【外科医になりたい人へ】 外科医への道とは

【外科医へのステップ】大学進学

 外科医になるには、まず医学部を卒業する必要があります。日本の医学部は6年制なので、6年間の勉強がまずは必要です。
 
 国公立を選ぶか、私立を選ぶかの選択肢もあります。国立大学の場合は、医学部に付属病院がついています。選ぶ大学によって、カリキュラムなども違ってきますので、自分の目的や目標にあった大学選びをしましょう。
 
 大学を卒業した後は、医師になるための医師国家試験に合格して、2年の義務付けられた研修を通過することで、はじめて一人前の医師として認められます。
 

【外科医へのステップ】社会人の場合

 医者ではない形で一度社会に出たが、改めて医者を目指したい方もいるかと思います。社会人になってから、再び受験し医学部で6年間勉強をするのは、経済的や時間的な理由で難しいところもありますよね。必ず一から受験し、6年間通わなければならないのでしょうか。
 
 一度大学などを卒業していれば、社会人入学制度や社会人編入制度などを利用することができます。
 
 社会人入学制度は、6年間学習することが必要ですが、入学試験が通常より軽めであると言うメリットがあります。医学部への入学は、偏差値が高く狭き門です。入学試験がより軽くなると、受験するまでの勉強量もセーブできますね。
 
 社会人編入制度は大学の途中から編入する制度です。編入の場合は、条件などが多く決められていますので、一度受験する大学の詳細を確認する必要があります。
 
 また、必ずしも全ての大学で社会人入学制度や社会人編入制度を行っているわけではないので、確認が必要です。
 

医師免許取得から外科医になるまで

 さて、大学を卒業して医師免許を取得してもすぐに外科医になれるわけではありません。外科医になるまで、どのような手順を踏まなければならないのでしょうか。
 
 まずは、医師免許を取得後2年間の研修期間が定められています。指定の医療機関で、地域医療などの必須項目に加えて、いくつかの診療科の研修を行わなくてはなりません。
 
 さらに、外科医になるには研修の後、専門の診療科で2年から4年ほど研修を行う必要があります。研修期間は診療科により異なります。例えば、脳神経外科の専門医になるには4年間の研修が必要です。さらに研修プログラム修了後に受ける認定試験に合格することで、ようやく脳神経外科の専門医として認められます。
 
 外科医は、手術によって人の命を預かる診療科ですので、専門医になるまでのプロセスが長いのですね。
 
 外科医として働くには、それなりの知識と経験が必要です。専門的な研修を経て、認定を受けることで、はじめて専門の外科医として認められます。専門的な外科医になるまでのプロセスは長いですが、手術の腕で認められる世界でもあるのでやりがいをもって仕事をすることができますね。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!