常勤(夜勤あり)の場合の医師の働き方と年収とは

【夜勤と当直の違い】夜勤とは

 医師の仕事の中で、夜勤や当直と言った言葉を聞いたことがあるかと思いますが、夜勤と当直は厳密には異なります。夜勤とはどういったものなのか見てみましょう。
 
 夜勤の場合は、もともと組まれたシフトと言う意味合いが強く、通常の労働時間として扱われます。また通常夜勤は、お昼の業務の代わりに夜に働くというものです。
 
 労働基準法により、22時から5時の間に勤務した場合は夜間手当てをつけるように定められています。基準は、月収を自給に換算した場合の2割5分増しの金額です。例えば自給に換算した金額が2000円であれば、夜勤分のみ2500円になると言うことです。

【夜勤と当直の違い】当直とは

 当直と夜勤では賃金形態が少し変わってきます。
 
 当直はもともと決められている夜勤とは異なり、夜勤する医師のサポートや緊急時などに業務を行うことです。そのため、夜勤のように割増賃金が発生するわけではありません。割増賃金の換わりに当直手当というものが、労働基準法により定められています。
 
 当直手当は、勤務する病院によって変わってきますが、常勤の場合相場は1回につき15000円から20000円程度です。
 また、当直の場合は法定労働時間外とみなされるため、その後日勤の仕事が入るなど長時間の連続勤務も珍しくありません。

夜勤ありの常勤医師の働き方

 夜勤や当直が発生する常勤医師の場合、夜勤後の翌日も朝から働くということは珍しくありません。また、当直とは緊急時などのときの呼び出しなどになるので、もしもの時のことを考えて日々行動する必要もあります。日勤以外に夜も働くため、日勤だけの医師と比べて年収は日勤のみの常勤医師よりも高い傾向にあります。
 
 夜勤ありの常勤で働く医師は勤務時間が長い傾向にありますが、その分非常勤などと比べて福利厚生がしっかりしているなどのメリットもあります。また常勤の場合、厚生年金などの加入になるので、病院側が半分負担してくれるため、非常勤で働く場合と比べて手取りが多くなるのもメリットのひとつです。

夜勤ありの常勤医師の年収は

 医師免許を取得してもすぐに医師として働けるわけではありません。2年間の研修医時代を経てようやく医師として働くことができます。研修医期間は研修としての意味合いが強いため、年収は300万円から500万円くらいです。
 
 研修後常勤として働く場合、診療科によって若干の開きはありますが、医師5年目の平均年収は約1000万円から1200万、医師10年目になると1300万円から2000万円くらいが相場になります。国公立や私立病院など、働く場所によっても年収は変わってきます。
 夜勤ありの常勤医師として転職を考えているのであれば、夜勤や当直があるということをまずは知っておく必要があります。一面だけ見れば、連続勤務になったりなど大変な部分もありますが、患者に寄り添う医師としての心構えや責任感を持てるやりがいのある仕事です。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!