まだまだ現役!50代の薬剤師が活躍している仕事場とは

「働きやすさ」で選ぶなら町の門前薬局

 50代という年齢で転職を考えている薬剤師さんが求めること、それは「働きやすい環境」です。30代~40代で病院勤務などをしていた人は、忙しい職場を離れて少しペースダウンをした働き方を選ぶために転職を考えます。町の門前薬局はパートタイムで働けることから、年齢を重ねた薬剤師さんの生活スタイルに合わせた働き方ができるのです。大小様々な病院には門前薬局はつきもの。自分の働きやすい環境にある門前薬局を選びましょう。

ドラッグストアで経営面にも参加する

 ドラッグストアには薬剤師の常勤が求められています。若い年齢の薬剤師やパートやバイトさんも多く活躍するドラッグストアですが、お客様の要望を考えると経験と実績もある40代~50代の薬剤師の存在も貴重です。50代の薬剤師がドラッグストアで働くということは、経験の浅い薬剤師の指導から店舗の経営や企画まで、薬剤師の仕事の以外でも活躍できます。特に好奇心旺盛であらゆる世代の人との交流が好きなタイプの人には嬉しい職場です。

ゆっくりしたいなら個人経営の薬屋さん

 50代を迎えて生活は安定しているけれどやっぱり仕事は続けていたい、だけど他人に合わせ時間に追われて働くことから卒業したい…。そんな薬剤師さんには個人経営の薬屋さんがお勧めです。個人経営だと信用を得ることができれば、経験豊富な50代の薬剤師にはもってこいの職場です。自分のペースで働けてお客さんとのやり取りもできるため、マニュアルにとらわれない自らの経験と人柄を重視した働き方ができるのです。50代という年齢に裏付けされたスキルを「自分らしくお客さんに提供したい」と考えるベテラン薬剤師さんが多く活躍しています。

管理職に昇進してキャリアをのばす

 比較的大きな企業で薬剤師を続けていると50代で管理職への道が開けます。今までは店舗に立って従業員やお客様への対応に追われていましたが、管理職となって本社勤務になることができます。薬剤師の現場勤務は立ち仕事が多く重労働でもありますが、管理職は従業員・医薬品・情報などの管理を任されます。これは薬剤師としての経験が長くないとできない仕事ですから、50代の薬剤師さんのスキルを発揮できるのです。薬局全体のマネージメントも任されるためスキルアップをしていくことができます。
 50代という年齢は、人によっては転職を考えたり生活スタイルを見直す時期になります。特に薬剤師という資格を持っているこの年代の皆さんは新たな人生のページを開くべく、転職を考えてはいませんか?50代の人が活躍している仕事場を参考にしてご自分に合った「働きやすい仕事場」を探しましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!