知っていますか日本薬剤師会 役割と成り立ちについて

日本薬剤師会の成り立ち

 日本薬剤師会は、1893年に設立された歴史のある組織です。時代と共にさまざまな変革を遂げてきました。
 
 戦時中は一時期、国の機関として定められたこともありました。現在のように加入が自由になったのは、戦後の1948年、社団法人へと移行してからです。
 
 日本薬剤師会では、薬剤師の地位向上のためさまざまな取り組みを行い、結果として1992年には医療の担い手として、医者や看護師などと並んで薬剤師が明記されました。また、2006年には薬局が医療提供施設として認められるなど、薬剤師関連の法の改正に向けての取り組みが行われています。

日本薬剤師会の役割とは

 日本薬剤師会の役割とは何なのでしょうか。日本薬剤師会に加入するメリットは何なのでしょう。
 
 1.薬剤師同士の交流の場がある
 日本薬剤師会ではさまざまなイベントが開催されています。さまざまな会員が加入しているので、薬剤師としての輪が広がります。
 
 2.広がる世界への輪
 日本薬剤師会は、国際組織である国際薬剤師連合などに加盟しています。希望すれば国際的な会議にも参加可能です。
 
 3.知識が増える
 研修会や日本薬剤師会などが発行する雑誌などで、知識を広めることができます。また、さまざまな医薬品情報が揃っているのが魅力です。
 
 4.万一のときの備え
 薬剤師賠償責任保険に加入できます。調剤ミスなど万一の事故に備えることができるので、何か起きてしまっても手厚いサポートが受けられます。
 
 5.生涯学習のすすめ
 医薬品はすぐに新薬が開発されるなど、薬剤師として新しい知識を取り入れることは大切なことです。日本薬剤師会では生涯学習をサポートしています。独学ではなかなか難しい専門知識も、学習のサポートをうまく利用して、スムーズに習得することができます。
 
 6.老後も安心
 独自で薬剤師年金保険に加入できるので、現在は公的年金の減額が行われたり、先の見えない状況でも安心した老後を送ることができます。

日本薬剤師会の社会への取り組み

 日本薬剤師会では、薬剤師向けだけはなく、社会的な取り組みも行っています。
 
 1.薬物乱用防止のための取り組み
 近年、違法ドラッグや危険ドラッグなどが社会問題にまで発展してきました。社会に違法ドラッグの危険性を周知させるために、パンフレットやポスターの配布などが行われています。
 
 2.禁煙への取り組み
 禁煙の推進に関して、日本薬剤師会や個々の薬剤師の在り方についてガイドラインなどを発表しています。
 
 3.災害支援への取り組み
 阪神淡路大震災や東北大震災で、薬剤師のボランティア活動があったのはご存知ですか。日本全国のネットワークを駆使して、薬剤師の人道支援が行われました。
 日本薬剤師会は、薬剤師の地位向上などのために設立された組織です。組織に加入することで、薬剤師としてさまざまなサポートを受けることができます。また、薬剤師向けの活動だけでなく社会的な活動も行っており、社会的にも存在意義のある組織だと言えるのではないでしょうか。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!