医師が年収アップを目指す方法とは

開業して年収アップを目指す

 開業医の年収の相場は、1,200万円から2,000万円くらいで、さまざまな医師の勤務形態の中でも年収が高い方です。さらに開業医の中でも、美容整形やレーシックなどの保険の適用されない分野での年収が高い傾向にあります。保険がきかないため、金額は病院ごとに設定ができるためです。
 
 しかし、自分で一から開業する場合は、病院の建設費や資材など多額の経費が発生します。開業前にある程度資金を確保しておくことが必要です。
 
 リスクのある働き方なだけに、病院の評判が広がればさらなる年収アップを見込めると言うメリットがあります。経営に興味のある人にもおすすめの年収アップ方法です。
 

大学の教授になって年収アップを目指す

 大学病院で上の地位を目指して年収アップを図る方法もあります。大学病院で働く医師の年収相場は、助教で約700万円、准教授が約900万円、教授になると1,000万円から1,300万円が相場です。特に国公立になると、ボーナスなどの手厚い待遇が期待できます。
 
 さらに、教授という立場として認められているため、社会的な地位も確保できるのが大学教授になるメリットです。社会的な地位はもちろん、研究に身を注ぎたい方などに向いている年収アップ方法です。
 

医療法人で院長になって年収アップを目指す

 医療法人では、部科長レベルで約1,500万円、院長では2,000万円クラスが年収の相場です。院長になるのももちろんですが、民間の病院は、若い医師でも大学病院などと比べて給与が高い傾向にあります。相場は、研修医を終えた時点で500万円から600万円ほどの年収です。
 
 また、数は少ないですが、求人の中には院長そのものを募集しているものもあります。ある程度経験を積んだ医師であれば、応募してみるのもひとつの手です。組織の中でリーダーシップを持って行動できる人は、院長になり年収アップを目指すという道も考えてみましょう。
 

フリーランスで年収アップを目指す

 他にも、ひとつの組織で働くのではなくフリーランスと言う働き方で年収アップを目指す方法があります。フリーランスの魅力は、決まった時間に働くのではなく、自分の都合で働く時間を決められる点です。日勤や夜勤、半日出勤や単発での勤務などさまざまな求人があるため、日に合わせて出勤形態を変化させることができます。
 
 さらに、月給で働くよりも高い日給で募集しているところや、勤務医などが少なくニーズの高い診療科を狙うことで、さらなる年収アップが期待できます。
 
 医師の年収アップと言ってもさまざまです。このほかにも、転職などで業務形態自体を変えて年収アップを目指す方法や海外で働く方法もあります。単に年収だけをみるのではなくて、向き不向きもありますので、自分の性格や目標にあった年収アップ方法を実践することが大切です。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!