医師の人間関係。転職前に振り返りましょう<br />

上司である医師との人間関係

 医局の人事権を持っている上司や勤務先病院での上司医師との拗れがあると、高確率で転職を考えるという結果になります。
 
 医師が医局をでるということは、学会発表などで大幅なデメリットを受けることになります。それでもなお、転職でプライベートを含め、環境が良くなると考えられるのであれば転職も選択の一つです。
 
 医師同士の人間関係のこじれ、特に上司である医師との関係悪化は程度と理由に寄りますが、お互いの譲れない意見での対立ということが多いと考えられます。ですから、転職する事で大きな環境の改善を見ることができます。しかし、医局の意思に反して転職を決意するということは医局を出る結果になります。そうなると、これまでの研究のテーマ―がやり直しになるなどキャリアアップに対してもリスクを背負うことを覚悟しましょう。

看護師との人間関係

 医師が人間関係のこじれを起こすことが多いのは看護師との人間関係です。現実的に医療と看護と言うのは、医療は完治したと言う結果が全てあるのに対して、看護は治っていく過程そのものです。そこにはある程度の意見の対立があります。
 
 特にベテラン看護師になると医学の知識を相応に修得している場合があり、医師の指示に疑問をもつこともあります。その結果、医師に対して反抗的な態度を取る場合があります。その時に、あなたが間違っていたとしたら素直に看護師の話を聞けるのでしょうか。
 
 また、病院組織の中で一番人数がいるのは看護師です。特定の看護師との対立の話は院内に早く広がるものです。ここで、そのトラブルが何故起こったのかもう一度考えてみる事をおすすめします。案外、相手の立場になって考えてみるとお互いが言いすぎたということがあるかもしれません。転職した先にも看護師さんがおり、また、人数も多いのであなた自身も何かを変えなければ、同じトラブルが発生する可能性は少なくありません。
 
 人が人の話に対して怒りを感じるのは話している内容ではなく、話し方なのです。ですから、怒る時には「その言い方はないでしょう。」と言う様に怒るのです。 

患者との人間関係

 最近では、モンスターペイシェントと呼ばれる問題のある患者さんも増えてきました。医療に100%はありません。最悪な結果に対してあなたが誠実な対応をしたとしても、必ずしも患者さんが納得するとはかぎりません。モンスターペイシェントの問題では、あなたと患者さんと言うよりも、病院がその患者さんに対してどのような対応をするのかが問題となります。
 
 転職することで、該当するモンスターペイシェントから解放されますが、どの地域でもそのような問題が発生する可能性はゼロではないのです。
 
 ですから、今いる病院があなたを保護してくれているのであれば、もう一度その職場で働くということも一つの選択です。
 医師が人間関係を理由に転職を考える場合、その人間関係が悪化した相手が医療方針の問題で上司の医師だという場合は転職しか選択肢がないかもしれません。しかし、リスクが大きいということは理解しましょう。
 
 看護師などの他の職種と人間関係が悪化した場合は、転職をする前に、もう一度関係改善を測れないか考えてみることをおすすめします。
 
 モンスターペイシェントの問題であるならば、今の勤め先の対応によって転職するべきかどうかを判断するべきです。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!