短期や単発アルバイトでの医師の働き方と給与

スポットアルバイトの働き方と給与

 短期的なアルバイトは一日だけの単発だけでなく、一週間や一ヶ月など幅広い範囲で探すことができます。次の転職が決まるまでの繋ぎにすることも可能です。
 
 スポットアルバイトの場合、手術などより責任の重い業務がないのが特徴です。スポットアルバイトでは、病院での日勤や当直の他、学校などでの健康診断や講師などがあります。また、場合によってはコンタクトの処方やテレビ番組での立ち会いといった業務を募集していることもあります。
 
 スポットアルバイトの給与は、業務によってさまざまです。病院での勤務の場合、半日であれば3万円から5万円くらい、1日は8万円から10万円程、当直の場合は15万円くらいが相場になっています。

スポットアルバイトと副業

 国公立病院などの医師は公務員になるため、副業は認められていませんが、私立病院などの医師はその限りはありません。本業を持ちながら、副業としてスポットアルバイトを選択する医師も少なくないのが現状です。
 
 ある調査によると、年代に関わらず半数以上の医師が副業としてスポットアルバイトをしているということが分かりました。
 
 副業する理由は人それぞれですが、収入アップのためや開業するための開業資金に当てる方もいます。

スポットアルバイトとスキルアップ

 スポットアルバイトをスキルアップのために選択する医師も少なくありません。スポットアルバイトは業種もさまざまです。さらに病院でのスポットアルバイトの場合、さまざまな患者さんに臨機応変に対応することが求められます。そのため適応力もつけることができます。
 
 さらに、さまざまな職場で働くことができるという点で、幅広い人脈を築くことができます。さまざまな業種に携わることができるため、たくさんの専門医との人脈を持つことができるのがスポットアルバイトの魅力です。

スポットアルバイトとブランクのある医師

 結婚や育児などを理由に、一時期医療現場を離れる医師も少なくありません。一度、医療現場を離れることによって、ブランクができてしまいます。ブランクがあるために、自分のスキルなどに不安を持つ方も少なくない現状です。
 
 ブランクがあり、すぐに常勤や非常勤などの職場復帰が難しい場合でも、スポットアルバイトという形で医者としての腕をならすことができます。また、育児をしながら仕事を行う場合は単発アルバイトで自分の都合に合わせて仕事を選べるのもスポットアルバイトの魅力です。
 スポットアルバイトの場合、1回で10万円稼ぐことも可能です。フリーランスという形態だけでなく、副業という形でスポットアルバイトを選ぶ医師も少なくありません。さまざまな種類の募集があるため、勤務形態や業務範囲などを確認して働くことが大切です。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!