30代医師の平均年収とボーナス

勤務形態によってこんなにも違う年収

 医師の年収の全国平均は1,071万円と言われています。これは医師の専門、年齢、研修医、勤務医、開業医などで分けずに平均化した額です。こう聞くと高収入のように思われますが、都心部の大学病院に勤務している医師の年収は、この平均と比べても低いものになっています。研修医では300〜400万円、勤務医が20代後半から30代前半で500万円程度となっています。この実態を考えると大学の勤務医はかなり年収が低くなっていることが分かります。ただ大学の勤務医は、アルバイトをする人も多くいます。アルバイトも時給が一万円程度とかなり高額になっているので、月数十万円単位で稼ぐ医師も少なくありません。
 
 一般的な医師のキャリアパスとしては、 大学を卒業した後、研修医として働き、その後は大学病院に残るか市中病院に勤務をするか、開業するかを選択します。
 
 大学病院の場合は、講師で700万円、准教授で800万円、教授で1,000万円程度の年収と言われています。対して市中病院であれば5〜10年の勤務で1,000万円、部科長で1,500万円、院長になれば2,000万円と言われています。
 
 また開業した場合は、科によっても異なりますが、かなりの高年収になります。例えば、平均年収が高いとされる眼科では3,500万円程度、小児科では3,300万円程度、産婦人科や皮膚科、精神科は2,500万円程度、内科、耳鼻科が2,000万円程度となっています。全体としては、2,000万を超える高収入になり、勤務医と比べるとその額も2倍以上になります。もちろん開業する際には初期投資も必要ですし、リスクも高くなります。

意外と低いボーナスの実態

 医師の年収は高いというイメージがあり、実際にも平均すると会社員と比べ高収入だと言うことが分かります。しかしボーナスという点で見ると、そこまで高くなく、おおよそ1ヶ月分が相場となっています。もともと年収が高く月収も高いので、額だけを見るとかなりもらっているようにも見えますが、70万円から150万円程度で、月収と同じくらいか場合によっては月収を下回ることもあります。全国平均でも、年収が1,071万円、ボーナスが72万円で月収が83万円となっています。一般的には、ボーナスは月給の数ヶ月分が年に2回支給されるイメージがありますが、医師業界ではそのようなことはなく、月収は高いのですがボーナスはあまり支給されないのです。
 医師とひとくくりにしても、その勤務形態や科によっても大きく年収が異なってきています。30代となると、医師の世界では自分の専門や進路を見極めていく分岐点にもなります。将来的に年収も含めたどのようなキャリアパスを描きたいかを慎重に考える必要がありそうですね。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!