薬剤師から転職!薬剤師資格が活かせる仕事とは?

薬剤師資格を活かせる転職をしよう

 薬剤師としての仕事を辞めたくなったら、薬剤師資格を活かせる仕事を検討してみましょう。全く薬剤師とは関連のない業界への転職では、これまでの実務経験があまり評価されません。医療業界では、薬剤師資格を持っていることが、転職に有利な仕事があります。薬剤師の持つ医薬品に関する知識を活かすことができますし、病院や薬局、ドラッグストアでの実務経験が評価されます。薬剤師時代比較して、収入アップにつながることもあるのです。

薬剤師からの転職が多いMR

 薬剤師からの転職が増えているとされるのが、製薬企業のMR、医薬情報担当者です。以前は営業経験のない薬剤師からMRへの転職は難しいとされてきました。しかし、MRの医師への接待の禁止への動きから、医薬品の情報提供の信頼度を高めようという流れとなり、薬剤師の中途採用が増えています。薬剤師にとっても、調剤薬局での勤務者を中心に、薬局という閉じられた空間から外へ出たい、製薬企業への転職で収入がアップさせたいとの希望が多く、両者の思惑がマッチした結果といえます。
 MRは、病院やクリニックを訪ねて、自社の医薬品の医薬情報を医師などに説明し、処方してもらえるよう勧める仕事です。新薬の発売時には、医師や薬剤師を対象とした説明会を催します。副作用の情報を開発担当者にフィードバックする役割も担っています。休日出勤があり、残業が発生することも多く、売上の数字で評価されるため、ビジネス志向の強い薬剤師に向いているでしょう。

臨床開発モニターと治験コーディネーター

 臨床開発モニターと治験コーディネーターは、どちらも臨床試験に関わる仕事ですが、臨床開発モニターは製薬企業の担当者、治験コーディネーターは医療機関側です。新薬の開発に関わる業務ですので、薬剤師の持つ薬剤に関する知識が活かせます。臨床開発モニターは、治験の開始前に治験実施計画書を治験コーディネーターなどの医療機関側に説明し、治験開始後は、モニタリングといわれる治験が行われている病院の巡回を行います。担当する病院は全国各地にあることが多く、モニタリングのため、全国を飛び回る仕事です。これに対して、治験コーディネーターは、製薬企業側に立つ臨床開発モニターと病院内の治験責任医師などのスタッフ、被験者の橋渡しをし、病院内で治験が円滑に行わるようサポートする仕事です。
 臨床開発モニターは、CROという臨床開発のアウトソーシング機関での勤務が多く、製薬企業での募集は限られています。治験コーディネーターは、SMOという治験支援施設へ勤務し、契約する病院へ派遣される形が多くを占めます。臨床開発モニターは、語学力を求められ、全国出張もあるハードな一面がある一方、薬剤師時代よりも収入アップが期待できる仕事です。子育て中の人であれば、出張がほとんどない、治験コーディネーターの方が働きやすいでしょう。
 薬剤師資格を活かせる仕事はそれぞれ業務内容が異なります。後悔することのないよう、どんな仕事か理解してから、転職活動を始めましょう。企業への勤務では、ビジネススキルを求められます。転職アドバイザーのサポートを受けながら、ビジネスマナーを確認し、身に付けましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!