ママ薬剤師に!子育てと仕事を両立させる職探しのポイント

まずはどのような働き方をしたいかを決めよう

 薬剤師にはパート・アルバイト、派遣、正社員という3種類の働き方がありますが、短時間勤務で時間の融通が利くことから、パート・アルバイトを選ぶママが一番多いようです。徐々に自分のペースをつかんでいくことが可能ですし、残業もなく、子供のお迎えに遅れる心配もありません。
 派遣の場合は、勤務時間など自分の希望条件にあった勤務先を派遣会社に紹介してもらうことができます。何かあった時にも派遣会社に間に入ってもらうことが可能です。
 すぐに正社員としてバリバリ仕事をこなしたいという方もいるかもしれませんが、残業や急な休暇がとれないといったリスクもあります。
 仕事に対する考え方は人それぞれですが、後々両立が難しくなって周りに迷惑を掛けることのないように、よく考えて決めましょう。

託児所付きの職場を選ぶとよい

 地域によっては保育園への入園待ちという待機児童問題や、核家族で子供を預けるところが確保できないなど、就職活動を思いとどまっているママも少なくありません。しかし、職場に託児所があればこのような問題が解決しますね。子供のそばで安心して働くことができますし、何より職場が子育て支援に積極的である点も頼もしいです。特に病院では医師・看護師が24時間体制で勤務していますので、託児所が設けられているところが多くあります。

保育園・職場は自宅から近い場所を

 ただでさえ子育て・家事・仕事をこなすのは肉体的にも精神的にも大変なのに、通勤・通学距離が長いとなると疲れがさらに増してしまいます。毎日子供の送り迎えと通勤をすることを考えると、自宅や保育園から近い場所で働く方が負担が少なくすむため、断然楽ですね。子供が小さいうちは、病気にもかかりやすく、保育所を早退したり通院したりするのはよくあることですので、職場から保育園へ行かなければならないこともしばしば起こります。そのようなことも考慮して、保育園と職場は近いほうが理想的です。

薬剤師の数が多い職場なら、何かあっても安心

 働くママには子供の病気など、予定外に仕事を休んだり早退する必要があることも多いでしょう。そんなとき、他の誰かに代わりを頼めるような環境であれば、お互いに協力し合えるため安心ですね。反対に、人手不足でいつも忙しい、または薬剤師が自分一人しか働いていないような職場では、子育ての急な場面への対応が難しくなってしまいます。スタッフの人数や休暇を含め、どのような職場環境であるか事前に確認できるようであれば、確認しておいたほうがよいでしょう。

子育てに理解のある職場ならママも安心

 薬剤師を取り巻く環境に限らず、子育てをしながら仕事をすることに理解のない人がまだまだたくさんいるのが現実です。面接の際に子育て中であることをあらかじめ断っておけば、職場も事前に環境を整えてくれるでしょう。いざ仕事についてから、急な子供の病気やケガに対する休暇の申し出などをした場合は、あまり良い対応をしてくれないこともあるかもしれません。必ず事前に確認しておくことが必要です。また、同じ職場にママ薬剤師が他にもいる職場では、アドバイスをもらえたり、フォローしあったりと心強い味方となってくれることでしょう。
 ママ薬剤師の就職活動のポイントを挙げてみましたが、全ての条件をクリアする職場を見つけるのはなかなか難しいものです。ママの職場復帰には、職場探し以外に特にパパの協力も必要となってきますので、前もってよく話し合っておきましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!