薬剤師に求められるスキルって?30代からのキャリアパス

薬剤師のお仕事概要

 薬剤師の業務内容は、薬剤の調合や研究です。具体的には調剤薬局の場合には、医師の処方した処方箋を元に薬剤を調合し、その患者の症状に適しているかチェックを行います、また、患者へ薬を処方する場合に、薬の飲み方やタイミングを説明することも大切な仕事の一つです。病院内勤務の場合には、薬の管理はもちろん、点滴や注射等の輸液の管理、準備等も薬剤師の仕事です。その他、薬剤師の仕事は、製薬会社や健康食品会社の研究所等でも幅広く求められています。専門性の高さや、求人の多さ等で人気の高い職業の一つとなっています。

薬剤師に必要なスキルは?

 薬剤師になるためには国家資格が必要となります。国家資格を取得するためには、大学の薬学部又は、薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を修了し国家試験に合格する必要があります。また、人の命に関わる大切なお仕事ですので、細かい作業に集中するための注意力が必要となり、常に新しい薬剤について理解するために勤勉であることも大切なスキルと言えます。その他、薬剤の説明を患者に行う、コミュニケーション能力も必要です。また、患者の薬剤のデータをパソコンで管理する場合が多くあるため、基本的なパソコンの操作スキルも求められています。

30代からののキャリアパスとメリットは?

 薬剤師を勤める上でのキャリアパスは、例えば薬剤師の責任者である管理薬剤師を目指す道があります。管理薬剤師資格を取得することで道が開きます。その他具体的には、毒物劇物取扱責任者や、食品衛生管理者、医薬部外品、化粧品、医療器具の製造(輸入販売)責任技術者等の取得で更に選択肢が広がります。これらの資格を取得することで、より専門的な分野で薬剤師のスキルを活かしていくキャリアも考えていけます。また、全国には調剤薬局や病院がたくさんあるため、居住地が変わったとしても、転職の道が多く開かれていると言えます。30代からの特徴としては、出産等で一旦キャリアの道を中断したとしても、研修を受けて復職することが可能なことです。また、年齢を重ねるにつき、自分の身体にも不調が出ることがあり、より患者の気持ちを理解した上で仕事が行え、経験と年齢を活かせる仕事と言えるでしょう。薬剤師の魅力は比較的男女平等ということも挙げられます。
 薬剤師の仕事について、必要なスキルやキャリアパスについてご紹介しました。技術や資格を身につけることで、薬剤師としての職業は長く活かせる仕事となります。薬剤師からのキャリアパスの道も開かれているので魅力ある職業と言えるでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!