がんばれアラフォー薬剤師!40代が活躍するリアルな仕事場とは

仕事場1.一握りのキャリア組!製薬会社のMR

 薬学部を卒業してその勢いで製薬会社へ入社。30代は病院向けの医薬品などの営業に明け暮れ気づけば独身40代。アラフォーにもなれば会社でのポジションも順調にアップして他の職場の薬剤師よりもお給料が高いのも事実です。仕事はもっぱら営業なので自らの成績がお給料に影響します。やり手の営業マンになれば40代でかなり安定したお給料をもらえます。しかし女性の場合は、結婚を機に寿退社する人が多く、40代で会社に残っている人は少数派です。ちなみに製薬会社のMRとなるとサラリーマンよりもお給料が高く平均で年収1000万円前後は稼ぎ出すことができます。

仕事場2.目指せ本社勤務!ドラッグストアの重鎮

 製薬会社の次にお給料が良いのがドラッグストア勤務の薬剤師です。20代~30代は店舗に立って体に鞭打つ生活が続きますが、40代まで居残れば本社勤務に異動して管理職まで上り詰める可能性が出てきます。40代でドラッグストア勤務となると店長クラスになります。割と自由に店舗にまつわる様々な分野に貢献できるので、薬剤師としてではなくドラッグストア経営にも携わることができます。病院勤務とは違い医学知識を習得して薬剤師として成長できるような環境ではありませんが、重労働が減りお給料も上がるので本社勤務まで上り詰めれば御の字です。特に活気のある大きめのドラッグストアは病院や調剤薬局よりも数段お給料がいいので、薬剤師としてスキルを高めると言うよりは「安定」を求める人が好んで就職しています。

仕事場3.心労が絶えない?!ハードな職場・調剤薬局

 安定した職場という理由で多くの女性が活躍する調剤薬局、特にアラフォー女性が多く働いています。仕事と家庭を両立する上では働きやすい調剤薬局ですが、昇給制度が乏しい職場柄キャリアアップを目指す薬剤師には適していないのが現状です。調剤薬局は勤務時間に融通が利くので、子供を抱える40代女性が多く活躍しています。職場の事務員さん、パートさん、大量に押し寄せる患者さんへの細かい気遣いなど人生経験が豊富なアラフォー薬剤師が抱える悩みは尽きません。同僚には薬剤師の資格を持っていない事務員さんが多いので、自らが責任を持って薬の調合の指示を出したり正確な情報を提供する義務があるので心労を抱える薬剤師が多いのも現状です。

仕事場4.勉強熱心な40代が活躍!病院薬剤師

 
 勤務する仕事場にもよりますが、病院薬剤師は常にお医者さんや看護師さんとの交流を通して最先端の医学に触れることができます。そのため多少お給料が低く勤務時間がハードでも病院という環境で働きたいという40代の薬剤師が多いのです。特に40代に多い産休などで仕事をしばらくお休みしていた、大昔に薬剤師として働いていた、という経験にブランクがある人でも派遣やパートなどで病院薬剤師として再び働きだすことができるのも魅力です。
 40代は人生の大きな転換期ともいえる年代です。アラフォー薬剤師が目指すキャリアアップは人それぞれの人生によって仕事場も変わります。あなたの生活スタイル、薬剤師としての希望にマッチした職場を見つけてみませんか?!
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!