派遣医師の給与や働き方について

医師の派遣は禁止されているのか

 派遣という働き方は、さまざまな業種で増えてきていますが、実は労働者派遣をできない業種が存在します。医師も労働者派遣ができない業種のひとつです。しかし、場合によっては派遣が許可されることもあります。
 
 1.派遣期間終了後、派遣先で直接雇用することが前提の紹介予定派遣の場合
 2.医療機関以外で行われる社会福祉施設などの業務の場合
 3.産休や育児休暇などで、代わりの人員が必要な場合
 4.僻地や離島など都道府県が地域医療確保のために必要だと認めた場合
 
 4つのうちどれかに当てはまる場合は、医師の派遣が認められます。転職会社で医師の派遣先の紹介をするという時は、派遣というよりは職業紹介になるため、厳密には派遣とは雇用形態が異なります。
 
 なぜ医師の場合基本的に派遣が認められないのでしょうか。医療行為は、直接人の生命にも関わることです。チーム医療としての形が損なわれないようにという意味で派遣が禁止されています。
 

「出向」と「派遣」の違いとは

 例えば大学病院などで、「他の病院に派遣する」ということを聞くこともあるかと思います。この場合、現在の医局から他の病院への派遣は「出向」を意味するものです。
 
 「出向」と「派遣」では、出向先や派遣先との雇用関係が異なります。「出向」の場合は出向元と出向先が契約を結び、医師は出向元に雇用関係を残しつつ、出向先でも雇用される形となります。「派遣」の場合は、医師は派遣元の法人とだけ雇用関係があり、派遣先の医療機関とは雇用関係になりません。
 
 出向は、ほとんどの場合、人手の足りない病院に回されることをさします。一般企業での転勤のようなものです。この医局からの派遣は、一般的には定期的に行われます。雇用形態が派遣になるわけではありませんので、「派遣する」というのは表現上でのこととなります。
 

派遣医師の働き方と給与

 派遣医師は大きく分けて、医局からの指示による出向と、職業紹介の企業によるものの2つに分けることができます。法律には派遣医師が認められているケースもありますので、社会福祉施設などでは実際に派遣医師として働くことも可能です。
 
 給与については、就業場所によって異なってきます。就業前に確認しておくことが大切です。病院の規模や地域によっても変動がありますが、研修を終えた医師の年収の相場は1200万円くらいなので、目安にするとよいでしょう。
 
 派遣医師という働き方は、出向による働き方を言う場合と、いわゆる派遣会社を通した職業紹介での働き方があります。職業紹介というのは、派遣後の雇用を目的としたものなので、なかなか自分にあった職場が見つからない場合など、お試しで働けると言うメリットがあります。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!