30代の医師のスキルを活かしたキャリアパスのすすめ

医局を辞めて市中病院へ転職する

 大学病院の医局は、医師として様々な知識・経験・事例を学ぶことができます。しかし医局に残って働く医師の数は患者さんの診療をカバーできるものではありません。一人の医師が早朝から診療を行って夜の当直まで勤めるなどというハードな毎日を送っているうちに、「もう少し待遇の良い環境へ行きたい」と思うのは自然なことではないでしょうか。医局で身に着けたスキルを武器に、新しい環境へと旅立ちましょう。市中病院へ転職することで、年収にも大きな変化が出てきます。大学病院では平均年収が900万円ほどでも、市中病院への転職で1300万円前後にまで年収が上がります。
 
 30代は自分のスキルと経験に合った年収を求めてキャリアパスを築いていきましょう。

製薬会社へ転職をして研究開発に力を入れる

 30代の半ばでは、医局を出て一般病院での経験もこなしそろそろもっと先の将来を考える時期に差し掛かります。医師としての診療を行いながら研究にも興味がある30代医師は、思い切って製薬会社への転職も可能です。
 
 製薬会社に入って研究開発に携わり医療の発展に貢献したいという夢は、30代というまだ若さもあり医師としてのキャリアもある絶妙な年代だからこそ思い切った選択ができるのです。
 
 年収は一般病院よりも下がってしまいますが、製薬会社で経験を積んでいけば40代では1000万円前後の年収を受け取ることが可能になります。海外への出張や学会などにも積極的に参加できるので、自分の可能性を世界単位で広げていくことができるのです。

家庭との両立のため環境と待遇を優先させる

 ハードに働ける30代医師ですが、この世代に一番多いのが結婚や家庭を持つという自分だけでは仕事スタイルを選べなくなることではないでしょうか。家庭との両立を図るためには、「医師として末永く働ける環境」と「家族を支えていける好待遇な職場」への転職が大切です。
 
 病院によっては働く量・時間帯を選べる勤務規則や、小さな子供を抱える病院職員のための託児室や育児休暇を設けています。家族が安心して暮らせる環境を提供してあげるためにも、家庭を持つ30代医師はこれらの条件が揃った病院へ転職して家庭と仕事の両立を目指しましょう。

生活改善のため訪問診療に転職する

 ただひたむきに医師の仕事を全うしてきた30代、気が付けば自分の時間すら無くなってしまっているなんて人が沢山います。「このままキャリアアップのためにがむしゃらに働き続けるの」、「それとも一旦ペースダウンさせるのか」、という選択肢を迫られるのも30代という年代なのです。
 
 自分の人生を一度立て直して時間に余裕を持って働きたいという答えを出すのであれば、訪問診療という働き方があります。訪問診療は在宅医療サービスと呼ばれ、主治医が看護師とともに患者さんの元へ月に1~2度通い診療するという方法です。
 
 自分の生活スタイルに合わせた条件がある診療所に登録して、希望通りの働き方を実現させることができます。忙しい病院勤務の時よりも時間をかけて一人一人の患者さんと向き合えるのも魅力です。
 30代は医師としても、一人の人間としても様々な選択肢に迫られる年代です。医師としてのキャリアパスも30代で大きく方向性が定まってきます。「医師としての目標」や「自分の求める生き方」に会った転職をして、次の年代へと一歩足を進めましょう。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!