日勤のみの常勤医師の働き方や年収

日勤のみの常勤医師とは

 転職サイトなどで、医師の求人を探していくと非常勤だけでなく、常勤でも日勤のみの医師を募集している求人を探すことができます。
 
 平日の限られた週や午前中や午後のみという勤務形態である非常勤に比べて、常勤の場合は、基本的には平日の午前から午後にかけての限られた時間勤務することを指します。病院によっては、土曜日診療しているところもあるので、平日と土曜日の午前中勤務の職場も珍しくありません。
 
 また、常勤勤務の場合でも週4日であったり週6日であったりと勤務日数が異なることもあるので、求人を確認する際はしっかり確認することをおすすめします。

【転職の狙い目】地方の医療機関

 日勤のみの常勤の医師を転職に考えているのであれば、地方の医療機関がひとつの狙い目です。
 
 現在、地方では医師不足が深刻化しています。無医地区と言って医師が存在しない地区も多く存在し、地方では医師の確保が優先されているのです。そのため、できるだけ医師が働きやすい環境を整えるために、総合病院で日勤のみの常勤医師の求人は都市部より地方のほうが多い傾向にあります。
 
 また、常勤医師が対応できない深夜の時間帯は、当直医として非常勤医師を雇うなどの対策がとられています。

【転職の狙い目】クリニックなどの小規模医療機関

 日勤のみの常勤の狙い目は、なにも地方医療機関だけではありません。クリニックなどの小さな医療機関でも募集を多く見つけることができます。
 
 例えば町の歯医者さんなどを思い浮かべると想像がしやすいのではないでしょうか。歯科医などクリニックなどの場合は、勤務時間が定められていることが多く、夜勤や当直などで夜に働くことはほとんどありません。最近、クリニックでも夜間診療を行っているところもありますので一概には言えませんが、規模の大きい病院などと比べるとクリニックなどのほうが日勤のみの常勤医師の求人を見つけやすいです。

日勤のみの常勤医師の働き方や年収とは

 日勤のみの場合、夜勤や当直がない分しっかりと自分の時間を持つことができます。また、勤務時間が定められているため、生活のリズムも整い、これまで無理な勤務で体調を崩した経験がある方でも、無理なく勤務できるのがメリットです。
 
 日勤のみの常勤医師の求人は経験者を求める傾向が高いです。気になる年収はというと、5年以上の経験を経た医師であれば年収1000万円を超える求人もあります。勤務地や病院の規模によっても年収は変わってきますので、求人を選ぶ際はどこに焦点を当てるか考えてから探すと良いでしょう。
 日勤のみの常勤医師の場合、夜勤手当や当直手当などはありませんが、その分夜勤がある医師と比べて自分の時間を確保しやすい点がメリットです。夜勤が多いため違う働き方を模索している方や、家庭の時間を大切にしたい方は転職先の候補のひとつにできるのではないでしょうか。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!