成功させたい!退職してから転職活動に専念したい薬剤師のために

退職後は時間をかけて転職準備が可能

 転職活動というのはあなたの想像以上に時間とパワーが必要です。薬剤師の忙しい勤務を終えてから活動しても、なかなか思うように進まず中途半端になりがち。職場によっては面接の為の有休を取得しにくいこともあるでしょう。仕事をしながら転職先を選んで面接の準備を進めたくとも、時間が足りない場合、転職先の調査が不十分で正しい判断ができないことも考えられます。
 
 また、今の仕事を辞めるのも簡単ではありません。あなたに転職の意思があっても強く引きとめられるかも知れません。
 
 転職は今後のあなたの人生を決める大切なことです。気になる会社や医療機関などをじっくり調べるには時間が必要ですので、退職してから気兼ねなく活動するのも一つの方法です。

3ヶ月で次の職場を決めるのが理想

 退職後に転職する場合は、仕事へいく必要がありませんから転職活動に集中して打ち込むことができますね。あなたがこの転職に求めているのは何かをしっかりと考えて、理想の転職先を絞っていきましょう。候補がいくつか上がっても面接のスケジューリングは容易ですから、スムーズに転職活動が進むでしょう。
 
 また、退職していれば応募してからすぐに仕事が始められます。新規オープンの薬局など、急募の好条件の求人があれば明日からでも勤務ができることをアピールできます。
 
 理想の転職活動期間は3カ月以内と言われています。長くても半年以内で転職先を決めた方がよいです。ブランクの期間が長くなると、面接の時にこの間何をしていたのかを聞かれることもあります。

デメリットは何?

 一方、3ヶ月以内に転職先を決めたい!と考えていても、その間にあなたが思う転職先に巡り合えないこともあります。病院薬剤師や企業の求人などは、欠員が出たときの補充として不定期に募集することが多いため、あなたの転職活動中とタイミングが合わない場合も考えられます。
 
 また、仕事をしていない期間が長引くと生活が不規則になってしまいます。収入も途絶えてしまうので、早く決めなければという焦りから冷静に判断が出来なくなることもあります。転職に求める条件を妥協して転職先を決めてしまう可能性もあるでしょう。

退職後の転職活動を成功させるために

 仕事を辞めてから転職活動を行うと時間はたっぷりありますね。激務を理由に転職を決意した場合は退職後に少しのんびりしたくもなりますが、なるべく計画的に活動するように心掛けてください。
 
 転職は今後のあなたの人生を決める大切なことです。気になる会社や医療機関などをじっくり調べるには時間が必要ですので、退職してから気兼ねなく活動するのも一つの方法です。
 
 良い求人があればすぐに応募できる準備はしておきましょう。在職中から理想の転職先などを絞り込んでおくと、退職後の転職活動がスムーズにいきます。
 
 退職後は、だらだらと転職活動を続けないように気をつけましょう。面接では「なぜ辞めてしまったのか」と問われることが多いため、面接官を納得させる回答も必要です。理想の転職をかなえるために強い意志を持ち、計画を立てて転職活動に臨みましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!