後期研修施設での医師の業務とやりがいとは

後期研修施設とは

 日本では、医師免許を取得しない限り、医療行為をすることができないように法律で定められています。そのため、学生の期間中は実践的経験を積むことができません。この状況を踏まえ、2004年から医師の臨床研修の実施が義務化されました。
 
 通常、臨床研修は2年ですが、2年以降も研修を続けたいと本人が希望した場合、後期研究施設でさらに3年から5年ほどの研修を続けることができます。後期研修施設では、臨床研修よりもさらなる専門的な勉強が可能です。

後期研修施設での業務とは

 医師として専門的な経験を積むには、人にもよりますが、10年ほどかかると言われています。後期研修施設は医師としてのスキルアップを図るための施設です。
 
 後期研修では、決められた研修を行う臨床研修とは少し違い、将来の医師としての目標を目指しながら行われ、主に3つの研修プログラムに分けられます。地域医療型の後期研修プログラムでは、地域の診療所などを含んだプログラムです。後期高齢者社会が進んでいく中で重要になってくる、地域医療について専門的に学べます。将来的に、地域に根ざした医療に関わりたい方におすすめのプログラムです。
 
 専門診療科プログラムでは、より実践的な医療が学べ、専門的な知識や経験を積むことができます。専門医としての腕を磨くことができ、将来のビジョンを想像することにも繋がります。JADECOM-NKPプログラムは、日本とアメリカの医療プログラムを融合させたものです。実践に、よりグローバルな知識を活かすことができます。
 
 このほか、後期研修施設では留学プログラムなどが設置されている施設もあります。より自分の目標にあった学習ができ、研修というひとつの業務の中で、自分のスキルを磨けると言うやりがいがあります。

後期研修施設で働くには

 後期研修施設は、国公立病院をはじめとした全国にあるいくつかの病院に設置されています。プロフェッショナルな医師になるための礎を築ける場所として、やりがいのあるものです。
 
 病院によってプログラムもさまざまなので、自分の将来や目標にあったものを見つけることが大切です。採用や募集については、インターネットなどで確認することができます。
 
 また研修医という位置づけですが、しっかりと給与も発生します。研修する病院などにもよりますが、後期研修医の平均収入は500万円程度になります。研修でスキルを磨きながら働くことができるのが後期研修施設で働く魅力ですね。
 後期研修施設は、2年間の研修を終えた医師が、さらなるスキルアップを磨くためのものです。臨床研修医時代と比べ、さらなる専門的な実践を積むことができます。海外留学などのプログラムもあるので、外国の医療に触れることも可能です。働きながらスキルアップが望めるので、目標のためにやりがいを持って仕事をすることができます。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!