6年制制度で何が変わった?6年制制度にした狙い

実は6年制になったのは最近!

 薬剤師の教育課程が6年制がスタートしたのは、2006年と比較的最近のことです。具体的には、薬剤師専門の6年生の課程と、薬剤師資格を持たない薬剤師の知識をもつ4年制に分けられました。現在、教育課程の課程の変化に伴い、薬剤師の資格を持てる薬剤師国家試験を受けることができるのは6年制課程のみになったのです。ただし、2017年の卒業生までは6年制課程学習者と同等と認められた場合には、試験を受けることが可能な特別制度が設けられています。

現在も続く4年制課程の必要性とは?

 現在の薬剤師制度では、主に6年制課程を卒業したものだけが薬剤師の資格を得られる試験を受けることができます。それでは、6年制が導入された後も存在する薬学部の4年制とはどういった役割があるのでしょうか?4年制課程には、薬剤師とはまた違った役割が期待されています。4年制課程では、通常の薬学部6年制同様に薬学の知識を学ぶ課程ですが、現場で働く薬剤師を育成するのではなく、薬学の将来研究に携わる人材の育成を目的にしています。現在薬学の知識が必要とされるフィールドが広がっているからです。例えば、治験サポートの業務を担うCROやSMOが挙げられます。

6年制課程になって実習が長くなった!?

 6年制課程に移行してから、より実習を重視するようになり、実習期間も長くなりました。病院での実習と薬局での実習を合わせて約半年間の実習期間が設けられています。では実習期間を長くした狙いは何なのでしょうか?
 
 1.薬剤師としての質の向上
 学習だけでなく、実習をとして社会の中で勉学を行うことで、薬剤師としての質の向上が期待されています。社会に出てからもスムーズに業務に就くことが狙いです。
 
 2.実践的な能力の向上
 実際に薬剤師の実践的な業務に携わることで、薬剤師としての能力の向上が期待できます。

欧米式薬剤師への移行!?

 6年制課程への移行にある背景は、欧米式の薬剤師の現状に関係しています。欧米、特にアメリカ式の薬剤師の制度がベースです。アメリカでは、兼ねてから薬剤師は6年制課程で、社会的にも広く認められています。さらにアメリカでは、医療分業が進み薬剤師の仕事がより特化しています。もはや薬剤師は調剤を行う立場とは違う立場にいるのです。薬剤の下にはテクニシャンという調剤を行う職業があり、薬剤師は調剤された薬品を管理する責任者としての立場に立っています。日本でも、アメリカ式のテクニシャンという調剤助手の導入などの対策が物議を醸しています。4年制と6年制に名分化されたことで、テクニシャンの導入を始め欧米を手本にした薬剤師の法整備は進んでいくと予想されます。
 まだ6年制課程に移行してから、10年も経過していません。果たして6年制課程の狙いは今後の薬剤師の成長にメリットのあるものなのでしょうか。6年制課程を経て、2012年以降の試験からが6年制課程卒業者対象になっているため、まだ明確な答えは出ていません。ですが、今後薬剤師の環境は変化していくと予想されます。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!