常勤薬剤師の働き方と年収の相場

薬剤師の働く場所とその年収

 気になる薬剤師の年収、いったいどれくらいなのでしょうか?
 
 一般的な薬剤師の年収は300万円~700万円程で平均が約500万円、管理薬剤師になると100万円程上乗せされます。ただ、この年収、勤務先によっても差が大きいようです。
 
 常勤で働く薬剤師の多くは調剤薬局や、医薬品を販売するドラッグストアとその併設の調剤薬局、製薬会社などの企業に勤めています。その他に、漢方薬局や病院、診療所、学校薬剤師、最近では在宅医療に関わり服薬指導をする薬剤師も増えてきました。
 
 

調剤薬局で働く

 薬剤師の多くが勤務する調剤薬局。年収は400万円~650万円の範囲が多く、管理薬剤師では年収500万円以上が多いようです。
 
 個人経営の薬局から全国でチェーン展開している大手まで、調剤薬局の形態はさまざま。大手チェーンより中小薬局の方が年収は高めになる傾向があります。
 
 また、薬剤師の数が多い都市部では比較的年収も抑えられ、薬剤師が足りない地方では600万円~750万円といった年収を提示する調剤薬局もあるようです。
 

ドラッグストアで働く

 ドラッグストアに勤務する場合の年収は400万円~700万円くらいですが、異動有りなど条件によってはそれ以上もらえるところも。ドラッグストアでは毎月5万円~10万円程度の薬剤師手当が上乗せされるため、調剤薬局に比べて年収が高めになっています。
 
 ドラッグストア勤務の場合、商品を並べたりレジ打ちなども含めた幅広い業務をこなします。調剤薬局と異なり扱っているのが一般用医薬品で、お客さんから相談される症状に対して的確な医薬品を勧め、アドバイスを行う必要があります。
 

製薬会社や医薬品卸で働く

 製薬会社勤務の薬剤師は、学術職や研究職、医療情報担当営業(MR)などの職種で勤務し、400万円~800万円以上と年収も高め。この中でもMRは特に年収が高く500万円~1000万円程度が相場です。キャリアを積めば1000万円以上ということも。外資系の製薬会社ではもっと年収が高い例もあります。
 
 製薬会社以外の企業では、食品メーカーや化粧品メーカー、医薬品の流通に関わる医薬品卸などの勤務先もあり、年収は500万~700万円程度が多いようです。
 

その他の働き方

 その他の働き方として注目されているのが、臨床開発モニター(CRA)です。これは医薬品の臨床開発試験のためのもので、モニタリングのチェックなどを行います。CRAの仕事では新薬開発や医療の知識が必要になるため、ほかである程度キャリアを積んでからステップアップという形をとる人が多く、平均的な年収は600万円~800万円程度です。
 
 開発業務受託機関(CRO)で新薬開発の臨床試験や市場調査などに携わる仕事もあります。この場合ほとんどは営業職で、年収の相場は400万円~800万円です。
 
 他にも、麻薬取締官や国立病院機構に勤務する公務員薬剤師など、薬剤師は幅広い職場で活躍しています。
 
 高い年収を望めるのは製薬会社ですが、薬剤師として患者さんと接し調剤などに携わりたければ調剤薬局。年収だけでなくやりがいや向き不向きなども考慮して働き方を選びたいものです。初任給はどこも同じようなものですが、それまでの経験やスキル、キャリアによって給料が変わるのは他の職業と同様です。薬剤師も常にスキルアップのための勉強や経験を積む必要があると言えるでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!