医師・家事・育児を両立させるために必要な働き方とは

医師の勤務形態とは

 医師の勤務形態には様々なものがあります。まず、クリニックと病院の2つに分けて、それぞれの勤務形態をご紹介しましょう。
 
 クリニックとは、病床が19床以下の医療施設のことを指します。このクリニックに勤務する医師は、基本的に診療時間内での勤務となります。入院設備のあるクリニックでは夜勤が発生するところもあるようですが、入院設備を備えたクリニックは病院ほど多くはないため、クリニックでの勤務形態は病院に比べて、比較的安定しているといえるでしょう。
 
 対して病院ですが、病床が20床以上の医療施設のことを指し、入院設備を備えているところが多くなっています。そのため日勤と夜勤があり、ほとんどが2交代制となっていますが3交代制をとっている病院もあります。また、24時間態勢の病院ですと、オンコールがあれば時間や休みに関係なくすぐに病院へ駆けつけなければなりません。そのため、勤務する病院や所属する科目にもよりますが、勤務時間が長くなる場合が多いことが特徴です。
 
 その他にも医師の働き方としては、常勤か非常勤といった分け方があります。非常勤の医師は常勤医師の補助を主な業務としており、限られた曜日や時間での勤務を行います。その勤務形態から、一つの医療施設だけではなく様々な医療施設で勤務し、自身のスキルアップのために非常勤を選ぶ方も多いようです。

医師・家事・育児を両立させるための働き方とは

 このように様々な勤務形態がある中で、どのような働き方であれば仕事・家事・育児を両立させることができるでしょうか。両立しやすい働き方としては、以下のものが挙げられます。
 
 ・日勤のみの勤務
 ・非常勤での勤務
 
 一つ目の日勤のみの勤務ですが、ここ数年、日本全体で女性の働き方が見直されてきたこともあり、医療施設によっては女性医師に対して夜勤の免除をするところも増えてきています。そのため、これまで勤務してきた施設でそのまま勤務したい方は、夜勤の免除が可能か確認する必要があります。
 
 もし、日勤のみの勤務が不可能の場合、転職エージェントを利用して日勤のみの勤務が可能な医療施設へ転職するといったケースも多く見受けられます。
 
 二つ目の非常勤での勤務ですが、このような働き方も最近は増えてきています。というのも先ほどお話した通り、非常勤という形で様々な医療施設で働くことにより多くのことを学ぶことができ、場合によっては未経験の科目を学習することもできるためです。
 
 また、非常勤のメリットはこのようなスキルアップの面だけではなく、勤務時間が常勤に比べて短いということにあります。このように非常勤は希望する曜日や時間での勤務が可能な場合が多いため、家事や育児をこなしたい方に適している働き方でもあります。

勤務先で夜勤がある場合

 育児や家事と両立させるために、夜勤がないことに越したことはありません。しかしそれでも勤務先に夜勤がある場合、どのようにしたら両立することができるでしょうか?
 
 まず挙げられるのは、家族や保育園、ベビーシッターに協力してもらうということです。このときに注意していただきたいのが、ベビーシッターを利用する場合。
 
 ベビーシッターの仕事内容は保育のため、多くのベビーシッターは家事を行わないとしています。そのため、不在時に必要な食事をあらかじめ用意しておくことが必要になってきます。
 
 そして次に大事なのが、家事は効率よく行うということ。時間のあるときに料理をまとめて作っておいたり、入浴しながら洗濯機を回したりと、できるときに行っておかなければ家事は溜まる一方です。そのため、家事だけを外注する人も中にはいます。ただしこの場合はかなりコストがかかるため、あまりコストをかけたくない方は効率よい家事を常に心がけましょう。
 医師・家事・育児の両立は、簡単にできるものではなく、両立させるためには努力が不可欠だといえます。しかし、両立は不可能ではないことも事実です。両立に大切なのは、自分がどんな医師になりたいのか、どのように家庭と向き合っていきたいのかをしっかりと考え、働き方を見直すこと。ぜひこの記事を参考にし、今後のキャリアプランを考えてみてはいかがでしょうか。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!