薬剤師にしか取れない資格でワンランク上の薬剤師を目指そう

ワンランク上の薬剤師とは

 ワンランク上の薬剤師とはどんな薬剤師でしょうか?近年、消費者のニーズの多様化によって顧客満足や顧客感動を重視する小売店がたくさん出てきました。病院や薬局も例外ではありません。急速に進行する高齢社会の影響で、病院や薬局がたくさん作られ、競争が激化しつつあります。その中で患者さんに選ばれるためには、普通の薬剤師では物足りません。よりその薬剤師の道を究めたプロである必要があります。薬剤師として、コミュニケーション能力に優れていることとキャリアアップしようとしていることが必要条件です。

薬剤師に必要なコミュニケーション能力って

 薬剤師はただ薬を処方すればよいだけの仕事ではありません。前述のとおり、激化する競争のなかで生き残っていくためのは、患者さんの心をつかむ必要があります。薬局も病院もサービス業と同じです。値段やサービスで差をつけることは難しいですが、接客なら差をつけることができます。
 
 患者さんは自分の薬や治療について不安を持っています。ただ無機質に薬を手渡すだけでは患者さんも不完全燃焼です。この薬のこの成分がこういうところに効くということを伝えて不安を取り除いてあげるのも薬剤師の重要な役割です。

薬剤師が取れる資格

 薬剤師の資格を取るのは非常に大変なことですよね。でもせっかく薬剤師の資格を取ったなら、そこで満足せずにワンランク上の資格を目指してみませんか?薬剤師のキャリアアップに使える資格はたくさんあります。
 
 <研修認定薬剤師>
 基礎薬学、医療薬学、薬事法関連法規などについて、決められた期間内に一定の単位をとることで認められる薬剤師の研修資格です。認定されると、自己研鑚している薬剤師として患者さんや医師から高い信頼を得ることができます。
 
 <小児薬物療法認定薬剤師>
 小児医療に専門的に関わる薬剤師の資格です。子供は大人と違って急にアレルギーを発症するなど予期できない症状が起きることも頻繁にあり、より専門性の高い知識が必要です。そんな小児医療に対応できる薬剤師を育てるために制定された新しい認定薬剤師制度です。
 
 <精神科薬物療法認定薬剤師>
 近年、社会情勢の変化によって精神病を患う人が増えています。薬物療法は重要な治療法で、それに従事する薬剤師の役割も非常に大きなものになっています。今後もますます精神科薬物の認定薬剤師は必要とされるでしょう。
 薬剤師の資格は非常に有用です。しかし、薬剤師になったからには常にワンランク上を目指して日々自己研鑚に励みたいですよね。薬剤師でなければとれない資格もあるので、取得すると誇りを持って仕事に向かうことができます。患者さんとのコミュニケーションもしっかり取り、日々自己研鑚に励む素敵なまちの薬剤師さんになりましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!