じ病院薬剤師として転職を考える時に有利な条件となります。個人として、専門家として成長を続けられることそのものに、やりがいや魅力を感じる人も多いのです。
 病院薬剤師の仕事は薬局やドラッグストアなどよりも募集は少なく、人気の割に募集が少なめの職種です。薬剤師としての真骨頂ともいえるだけに、やや狭き門となりますが、研究職よりもみつけやすい職種となります。転職先として検討している人は、早い段階から求人情報を集め始めるのがおすすめです。