語学力を活かした看護師としてのキャリアアップを考える

海外で看護師として働くには?

 世界中で看護師が不足しているため、世界規模で看護師が流動しているのが現状です。日本でもこれまでの看護師としての経験を活かし、海外に活躍の場を求める人が増えています。しかし、日本の看護師資格を持っているからといって、海外で看護師として働けるわけではありません。渡航先の国の制度に従い、看護師資格を新たに取得したり、大学に進学したりする必要があります。大学では日本での実務経験が考慮され、科目が免除されることもあるようです。多くの場合、英語圏でのキャリアアップとなりますが、非英語圏で勤務することも可能。英語圏が多い理由は、先進国が多く医療技術が進んでいるからでしょう。

語学力を活かしたキャリアアップの魅力

 語学力を活かしたキャリアアップの最大の魅力は、海外の医療・看護の現場で、経験を通して看護技術が身につけられることではないでしょうか。ミスの許されない医療の現場で働くためには、当初より高い語学力が求められますが、さらに語学力を向上させるこができます。現地の看護師や医師、患者などとの出会いや様々な経験から、視野が広がり人としても幅を広げられるでしょう。また、看護師としてのキャリアアップだけでなく、医療通訳などの新たな道が広がるかもしれません。看護師もグローバルな時代。国際的に通用する看護師を目指すのも1つの選択肢です。

人気は看護留学!

 語学力を活かしてキャリアアップを目指す第一歩として人気が高いのは「看護留学」。特に、移民が多く暮らすアメリカやカナダ、オーストラリアなどは、海外からの看護師を受け入れる体制が整っているため、看護留学がしやすいのが特徴です。ワーキングホリデービザを活用し、看護インターンシップを導入している国もあり、現地の看護師資格を取得せずに、アシスタントナースとして経験を積むことができます。最先端の医療を提供するアメリカでは、キャリアアップのシステムが充実。カナダは看護師の地位が高いことで知られています。オーストラリアは上記2カ国より看護師の資格が取りやすいのが魅力。それぞれの特徴を考慮し、留学先を決めるようにしましょう。

海外勤務のメリット&デメリット

 海外で看護師として働くメリットは、前述した以外にもあります。まず、欧米諸国であれば、年に2回程度2~3週間の休暇を気兼ねなくとることが可能。日本ではなかなかとれない長期休暇は魅力的です。また、カナダのように看護師の地位が高い国があり、収入面でのメリットも期待できます。看護師が不足している国では、ビザの取得が容易であったり、また、優遇されていたりすることもあるようです。一方、文化や習慣の違い、語学力の向上、ミスの許されない環境でのコミュニケーションなど、乗り越えなければならない試練が多く、楽しいことばかりではありません。また、現地の看護師資格を取得するためには、看護留学やインターンシップなどに高額な費用がかかるデメリットもあります。
 海外で看護師が語学力を活かしてキャリアアップを成功させるには、モチベーションを高く保つ工夫が必要となるでしょう。試練に負けない「精神的な強さ」と「ポジティブ思考」を身につけ、世界の医療現場で活躍してください。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!