大手か個人か、運営母体を調べてみよう

運営母体は大きく分けて二つ

 薬剤師が多く就職している調剤薬局やドラッグストアの運営母体は、大きく分けて大手と個人に分けることが出来ます。が、最近は大手チェーンによる吸収合併が進んでおり、聞いたことのある名前の調剤薬局やドラッグストアが増えてきています。時代とともに 町の個人薬局の数は少なくなり、大手チェーンに集約されつつあります。
 
 個人の薬局に就職しても勤務している間に薬局の経営が悪くなり、大手薬局チェーンに買収されたり系列に組み込まれたりして、途中で運営母体が変わってしまうこともあるのです。

母体が大手の場合は

 運営母体が大手企業の場合は、福利厚生がしっかりしています。多くの場合は、研修体制が充実していて薬剤師として勉強を続けていける環境が整っているでしょう。また、業務マニュアルが存在していて未経験者やブランクがあっても、きっちりと仕事をこなしていくことが可能です。店舗には最新の設備が取り入れられていることも多いです。
 
 大手では系列のいろいろな形態の店舗を回りながら経験を積んでいくことも可能です。管理薬剤師やエリアマネージャー、本部勤務などの長期的なキャリアアッププランを描くこともできるのも特徴です。
 
 デメリットとしては、個人の融通が利かない、給料が低め、他店舗へのヘルプが多すぎで大変など、マニュアル通りに仕事をこなすのが苦手な人は向かないかもしれません。

母体が個人の場合

 対して個人経営の店舗は、地域の患者さんと密着したスタイルで運営されることが多いです。大手のようなマニュアルはないので業務に対して自由に意見を述べやすく、幅広い業務を学んでいくことが可能です。一般的に個人経営のほうが給料は高い傾向で、勤務時間も個人の融通が利きやすいこともあるでしょう。
 
 基本的に異動はなく、地元に根付いて働くことができます。アットホームな環境でスキルを活かして働けるかもしれません。
 
 デメリットとしては、薬剤師の研修制度が充実していない、調剤機器のIT化率が低い、職場の当たり外れがある、将来の経営が心配、などが考えられます。

大手だからとすぐに安心はしないで

 転職を考える時は運営母体が信頼できるかどうかも大きなポイントですね。しかし、大手だからといってすぐに安心するのは禁物です。大きな規模の運営母体だから将来も安定だとか、福利厚生が整っているかどうかはしっかり調べないとわかりません。
 
 個人も大手もそれぞれにメリットとデメリットがあります。あなたが薬剤師として成長できる環境があるのはどちらの運営母体でしょうか。こっちが良いという答えはありませんので、それぞれがじっくりと考えた上で転職活動をすることをおすすめします。
 運営母体に安心感のある大手チェーンですが、配属された店舗によっても働く環境が大きく異なることもあります。働く従業員の質が高いかどうかもチェックポイントです。あなたのスキルを活かして働くことができる母体を選択しましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!