転職エージェントを使わず直接応募する

直接応募とは

 転職活動をする時の直接応募とはどういうやり方でしょうか。今ではたいていの企業には自社のホームページがあり、その中に採用情報のページがあります。そこに求人情報が掲載されていれば、あなたが企業に直接連絡をとって応募することが可能です。
 
 今では転職エージェントを利用した転職が多いので、その企業の求人を自分で見つけたいうことで評価が高くなるかもしれません。また、エージェント経由だと企業は採用時に手数料を払わなければなりませんので、採用コストをかけたくない企業では直接応募のほうが有利に働く可能性も考えられます。

直接応募の準備は

 直接応募の場合は自分ですべての転職活動を、責任を持って進めていかなければなりません。履歴書や職務経歴書をきちんと記入し、面接対策も十分にしておきましょう。応募する企業の社風や背景、業績などもしっかりと調べる必要がありますね。企業のホームページには載っていない情報も信頼できる口コミサイトなどを参考にして、できるだけ集めてみるとよいでしょう。
 
 直接応募の場合は採用の条件や給料の交渉などを一人で行わなければならず難しいこともありますが、エ-ジェントのコンサルタントと連絡がつかずに不採用になった、などという事態は避けられます。

デメリットもある

 直接応募すると不利になるケースも考えられます。それは転職エージェントと希望の企業が関連していたり、今までの実績などから信頼関係が出来上がっているケースです。
 
 つまり、エージェントと調剤薬局がグループ企業であったり、医療機関と深いつながりがあると、個人で直接応募するよりもエージェント経由が採用されやすいこともあるのです。
 
 また、エージェントには非公開の求人や、求人の募集背景など一般には公開されていない情報も持っているので、直接応募の場合は情報が不足することは否めません。

あなたの能力次第かも

 一人で転職活動をした場合、迷った時に相談する相手がいないので、あらゆる場面で冷静な判断が必要です。また、エージェントに支払う手数料もないので採用に有利となることもありますが、コスト削減よりも良い人材を優先する企業もあるかもしれません。
 
 結局のところ、採用されるかどうかは応募の仕方よりもあなたの能力次第であって、企業が求めている人材に合っているかどうかが重要になります。
 
 エージェントといちいち連絡をするのが面倒だ、信頼ができるエージェントが見つからない、エージェントのサポートは必要ないなどと考える方は直接応募するほうが向いています。個人で希望の求人先に直接応募するほうが時間の無駄にもなりませんね。
 直接応募ではあなたの求人情報の収集力が採用へのカギになります。見学会や説明会など採用へ向けての情報も掲載されることもありますので、気にある企業がある人はサイトを随意チェックして有用な情報を見逃さないことが大切です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!