OLのような勤務形態で人気!企業で働く看護師になるには?

看護師としての臨床経験は必須!

 企業で働く看護師は、医務室などに配属され、従業員の健康管理を担っています。企業看護師や産業看護師と呼ばれる仕事です。企業内診療所など産業医も所属しているケースもありますが、看護師は1人体制で勤務することが多いです。病院での勤務であれば、複数の看護師が勤務しているため、先輩に教えてもらったり、同僚に相談したりし、業務を進めていくことが可能です。これに対して、企業看護師は1人で判断していくことになります。そのため企業で看護師として働くには、病院での臨床経験が必須であり、幅広い知識を持ち合わせている事が求められています。

企業看護師に有利な資格やスキル!

 企業看護師は、ケガや病気の際の処置やメタボ健診でリスクが高いと判断された従業員への健康指導を行っています。近年、ウェイトが高まっているのは、うつ病などの精神疾患が疑われる従業員へのメンタルヘルスケアです。仕事や職場の人間関係による心の不調に対してカウンセリングを行うためには、専門的な知識が必用なので、「産業カウンセラー」の資格を取得しておく有利です。また、労働衛生管理法によって、50人以上の従業員を有する企業では、管理者の専任が義務付けられているため、「第一種衛生管理者」を取得していると、、採用に有利です。企業によっては、「保健師」の有資格者を条件にしていることがあります。保健師の資格は、看護師が1年間の養成課程を修了し、国家試験へ合格して得られますので、新たに資格を取得するのは、ハードルは高いかもしれません。しかし、産業保健師として、メタボ健診の保健指導に当たるなど、仕事の幅が広がります。保健師を取得すると、、都道府県労働局への申請によって第一種衛生管理者の資格取得が可能です。また、企業看護師は、健康診断のデータ管理や医務室を訪れた従業員の記録など、一般的な看護師に比べてパソコン操作に携わることが多いです。エクセルやワードが使えることも、採用の条件に挙げられるケースが多く見られます。

人気の企業看護師は転職サイトへの登録が近道!

 企業看護師は、OLと同じように週休2日制で日勤のみであることから、人気のある仕事です。結婚や出産を経て家庭を重視したい人だけではなく、プライベートを大切にしたい独身の看護師の方も、志望する人が多く見られます。しかし、求人数は少ないため競争率が高く、すぐに採用者が決まってしまいます。転職サイトへ登録し、転職エージェントを利用することで、企業看護師の職に就ける可能性が高まります。転職エージェントは一般には公開されていない求人案件を抱えていますし、エージェントによっては、応募書類や面接の指導を受けることも可能です。チャンスを広げるために、看護師のための転職サイトへ登録してみましょう。
 人気のある企業看護師の職に就くためには、産業カウンセラーなどの資格を取得し、アピールポイントとしましょう。まだ臨床経験が浅く、企業看護師への転職が難しい場合には、まずは病院勤務を続け、幅広い見識を持つオールラウンダーを目指すのがおすすめです。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!